関西アーバン銀行カードローン アーバンカードローン

アーバンカードローンは、関西地方を中心に営業している「関西アーバン銀行」が展開するカードローンサービスです。

申込方法によっては24時間いつでも対応しており、契約に来店することなく借り入れがスタートできます。また、提携ATMが多いので全国各地でカードローンの利用が可能です。

関西地方で次々と事業を拡大し続ける第二地方銀行

関西アーバン銀行は1922年(大正11年)に前身の会社が京都府に設立されました。以来関西地方を中心に他銀行との合併や統合を繰り返し関西地方を中心に事業展開しています。

関西アーバン銀行のここがスゴイ!
  • 融資商品の種類が豊富で目的別で選びやすい
  • 東京都にある「銀行手続窓口」の提携銀行
  • 草津支店と八尾支店は土曜日も営業している
  • プレミアムな会員制の「アーバンプラチナクラブ」を設置

この項目では、関西アーバン銀行の特徴をもう少し詳しく解説していきます。

融資商品の種類が豊富で個人が目的別で選びやすい

関西アーバン銀行はカード、フリー、マイカー、目的、オーナー、住宅の6種類のローンを用意し、個人や不動産オーナーの生活スタイルに合わせて選択できるようにサービス展開しています。

  • カードローン
  • 関西アーバン銀行には資金の使い道が自由な「アーバンカードローン」、住宅ローン契約者専用の「住宅セットローンカード型」の2種類があります。利用限度額の幅や金利がそれぞれ異なります。

  • フリーローン
  • フリーローンの中でも、無担保型、不動産担保型、住宅ローン契約者専用「フリー型」の3種類が用意されています。無担保型は事業性資金を含め使い道は自由で、不動産や住宅ローン専用は低金利のお得な融資商品になっています。

  • マイカーローン
  • 新車・中古車・バイク・ボート購入、検定・車検・修理費用、他社自動車ローンの借り換えなど、自動車に関する費用の支払い時に助かるローンです。無担保で最高1,200万円まで借り入れできるので資金の使い道の幅が広がります。

    金利は変動で年2.70%~年3.80%ですが、期間によってはキャンペーンで金利引き下げを行っているので、自動車関連のローンを探している人はこまめに要チェックです。

  • 目的ローン
  • 教育、リフォーム、アパートリフォームなど個人から不動産オーナーまであらゆる層に対応している融資商品です。3種類ともに保証人や担保なしで借り入れできるのが特徴です。また、インターネットやFAXでの申し込みができます。

  • オーナーローン
  • オーナーローンには、賃貸用アパート・マンションの建築や、貸ビルの資産活用などに利用できる3種類の商品が用意されています。

  • 住宅ローン
  • 関西アーバン銀行の住宅ローンは、50年返済型、リフォーム付き、固定・変動金利ミックス型など利用者に合わせたさまざまなパターンの住宅ローンを15種類用意しています。自分の希望にあった住宅ローンが見つかりやすく、マイホームを希望に沿って手に入れたい人におすすめです。

東京都にある「銀行手続窓口」の提携銀行

「銀行手続の窓口」とは、東京都千代田区にある全国の提携銀行の業務を取り扱っているサービスです。関西アーバン銀行も加盟しているので、東京都で銀行内のさまざまな手続きを行うことが可能になります。

銀行内でしかできない手続きも可能

銀行手続の窓口でできるのは、氏名・住所・印鑑の変更、通帳やキャッシュカード等の再発行、通帳記帳や繰越手続き、公共料金の口座振替手続きなどです。これらの手続きが東京都で可能になるので、地方銀行の口座を持っている人にとても便利です。

現在提携しているのは25行

北海道から沖縄まで提携中の銀行は25行になります。関西アーバン銀行もその中に含まれています。

  • 【提携銀行一覧(2017年4月現在)】
  • 愛知銀行、青森銀行、池田泉州銀行、岩手銀行、沖縄銀行、関西アーバン銀行、京葉銀行、七十七銀行、十六銀行、常陽銀行、第三銀行、中京銀行、筑波銀行、東北銀行、栃木銀行、富山銀行、長野銀行、名古屋銀行、西日本シティ銀行、百五銀行、北洋銀行、北陸銀行、北海道銀行、三重銀行、琉球銀行

