金欠なのに結婚式の招待が!服装や髪型などの出席費用はいくら?

金欠なのに結婚式の招待が!服装や髪型などの出席費用はいくら?

結婚式の出席費用

結婚式の出席費用と適した服装は?

結婚式の招待状を受け取るとどんな気持ちになるでしょうか?相手との親密度合いによっての違いはあるものの、嬉しい反面、金銭面が気になるところです。

結婚式に参加するとなると、ご祝儀が3万円、2次会の費用や交通費で約1万円、その他衣装代やヘアセット・メイクなどの美容院代がかかります。遠方での結婚式に参加する場合は、新幹線や飛行機の利用も考えられるため、さらに交通費がかかります。宿泊のための費用もかかるでしょう。

20~30代ともなると結婚式に参加する機会が増えてくるので、同じ月に結婚式が重なることも珍しくありません。そんな冠婚葬祭ビンボーで大ピンチに陥った際には、「欠席しようかな」と考えてしまうかもしれません。

そこで今回は、結婚式に出席する場合にかかる費用や、コストカットできる部分などをご紹介します。

金欠でも結婚式に出席するべき?

金欠でも結婚式に出席するべき?

そもそも結婚式に出席したい場合でも、仕事や他のやむを得ない用事と重なってしまった場合には断るしかありません。また、そんなに親しくない人から招待された場合には、きっぱりと断っても差し支えないかと思います。

しかし、仲の良い友達や会社関係の方から招待された場合には、これからお付き合いをしていくことを考えると、金欠であっても何とか出席した方が良いのではないでしょうか。最終的にお金の問題ではなく、新郎新婦への気持ちが第一です。

もし断る場合には、早めに返事を出すのが大人としての礼儀です。また、どうしても欠席する場合はお祝いの品物を送ったり、当日式場に届くように祝電を贈ったりすると良いでしょう。このようにして、今後のお付き合いにも支障をきたさないようにしたいものです。

服装や髪型などの費用はいくらぐらい掛かる?

結婚式に出席する場合、どのような費用がかかるのでしょうか?ご祝儀やヘアセット代、衣装代、2次会参加費、交通費など細かく分類して記述していきます。

【1】ご祝儀

ご祝儀

結婚式に呼ばれた際にご祝儀をいくら包めば良いのか迷われる方もいるようです。

ご祝儀の相場としては、同僚や友人の場合には一般に3万円が多く、上司や恩師になると年齢も上がるので5万円、親族であれば5万円~10万円などと言われています。 実際には、新郎新婦との関係や列席される方の年齢などによっても違ってきますが、学生や社会人になって間もない方、どうしても金欠で困っている場合には2万円というケースもあるようです。

これらはあくまでも相場であって決められたものではありません。ただし、新郎新婦がもてなしてくれる料理の費用や引き出物代などにも当然お金がかかっています。そのため、最低でも2万円は入れておきましょう。

なお、3、5、7万円のように奇数の金額が使われるのは、「偶数は割り切れる=別れる」というイメージからくるものです。もし金欠で2万円のご祝儀とする場合には、1万円に5,000円札2枚とした方が良いでしょう。

【2】髪型やメイクにかけるヘアメイク代

髪型やメイクにかけるヘアメイク代

女性であれば、結婚式に出席する際にはドレスアップ・メイクアップしたいものです。そのようなときに便利なのが美容院。美容院を利用することで、自分では難しい髪型やメイクにチャレンジできますし、長時間崩れにくいヘアメイクをしてもらえます。しかしその反面、やはりお金がかかります。ヘアメイク代には8,000円~1万円前後かかるのが相場となっています。

【3】服装はどうする?ドレスやスーツの購入費用

ドレスやスーツの購入費用

結婚式に出席する際の服装は、男性の場合は黒のフォーマルスーツ(タキシードなど)が一般的です。フォーマルスーツは安いものなら2万円ほどで購入できます。靴は、フォーマルな印象のある紐付きのストレートチップやプレーントゥシューズが基本となりますが、こちらは7,000円~2万円ほどかかります。

また、女性であればドレスやワンピースなどが定番となりますが、こちらは約1万円からでも購入できます。ドレスやワンピースに合わせる羽織りものや靴は5,000円~1万円ほど。アウターにジャケットを合わせる場合は2万円ほどかかる場合もあります。

