宮崎太陽銀行カードローン カードローンWITH

宮崎太陽銀行は、宮崎県宮崎市を拠点とする第二地方銀行です。さまざまなカードローン商品をラインナップしており、今回ご紹介する「カードローン『WITH』」もその一つ。

ここでは、そんな宮崎太陽銀行のカードローンWITHの特徴や魅力から、注意しておくべき点まで、契約前におさえておきたいことがらについて詳しくご紹介します。

地域密着型金融!宮崎太陽銀行の特徴とは

宮崎太陽銀行は、宮崎市に本店を構える第二地方銀行で、宮崎県内に拠点を置く銀行としては取引額・店舗数ともに2番目。

県内外で地域密着型金融としての存在感を発しています。この項では、そんな宮崎太陽銀行の特徴・歴史、そして、代表的な取り組みについて取り上げてご紹介します。

宮崎太陽銀行の歴史と概要について

宮崎太陽銀行が発足したのは1941年のこと。日向・高鍋・日州・昭明の、無尽(特定の相互扶助的な金融方式のこと)を営業目的とする4つの企業が合併して、「宮崎無尽株式会社」が設立されたのが始まりです。

1951年には、相互銀行法(昭和26年法律第199号)が制定され、金銭無尽が禁止されるのにともなって、称号が「株式会社宮崎相互銀行」へと変更されました。

1989年には、普通銀行へと転換し、現在のように「株式会社宮崎太陽銀行」となります。翌1990年には福岡証券取引所への上場、1993年には「日向市信用組合」との合併も果たし、着実に発展を続けています。

支店も多数展開

支店数は、宮崎市だけで22ヶ所、市外を含めると圏内には合計45ヶ所に設置されています。また、鹿児島県に5店舗、福岡県・大分県にもそれぞれ1店舗ずつ展開しています(2017年5月13日時点)。

なお、宮崎太陽銀行のATMでは、西日本シティ・福岡中央・長崎・佐賀共栄・熊本・南日本・豊和・沖縄海邦の各銀行のキャッシュカードを使って出金した場合でも、自行カードと同じ扱いとなります(ただし、他行と共同で利用されるATMやコンビニATMを除きます)。

現在でも地域密着型の姿勢は貫いている

相互扶助型の仕組みである無尽会社をルーツとしているだけあって、現在でも地域密着型の姿勢は貫かれています。宮崎太陽銀行のモットーは、「地域の繁栄があってこそ銀行は発展するものであり、銀行が発展してこそ地域への奉仕が可能となる」というもの。

そうした経営理念が示している通り、宮崎市を中心とするエリアにおいて盤石の営業基盤を形成し、地域に根ざした、きめ細やかな金融サービスを提供することで、地元の利用者からの厚い信頼を獲得していると言えるでしょう。

地域密着型の銀行ならではの取り組み

宮崎太陽銀行では、地域密着型金融ならではの、さまざまな取り組みに従事しています。とりわけ近年注力されているのが、取引先地元企業支援の強化です。大きく「事業再生」「創業・新事業支援」「経営相談」「事業継承」の四つに分けられます。

事業再生

取り組みの例としては、「みやざき企業再生ファンド」が挙げられます。これは地元企業の早期の事業再生を目的として、宮崎銀行・オリックスとともに宮崎太陽銀行が出資者となって組成されたものです。

過剰債務に陥った地元企業が負う債権を時価で買い取った上で、独自に培った企業再生のためのノウハウをもって、事業の再構築や財務リストラを行うことを目的としています。

対象とするエリアを絞ることで、よりその地域にふさわしい在り方での企業再生の在り方を模索・志向しています。

創業・新事業支援

取り組み例として「みやざき未来応援ファンド」が挙げられます。これは、宮崎太陽銀行と宮崎太陽キャピタルとが出資するもので、地域の成長戦略と呼応する地元の中小企業の創業支援や成長支援投資を行うことを主な目的として、2014年に設立されました。

ファンド総額は6億円。10年にわたり、それぞれの企業の成長の度合いに応じた投資を行うことで、地域の活性化に貢献するという意図があります。農業やエネルギーをはじめとする、地域の今後の成長に関わる幅広い業種の企業が対象となっています。