平日はもちろん土日も営業

銀行手続の窓口は平日の20:00まで、土日も18:00まで営業しています。忙しいサラリーマンやOLでも仕事帰りに立ち寄れますし、休日にゆったり来店することも可能です。

  • 【営業時間】
  • 平日:12:00~20:00
    土日:10:00~18:00

窓口は今後店舗を拡大予定

現在、銀行手続の窓口は東京都千代田区に1件しかありません。しかし、今後窓口を首都圏のターミナル駅を中心に拡大予定となっています。

草津支店と八尾支店は土曜日も営業している

滋賀県にある草津支店と、大阪府にある八尾支店は平日だけではなく土曜日も業務を行っています。

平日忙しくて時間が取れない人で関西地方に在住なら、2つの店舗にいくことがおすすめです。

資産運用や各種個人ローンの相談ができる

取扱業務は資産運用、住宅ローン、各種個人ローンの相談と申し込みとなっています。
※土曜日に関しては現金業務などできない手続きもあります。

【草津支店】
住所:滋賀県草津市大路2丁目9番1号
電話番号:077-562-2158
営業時間:平日9:00~17:00、土曜日10:00~17:00

【八尾支店】
住所:大阪府八尾市光町2丁目69番地
電話番号:072-991-0172
営業時間:平日9:00~17:00、土曜日10:00~17:00

プレミアムな会員制の「アーバンプラチナクラブ」を設置

関西アーバン銀行は金融に関して高度な専門知識を持ったスタッフや外部のコンサルタントが駐在している「アーバンプラチナクラブ」を数店舗営業しています。

  • 店舗内が上質な空間
  • アーバンプラチナクラブは会員制ラウンジになり、店内は高級ホテルのような空間を演出。プラチナルームでは専門のコンサルテーションを提供し、フリードリンクが楽しめるカウンターも用意するなど上品さとプレミアム感にこだわっています。

  • 個人の相談
  • 高度な資産運用、退職後のライフシミュレーション、遺言信託・相続手続きなどを実施しています。自分の資産を守り増やすためのプランを丁寧に提案してくれます。

  • 事業主の相談
  • ビジネスローンや新規・開業資金の融資を提供し、不動産事業経営、事業承継、財務診断・経営支援を実施しています。一般の銀行窓口に比べそれぞれのニーズに合った相談やプランニングが可能です。

  • 会員だけの特別優待
  • ラウンジの利用、外貨預金の預入手数料優遇、スーパー定期の金利優遇、ハイグレードな貸金庫の利用、高度なコンサルテーション予約など一般の銀行窓口では利用できないサービスを提供しています。

  • 関西で6店舗運営中
  • アーバンプラチナクラブは、大阪府中央にある本店、豊中市店、池田支店、東大阪市店、芦屋支店、千里中央支店の6箇所に設置されています。

  • アーバンプラチナクラブ会員基準
  • 1:満20歳以上
    2:預り資産(アーバンプレミアム貯蓄預金など)が1,000万円以上
    3:アパートローンを利用中の人
    4:ビジネスアシストローンを利用中の人※医師開業型
    5:医歯学学資ローンを利用中の人

アーバンカードローンの【特徴】

関西アーバン銀行が提供しているカードローンのサービスは2つあり、そのうちのひとつが「アーバンカードローン」です。

アーバンカードローンの特徴
  • インターネットやFAX申込みなら365日24時間OK
  • 利用限度額は10万円~500万円、10万円単位で設定
  • 金利は年4.0%~14.4%の間で5種類に分けられている

この項目では、3つの特徴をもう少し詳しくご紹介します。

インターネットやFAX申込みなら365日24時間OK

アーバンカードローンは3つの申込方法を設けています。インターネットやFAXでの手続きなら365日24時間、自分の都合に合わせて申し込みが可能です。

インターネット

関西アーバン銀行の公式ホームページ内にアーバンカードローンの「オンライン申込」ボタンが設置されています。同意画面より先に進むと、借入内容・氏名・生年月日・住所・家族形態・勤務先情報・その他借り入れの有無など詳細な内容を記入すると申し込みが完了です。