また、女性の場合はアクセサリーやバッグなども必要です。イヤリングやピアス、ネックレス、ブレスレットなどのアクセサリー類で2万円ほど、バッグに1万円ほどかかると考えた場合、すべて買いそろえると約7万円になる可能性もあります。

【4】2次会参加費

2次会参加費

2次会は、友人や知人たちが中心となって主に会費制で行われます。披露宴と2次会の両方参加した場合には、披露宴ではご祝儀を包み、2次会には現金を受付で渡す形となります。気になる2次会費用の相場は、男性が8,000円~9,000円、女性が7,000円~8,000円のようです。

披露宴でのご祝儀で3万円、さらに交通費と2次会費用を合わせると両方で4万円近くにはなりますので、両方参加するのは金銭的に厳しい方もいることでしょう。2次会参加費に関しては安くすることはできないので、参加するか欠席するかの選択となります。参加費が高い場合には欠席率も高くなるようですので、新郎新婦にとっても悩ましい部分です。

【5】交通費や宿泊費

交通費や宿泊費

式場までの交通費は、式場までの距離やアクセスのしやすさにもよるため一概にいくらとは言いづらい部分があります。近ければ電車で片道数百円で済むこともありますし、もし東京から大阪までのように距離がある場合、新幹線で片道1万4,000円前後、飛行機であれば片道1万円~1万5,000円前後かかります。

また、宿泊費がかかることもあるでしょう。宿泊費は宿泊施設や時期によってもかなり異なりますが、式は土日に行われることが多いため、一泊5,000円~1万円程度を見込んでおきましょう。

結婚式の出席費用を抑えるには?

出席費用を抑えるには?

結婚式に出席する上でかかる費用を見てきましたが、2次会まで含めると、1回あたりに最低でも4万円前後はかかることがわかります。そこに衣装代やヘアメイク代、交通費や宿泊費がかかる場合は、予算はさらに数万円アップします。

金欠で予算が厳しい場合はどうすれば良いのでしょうか?ここでは、結婚式の出席費用を抑える工夫を3つご紹介します。

着回しできる衣装選びでコストカット!

女性の場合、気合いを入れて衣装や靴、バッグなどを買いそろえることがあります。男性のスーツに比べて、女性の衣装は特徴のあるものほど一度着ると着回ししにくいようです。特に20~30代のうちは仲間内で結婚ラッシュとなるケースもあるので、一度来た服は余計に着にくくなるでしょう。もし購入するのであれば、今後の結婚式出席に備えてオーソドックスな衣装を選び、ワンポイントや羽織ものを少し変えることで着回しができるようにしてはいかがでしょうか。

衣装を借りる・格安で購入する

そもそも衣装を買うだけのお金も捻出できない!という方には、ただで借りるか、格安で購入する方法を検討してみましょう。

仲の良い友人がいれば借りるのも一案ですし、ドレスレンタルサイトでお手頃にレンタルする選択肢もあります。6泊7日で3,000円からドレスやバッグ、アクセサリーなどをレンタルできるサイトや、男性用のスーツをレンタルできるサイトなどがあります。送料やレンタル可能期間、汚してしまった場合に追加料金がかかるのか、などを確認して利用すると良いでしょう。結婚式が多い時期にはレンタルしたい衣装の予約が埋まっている場合があること、衣装が届くまでにある程度日数がかかることに注意してください。

また、もっと格安に済ませたいのであれば、フリマアプリなどで譲ってもらうという方法もあります。参加を決めた段階からリサーチしてみてください。

ヘアメイクはクーポン利用かセルフで!

結婚式に出席する上で、男女比で比較すると女性の方が衣装や美容院などでお金がかかるケースが多いようです。

美容院代を少しでも節約するなら、ビューティーサロン検索サイトやクーポンサイトなどで割引料金が適用できる美容院を選ぶことをオススメします。ただし、ヘアセットやメイクについてはクーポンやキャンペーンの対象外とされていることが多いため、注意しましょう。

また、ヘアゴムやヘアピンなどはヘアセット料金に含まれていることが一般的ですが、ヘアアクセサリーはサロンで買うこととなります。ヘアアクセサリーを持っているのであれば、持参して少しでも費用を浮かせましょう。

一番費用をかけなくて済むのは、ヘアセットもメイクも自分で、または友人同士で行うことです。パーティー用のヘアアレンジやメイクの本、動画共有サイトなどで紹介されているセルフセットアップなどの手順動画を上手に活用して、ヘアメイクの費用を節約しましょう。