経営相談・事業継承

また、個人の顧客を対象として、投資信託や個人向け国債などの金融商品について説明する「資産運用相談会」や外部の専門機関からスピーカーを招聘しての「資産づくりセミナー」も適宜開催されています。

さらに、中小企業を対象に、専門家講師による経営セミナーや経営スクールなどの「経営相談」も宮崎市の内外で積極的に実施しています。

用途やライフスタイルによって選べるカードローン

宮崎太陽銀行では、後に詳しくご紹介するカードローンWITHをはじめ、さまざまなカードローンを用意しています。

その豊富なラインナップのうちから一部を取り上げて、特徴について簡単にご紹介します。

使い上手
申込条件 お申込時の年齢が満20歳以上70歳以下の方
保証会社の保証が得られる方
用途 自由(ただし事業・投機資金は除く)
融資限度額 最高500万円
(パートや主婦の方は30万円まで)
金利 7.0、11.0、14.6%
返済方法 定額分割払方式
毎月13日に、返済用口座から自動引落
その他 来店や書類のやり取りが不要で、WEB上で申し込みが完結
キャッシュフル
申込条件 お申込時の年齢が満20歳以上70歳以下の方
宮崎太陽銀行の営業エリアに居住もしくは勤務
保証会社の保証が得られる方
用途 自由(ただし事業資金は除く)
融資限度額 最高500万円
(専業主婦の方は50万円まで)
金利 7.0、10.0、14.6%
返済方法 残高スライド方式
毎月13日に、返済用口座から自動引落
その他 専業主婦やアルバイトの方も申込可能。WEB上で仮審査申込ができる
太陽カードローン
申込条件 お申込時の年齢が満20歳以上、65歳以下の方
宮崎太陽銀行の営業エリアに居住もしくは勤務
保証会社の保証が得られる方
用途 (ただし事業・投機資金は除く)
融資限度額 最高500万円
(専業主婦の方は50万円まで)
金利 10.0%(10万円以上、100万円以下)
12.6%(110万円以上、200万円以下)
14.6%(210万円以上、300万円以下)
返済方法 残高スライド方式
その他 専業主婦やアルバイト、永住権のある外国人の方も申込可能。WEB上での契約は不可

宮崎太陽銀行のカードローンWITHの主な特徴

カードローンWITHは、宮崎太陽銀行が提供するカードローンの一つで、2015年7月7日から取扱が開始されました。この項では、当該商品の特徴について詳しくご紹介します。

カードローンWITHの概要について

カードローンWITHを利用するための条件は次の通りとなっています。

  • 申込時に満20歳以上、70歳以下である方
  • 安定した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

借入金の用途は原則自由です。ただし、事業性の資金に用いることはできません。借入期間は1年となっていますが、審査を経て自動更新されます。

なお、申し込みの際に必要となる資料は以下の通りです。

本人確認資料

運転免許証・顔写真の入った住基カード・健康保険証などがこれに該当します。

所得確認資料

申込金額が50万円を超える時、所得証明書・源泉徴収票など、所得額を確認できるものが必要となります。また、申込金額が50万円以下でも、同様の資料が必要となる場合があるので注意が必要です。

上でもご紹介した宮崎太陽銀行が提供している他のカーロドローン、使い上手・キャッシュフルなどでは、保証会社による審査によって金利が決められるのに対して、カードローンWITHでは、借入限度額に応じて金利が決められています(詳しくは後述)。

また、宮崎太陽銀行が提供している他のカードローンでは、「(株)オリエントコーポレーション」や「アイフル(株)」といった、全国的に有名な信販会社や消費者金融が保証会社として名を連ねているのに対して、カードローンWITHでは、地方「九州総合信用株式会社」が保証会社となっているのも特徴です。

ちなみに、九州総合信用株式会社は、九州・沖縄地区に拠点を置く13の銀行と主要な損保会社・生保会社が出資して設立されました。

WITHとWITH Premium、2つのWITHの違いについて

カードローンWITHとは別に、借入限度額が高く設定されている「WITH Premium」というワンランク上の商品もラインナップされています。

カードローンWITHでは、ピンクやブルーといった優しい印象のルックスのカードが発行されるのに対して、WITH Premiumは黒をベースにした高級感のある質感のカードが提供されます。

  • 借入限度額と金利が全く異なる
  • どちらのカードも、利用条件や用途・借入期間・手数料が不要であること、そして契約の際に必要な資料については全く同じです。

    ところが、借入限度額と金利が両者では全く異なっています。これについては後で詳しく説明しますが、いずれにおいてもWITH Premiumが有利に設定されています。

宮崎太陽銀行のカードローンWITHのメリットとは?