電話(フリーダイヤル)

アーバンカードローンには専用のフリーダイヤル:0120-39-3116が設置されているので、オペレーターと直に話して問い合わせや申し込みが可能です。

平日の9:00~19:00までの受付時間となっており、銀行窓口の営業時間よりも長くなっているので日中が忙しい人でも比較的利用しやすくなっています。カードローンの詳細を聞いて申し込みたいという人におすすめです。

FAX

窓口や公式サイトからのダウンロードによって審査申込書を手に入れることができます。インターネットやスマートフォンの操作が不安な人にとって便利な申込方法で、24時間申し込みが可能で、自分の都合に合わせることができます。

※関西アーバン銀行は営業所の窓口での申し込みはできません。カードローンの詳細な内容や質問事項は聞くことが可能ですが、申し込みの際は電話やインターネット手続きが案内されます。

利用限度額は10万円~500万円、10万円単位で設定

アーバンカードローンの利用限度額は最小10万円~最高500万円までと幅が広く設定されています。10万円単位で金額を増やすことができ、大まかな自分の希望を提示しますが、詳細な利用限度額は審査によって決定されます。

10万円からだと突然の少額の出費や給料日前に少しだけ借り入れしたい人にとって、借り入れしすぎを防止できて便利です。逆に収入が大きく安定している人は500万円まで大きく借り入れることも可能なので、幅広い層に対応していることがわかります。

関西アーバン銀行のカードローンには、住宅ローン契約者が申し込める「住宅セットローンカード型」がありますが、こちらは最小50万円~最高300万円までなので、利用限度額の幅が広いアーバンカードローンの方が使い勝手が良いカードローンといえますね。

金利は年4.0%~14.4%の間で5種類に分けられている

アーバンカードローンの金利は年4.0%~14.4%となっています。また、利用限度額に応じて5パターンの金利が設定されており、実際の利率は審査結果によって決まるのもポイントです。

利用限度額 借入金利
100万円まで 年5.0%~年14.4%
100万円~200万円まで 年5.0%~年12.0%
200万円~300万円まで 年5.0%~年9.0%
300万円~400万円まで 年4.0%~年7.0%
400万円~500万円まで 年4.0%
消費者金融系カードローンより低めの設定

最高でも年14.4%という数字は消費者金融系カードローンより低い金利設定です。他の銀行系カードローンと比べてもまずますの数字といえるでしょう。また、利用限度額が400万円~500万円の間なら年4.0%と5.0%を切る割合となるのも特徴です。

利用限度額によって金利がはっきり設定されていませんが、審査結果によって詳細な割合が決まり利用限度額が100万円以内でも年5.0%になることもあり得るので、その場合は他社よりもかなり低い金利でカードローンを利用できることが期待されます。

アーバンカードローンの【メリット】

アーバンカードローンに申し込むと得られるメリットは主に4つです。

  • 申し込みから契約まで来店不要!全国各地から申し込みできる
  • 満20歳~満75歳未満まで契約が可能、使い道も自由
  • 提携ATMが多く、全国各地で借り入れできる
  • 三井住友銀行とゆうちょ銀行の口座や提携ATMから返済可能

この項目では、上記4つの詳しい内容をご紹介します。

申し込みから契約まで来店不要!全国各地から申し込みできる

アーバンカードローンは申し込み方法を工夫すると、契約まで一切来店することなくカードローンの手続きをすることができます。

関西アーバン銀行の窓口営業時間は、他銀行と同じく平日9:00~15:00までです。平日忙しいビジネスマンにとって就業中に契約のために銀行へ行くことは困難ですので、借り入れがスタートするまで銀行へ行かなくて良いサービス展開はとても助かりますね。

  • 3つの方法で申し込みが来店要らず
  • 申し込み方法がインターネット、FAX、電話から選択する形なので、関西アーバン銀行の窓口に出向く必要はありません。インターネットとFAXは24時間、電話は平日の9:00~19:00まで対応しています。