交通費や宿泊費は安さを追求する

遠方から招待された場合には、新郎新婦から「お車代」として交通費や宿泊費を用意してもらえるケースもありますので、まずはその点を確認してみましょう。出席者の自己負担となる場合には、交通費や宿泊費を徹底的にリサーチし、安く済ませましょう。

例えば東京から大阪への移動の場合は、新幹線や飛行機ではなく高速バスを選び、さらに割引率の高い時期に予約をするなどの工夫を重ねれば、往復5,000円前後に抑えることも可能かもしれません。

宿泊についても、親戚や友人、知人の家に泊めてもらえばただで済みます。泊めてくれる方がいない場合でも、宿泊予約サイトなどを利用して安く宿泊できる宿泊施設を探す、カプセルホテルを利用する、個室タイプでシャワーなどが付いているネットカフェを利用する、といった工夫で安く済ませることができるでしょう。

結婚式の出席費用がどうしても足りない場合はどうすればいい?

結婚式の招待状をもらうタイミングはいつになるかわからないことも多いものです。そのため、突然まとまったお金が必要となることもあるでしょう。「日頃から、いざという時のために貯金をしておけば良かった……」と悔やまれるかもしれません。

前述した、結婚式の出席費用を抑える方法をトライしても費用が足りない場合には、次に挙げる金策にチャレンジしてみてください。

親や親族に借りる

まずは両親や親族などに事情を説明し、借りる手段をトライしてはいかがでしょうか。なお、貸してもらえる場合にはきちんと借用書を書き、いつ頃返済できるのかも伝えましょう。

披露宴は欠席して2次会から参加する

披露宴のご祝儀の3万円は金欠でとても払えないけれど、1万円なら何とか都合がつくという場合には、苦渋の選択ではありますが、披露宴は欠席して2次会から参加する選択肢もできます。2次会は一般に会費制で7,000~8,000円くらいですので、交通費を合わせても約1万円の出費で済みます。

ただし、大切な友達や会社仲間、せっかく招待してくれた新郎新婦の晴れ舞台を金欠で欠席するのは非常に残念だし気が引けることだと思います。そういった場合には、やはりお金を借りるという選択で解決することも検討してみてください。

カードローンで借り入れをする

新郎新婦ではないことからブライダルローンは使えないため、一般のカードローンを借りる形となります。

カードローンを活用するメリットを挙げると、用途を問わず借り入れができ、審査が早く、コンビニATM等でも利用できるため利便性が良いことです。また、毎月一定額を返済していくので、返済計画を立てやすいという点もメリットと言えるでしょう。365日24時間利用することができることで、ライフスタイルに合わせた使い方ができます。

カードローンには、大きく分けると「消費者金融カードローン」と「銀行カードローン」の2種類があります。金利が低く安心感があるのは銀行カードローンですが、審査に時間がかかります。

急いで借りたい場合には「消費者金融カードローン」を活用し、少しでも金利を低くするのであれば、前もって「銀行カードローン」に審査の依頼を出すようにしましょう。

ただし、カードローンは用途が自由な分金利が高めに設定されているため、利用する場合はできるだけ早く返済できるよう、返済計画をしっかりと立てた上で利用してください。また、日々の生活費も抑えるように工夫することをオススメします。

金欠なのに結婚式の招待が来たらまずは出席可否の判断を考えよう

今回は、金欠なのに結婚式の招待を受けた場合に、出席するにはご祝儀なども含めてどのくらいの費用がかかるのか、またその費用を抑えるにはどうすれば良いのかについてご紹介しました。

まずは新郎新婦との関係によって出席の可否を判断しましょう。親しい関係であれば今後の付き合いを考え、参加できるように策を講じることをおすすめします。

毎月赤字でローンに頼るのは本末転倒ですが、結婚式に出席するための一時的なお金を借りるのであれば、カードローンは非常に助かる存在です。ただし、利用する場合は返済計画をしっかり立てることを忘れないようにしましょう。

水野 圭子
水野 圭子

CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランナー技能士
株式会社K’sプランニング 代表取締役社長
一般社団法人あんしんLifeコミュニティ 代表理事

大手損害保険会社で事務企画や本店営業を経験後に2010年にFPとして独立。女性の視点も踏まえたお金のノウハウをセミナーや企業研修にて延べ3,000人以上の方々に伝授。家計相談を中心とした個別相談やマネー情報等の執筆でも活動中。
著書:「小学生にもわかるお金のそもそも事典」

© カードローンQ All Rights Reserved.