カードローンWITHの特徴についてご紹介してきましたが、ここからはさらにこの商品の魅力にフォーカスし、掘り下げていきます。

最大のポイントと言える、申込対象者の幅広さや借入可能金額の高さなど、カードローンWITHのメリットについてピックアップします。

主婦やアルバイト、年金受給者の方でも申し込むことができる!

カードローンWITHでは、「満20歳以上、70歳以下」と、幅広い年齢層の方が申し込むことができて、このことが大きなメリットの一つとなっています。

銀行系カードローンの多くは、申し込みの上限年齢を65歳と定めています。つまり、年金を受給されている方は事実上、申し込むことができません。

例えば、同じ宮崎太陽銀行によるカードローン、キャッシュフルなどのように、「年金収入のみの方はご利用できません」と申込条件に記されている商品も少なくありません。

もちろん安定・継続的な収入があることが条件

カードローンWITHでは、年金受給者も利用可と明記されているため、65歳を超え、なおかつ年金を受け取っている方でも安心して申し込むことが可能です。

もちろん、安定・継続的な収入があることが条件とされているものの、アルバイトやパート勤務の方でも申し込むことができます。

また、配偶者の方に収入があれば、お仕事に従事されていない、専業主婦の方であっても申し込めます。

幅広い年齢層やご職業の方にも目配せをしている点は、さすが地域密着型金融として存在感を発揮し続ける宮崎太陽銀行ならではのサービスと言えそうですね。

口座開設の必要も、居住・勤務エリアの制限もなし!

銀行系のカードローンの多くが当該銀行の口座を開設することを申込条件としていますが、カードローンWITHではその必要がありません。

パンフレットなどでは口座開設の必要性について触れずにおきながら、返済するためには口座を利用しなくてはならないというものもあるようです。新たに口座を開設するとなると、時間も手間もかかります。

その上、毎月の支払額が自動的に引き落とされるため、とくに当該口座が給与振込に使われている場合など、預金が予期せず返済に充当されてしまうということもあるでしょう。

カードローンWITHには居住・勤務エリア制限がない

口座開設と並んで銀行系カードローンの多くが利用条件としているのが、居住・勤務エリアを当該銀行のカバーエリアに限定するというもの。カードローンWITHには、そうした居住・勤務エリアの制限がありません。

近隣エリアに宮崎太陽銀行がない方が契約するのは現実的ではないかもしれませんが、それだけ申し込むためのハードルが低く、利用しやすい商品であることを示していると言えるでしょう。

借入可能金額は最大で500万円!

借入可能金額が最大500万円と高めの設定になっているのも、カードローンWITHの大きなメリットの一つです。

メガバンク系のカードローンの中には、1,200万円を上限額とするものもありますが、地方の銀行系カードローンではわりと高い水準と言えます。

銀行系カードローンには、消費者金融系のカードローンと比べて、低金利で利用できる、総量規制の適用対象外になるなどのメリットがあります。

借入可能金額が高いカードローンWITHは、そうした銀行系カードローンならではの利点を最大限に活かした商品ということができるでしょう。

もちろん、借入金の用途については問われませんから、高額の借り入れが可能な方なら、おまとめに利用されるのもよいでしょう。

金利は借入限度額に応じて以下の通り固定されています。

借入限度額 金利
10万~100万円以内 年14.5%
110万~200万円 年12.0%
210万~300万円 年10.0%
310万~500万円 年7.0%

宮崎太陽銀行のカードローンWITHを利用する際の注意点

カードローンWITHは、とても魅力的な商品と言えそうですが、注意すべき点があるのも事実です。

この項では、実際に契約手続きに入る前に、おさえておきたいポイントについてご紹介します。

申し込みは郵送か電話・FAXのみで、即日融資は不可

同じ宮崎太陽銀行が提供しているカードローン、使い上手・キャッシュフルではWEB上での仮審査申込ができますが、カードローンWITHの利用を申し込むには、郵送か電話ないしはFAXを利用しなくてはなりません。