  • 契約書を郵送で届けてくれる
  • 来店が難しい旨を伝えると、郵送契約を提供してくれます。本審査に必要な契約書類が届けられ、本人確認書類と一緒に返送することで手続きを済ますことが可能です。

  • 全国各地から申し込み可能
  • アーバンカードローンの条件には所在地について特筆していないため、全国各地の人がカードローンに申し込むことが可能です。その他の地方銀行のカードローンは地域を限定しているところも多いようですが、アーバンカードローンなら日本在住で条件を満たす人なら誰でも契約できるチャンスがあります。

満20歳~満75歳未満まで契約が可能、使い道も自由

アーバンカードローンの申込条件を確認すると「満20歳以上から満75歳未満の人」という項目があります。つまり、アーバンカードローンは74歳までならカードローンを申し込むことができるのです。

他社のカードローンの場合、上限は満60歳や65歳に設定されていることが多く、ここまで高い年齢に設定されているカードローンはとても珍しいことがわかります。継続して安定した収入があれば、パートやアルバイト、高齢者でも申し込むことができますし、長い期間利用できるので助かりますね。

年齢によって急な出費が必要になるパターンは違ってきますが、平均寿命が伸びている現代日本においてすぐに現金を借り入れできるカードローンはとても便利なツールです。

利用限度額も10万円~500万円の幅の広さもあるので、いろんなシーンに対応することができます。また、使い道も自由なので自分の生活を充実させることもできます。

提携ATMが多く、全国各地で借り入れできる

アーバンカードローンはATMで簡単に借り入れができるカードローンです。関西アーバン銀行ATMだけではなく提携ATMが全国各地にあるので、どこでも自分の好きなときに資金を手に入れることができます。

関西アーバン銀行ATM

各都道府県のATM数は、大阪府:82、滋賀県:104、京都府:11、兵庫県:9、奈良県:3、和歌山県:2、愛知県:1、東京都:1となっています。

基本的に平日8:45~18:00の間、ATM手数料が無料です。

提携銀行ATM

三井住友銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、大垣共立銀行、三重銀行のATMと提携しています。

平日8:00~18:00または平日8:45~18:00の間ATM手数料が無料です。

コンビニATM

セブンイレブン「セブン銀行ATM」、ローソン「ローソンATM」、ファミリーマート「E-net」など、全国展開しているコンビニチェーンのATMが利用できます。

セブンイレブンは平日8:45~18:00はATM手数料が無料、ローソンとファミリーマートは108円の手数料が必要です。

関西アーバン銀行は滋賀県を中心に営業していた「びわこ銀行」と合併した経緯があるので、店舗数やATM数は滋賀県が一番多くなっています。関西地方以外でも愛知県や東京都に支店を持っているのが特徴です。

ゆうちょ銀行ATMやコンビニATMは全国各地に設置されているので、出張や国内旅行中など急に出費が必要になったときに助かりますね。

三井住友銀行とゆうちょ銀行の口座や提携ATMから返済可能

関西アーバン銀行ではローン返済金を口座間で移動させる「資金移動サービス」を実施中です。別途契約は必要ですが三井住友銀行とゆうちょ銀行の口座に返済額を入金しておくと、自動的に関西アーバン銀行の口座に移動されて返済額が引き落とされます。

また、提携ATMを利用するとATMで借入金の返済も可能です。各ATMによって取引時間や利用手数料は異なりますが、セブンイレブンの「セブン銀行ATM」なら平日・土日祝も終日無料でローンを返済することができます。

三井住友銀行とゆうちょ銀行、セブンイレブン銀行はほぼ全国各地に事業を拡大しているので、カードローンの返済がとても楽になりますね。

アーバンカードローンの【デメリット】

24時間申し込みができて全国各地で借り入れができるなど、魅力が多いアーバンカードローンですがデメリットもあります。

  • 即日回答はなく、契約には関西アーバン銀行の口座開設が必須
  • 毎月の返済額設定が大きく、さらに金利が「変動金利」
  • 返済日は毎月10日!日付の変更ができない