最近は来店することはもちろん、WEB上の操作だけで申し込みが完結するカードローンが珍しくないことを考えると、これは大きなデメリットと言わざるを得ないでしょう。

即日融資が期待できないという点にも注意

WEB上での仮審査申込ができない上に、本人確認資料に加え、場合によっては所得確認資料の提出が必須となります。

メガバンクはもちろん、地方の銀行系カードローンの中には、銀行口座さえ開設してあれば、本人確認資料を提出しなくても即日で借り入れが可能なカードローンも少なくありません。

すぐに資金が必要という方にとって、ネックになるといえそうです。

なお、現状では、仮審査申込書をホームページからダウンロードすることもできません(2017年5月13日時点)。

そのため、申し込みたいと思い立った場合、電話での申し込みが最速となりますが、申し込みに関する電話相談窓口の営業時間は平日の9:00~17:00。

銀行系のカードローンでも、休日や夜遅くまで申し込みを受け付けている例もありますから、不便さは否めません。

最低でも7.0%と金利は標準ないしは高めの設定

WITH Premiumでは、金利が3.8%から最大でも6.0%とかなり低めの印象を受けます。

ところが、借入限度額が低いカードローンWITHでは、金利が7.0%から14.5%となっています。これは他の銀行系カードローンと比べると標準的ないしは高めの数字です。

このことは、他の銀行系カードローンと比べると明らかです。例えば、メガバンク系では以下のようにかなり低い金利が提供されています。

銀行カードローン 金利
みずほ銀行カードローン
「エグゼクティブプラン」
3.0~7.0%
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5~12.4750%
イオン銀行
「カードローンBIG」
3.8~13.8%

また、地方銀行でも、山陰合同銀行の「ごうぎんDuoカードローン」のように、最高金利が12.0%のものもあります。

カードローンWITHとWITH Premiumという具合にカードが分割されていることで、一見したところ、低い金利を実現しているようにも見えます。

ところが実際のところ、金利は決して決め手になるような水準とは言えないということを覚えておきましょう。

専業主婦の借入限度額は50万円!借入可能な年齢にも上限が!

幅広い職業や年齢の方にも広く門戸が開かれている点が、カードローンWITHの大きなメリットですが、別枠で借入限度額が設けられています。

  • 専業主婦の方だけは他社の分も含め、50万円まで
  • 専業主婦の方だけは、他社での借り入れを含め、50万円までしか利用することができません。

    専業主婦ご自身には収入がなくとも、配偶者に安定した収入があれば、とくに借入限度額を設けていない銀行系カードローンも少なくありません。

    これによって、専業主婦の方がカードローンWITHをチョイスする理由は減ってしまうことになると言わざるを得ません。

  • 高齢者の方も注意が必要
  • 契約時に満70歳であったとしても、そのまま無事に自動更新を経て、満72歳の誕生月の月末を迎えてしまうと、それ以降、新たな借り入れができなくなってしまうのです。

    高齢者、しかも年金受給者であっても申し込むことができるというのが、このカードローンの大きなメリットですが、利用可能年数には限りがあるということをしっかりと肝に命じておきたいものです。

    さもないと、当てにしていた借り入れができず、財政計画が崩れてしまう、ということにもなりかねません。

宮崎太陽銀行のカードローンWITHの利用方法

ここまでは、カードローンWITHのメリットや、あらかじめ注意しておきたい点について詳しくご説明してきました。カードローンWITHは、その使いやすさにも特徴があります。

この項では、申し込みから借り入れ、そして返済まで、その大まかな利用方法についてご紹介します。

申し込みから借り入れまでの大まかな流れ

カードローンWITHの申し込みをするには、必ず宮崎太陽銀行の店舗窓口を訪れる必要があります。融資を受けるまでの流れはおおよそ以下の通りです。

  • 宮崎太陽銀行の窓口やATMで「商品概要説明書」を入手する
  • 店頭、もしくは郵送か電話・FAXで申し込み
  • 審査開始
  • 審査の回答を得る
  • 必要書類(本人確認資料・所得確認資料など)を持参して、宮崎太陽銀行の窓口にて本契約手続
  • ローンカードの発行

ローンカードが到着するのは、本契約手続が済んでおよそ1週間程度です。フリーダイヤル(0120-608-140)にて、資料請求や問い合わせも可能です。申し込みから実際に融資を受けるまで、2週間程度見ておいた方が良さそうです。

カードローンWITHは、専業主婦やアルバイトの方だけでなく、満70歳までの年金受給者の方でも申し込むことができます。申込対象者をかなり広く設定していることから、借り入れ希望金額にもよりますが、審査のハードルはそれほど高くないと考えられます。

審査を通りやすくするポイント

審査を通りやすくするポイントですが、申込書には、正直に、また、ミスがないよう丁寧に記入し、提出書類に不備がないよう心がけましょう。

他社で借り入れがある場合は、返済残高を可能な限り減らしておくのも有効です。また、複数のカードローンを契約しているようなら、一つでも減らしてから申し込みをするとよいでしょう。

返済方法について

返済方法としては、残高スライド方式が採用されています。これは、前月約定日後の利用残高がどのくらいかによって、当月の返済額が決定されるという仕組みです。

利用残高に応じた月々の返済額は、次の通りです。

利用残高 月々の返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 5,000円
20万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円

なお、約定返済日というのは毎月13日で、休業日の場合は、翌営業日になります。また、毎月の約定日以外であっても、ATMや窓口でいつでも返済が可能です。

返済額は2,000円からと低めに設定されています。これは宮崎太陽銀行が提供しているすべてのカードローンの中で最も安い金額です。

自分のペースで無理なく返済したいと考えている方には、とても使いやすいカードローンだと言えそうです。

コンビニATMでも借り入れ・返済ができる

借り入れはもちろん返済の際にも、全国のコンビニエンスストアATMを利用することができます。借り入れのシーンとして、出張や旅先での利用を想定されているという方も多いのではないでしょうか。

コンビニATMが利用できるカードローンWITHなら、遠方の出先で思わず出費がかさんだ、また、約定返済日と出張・旅行が重なってしまったという時でも、スムーズに借り入れ・返済ができるのでとても安心です。

利用が可能なコンビニは?

利用が可能なのは、セブン銀行とE-netのATMです。いずれもコンビニだけでなく、駅構内やスーパーやショッピングセンター、各種レジャー施設内などにも設置されています。

全国どこにでもあるので便利です。借り入れに際して手数料は発生しませんが、ATMを利用する際の手数料や時間外手数料がかかることがありますので注意が必要です。

宮崎太陽銀行のカードローンWITHについてのまとめ

宮崎太陽銀行が提供している、カードローンWITHの特徴・メリットについてまとめると、以下のようになります。

  • 幅広い申込対象者を想定しており、主婦やフリーターはもちろん、満70歳までであれば、年金受給者であっても利用することができる
  • 借入限度額は最大で500万円と第二地方銀行系カードでは最高水準
  • 事業資金を除いて借入用途については不問。しかも、月々の返済額は2,000円からと最低水準
  • 銀行口座を開設する必要がなく、居住・勤務エリアの制限がない

カードローンWITHには、融資を受けるまでにかなりの日数を要したり、必ずしも金利は低くなかったりと、注意点があるのも事実ですが、借入限度額の高さは宮崎太陽銀行はもとより、宮崎県内に拠点をおく銀行が提供しているカードローンの中では群を抜いています。

申込対象者の幅広さについても、他の商品にはない魅力を感じる方も多いはずです。他のカードローンでは借入限度額が物足りない、年齢や職業の面でハードルが高く審査に通らなかったという方は、ぜひご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

口座開設の必要や居住・勤務エリアの制限がないとはいえ、申込の際や利用中でも気軽に窓口で相談できるので、やはり宮崎太陽銀行がお近くにある方におすすめと言えるでしょう。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.