この項目では、それぞれのデメリットの内容を詳しく解説していきます。

即日回答はなく、契約には関西アーバン銀行の口座開設が必須

アーバンカードローンの申し込みしたあと、審査結果の連絡は2~3営業日内です。即日回答をもらうことはできないので借り入れまで時間がかかります。また、契約する際には関西アーバン銀行の口座開設が必須で、返済用の指定口座として設定する必要があります。

すでに、関西アーバン銀行の口座を持っている場合は手続きもスムーズに行える可能性が高いですが、口座の新規開設から行わなければならない人は手続きに時間を要するおそれがあります。

スピーディーな審査方法や口座開設不要の銀行系カードローンも存在するので、これはアーバンカードローンのデメリットといえます。口座開設や維持に費用はかかりませんが、管理する口座が増えるのは少し面倒ですね。

毎月の返済額設定が大きく、さらに金利が「変動金利」

アーバンカードローンの約定返済額は月1万円からと高めに設定されています。また、金利は年4.0%~14.4%の「変動金利」で、保証料を含んでいます。

約定返済額が高めに設定されている
借入残高 約定返済金額
1万円まで 借り入れた金額
1万円~50万円まで 1万円
50万円~100万円まで 2万円
100万円~200万円まで 3万円
200万円~300万円まで 4万円
300万円~400万円まで 5万円
400万円~500万円まで 6万円

借入残高が1万円以上になると最低返済額が月1万円になります。他社のカードローンの場合「5千円から」というケースが多いのでそれに比べると高く設定されているのがデメリットです。毎月の返済負担が大きいので注意する必要があります。

変動金利で返済計画が立てづらい

変動金利は金融情勢により見直されるシステムのため、今より上昇するケースもあり返済計画が立てづらいのがデメリットになります。

現在はマイナス金利が比較的安定して続いているので、金利が急激に上昇するということは考えづらいですが、この先絶対改定されない保証はありません。アーバンカードローンは常に計画的に返済を続けたい人には向いていないかもしれません。

返済日は毎月10日!日付の変更ができない

アーバンカードローンの返済日は毎月10日と決まっており、それを変更することはできません。(銀行休業日は翌営業日に引き落とし)返済日が固定されているというポイントは、銀行系カードローンの特徴がそのまま反映されています。

返済日の変更が1ヶ月後まで指定できたり、月に数回設定されているなど幅広く返済日を提供している他社カードローンも多いので、こちらもデメリットとなります。万が一やうっかりで返済専用口座に残高がない場合は、自動引き落としができず「返済遅延」と判断されてしまいます

アーバンカードローンの【申し込み方法】

メリット・デメリットをそれぞれご紹介しましたが、契約まで来店不要などはやはり魅力な点が多いです。この項目では、アーバンカードローンを申し込む際の流れをご紹介します。

申し込むときに知っておきたいポイント
  • 申し込み条件は3つ!事前確認しておこう
  • 申し込みからローンカード発行までの流れをご紹介
  • 申し込みは家族や会社にバレてしまうのか?

では、上記3つのポイントをもう少し詳しく解説しましょう。

申し込み条件は3つ!事前確認しておこう

まずは、アーバンカードローンの申し込み条件を確認しましょう。申し込み条件に該当しない人は事前申し込みの時点で審査に通らない可能性が高くなります。

  • 継続して安定した収入がある人
  • 満20歳以上から満75歳未満の人
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる人

上記の3つが関西アーバン銀行の公式ホームページに記載されており、全てを満たしている必要があります。アーバンカードローンは基本的に1年ごとに自動更新されますが、申し込み時の年齢がギリギリの人は満76歳の誕生日の前日までなら更新される形です。

申し込みからローンカード発行までの流れをご紹介

次に、アーバンカードローンの申し込みからカード発行までの流れをご紹介します。

  1. 申し込み
  2. 申込方法はインターネット、FAX、電話の3つになります。申込方法によって異なりますが、借り入れの申込内容、使い道、氏名、住所、連絡先、勤め先、その他の借り入れ状況、本人確認書類の種類、審査結果の希望連絡先などを記入しましょう。

  1. 審査結果の連絡
  2. 申し込みのあと基本的に2~3営業日内に審査結果の連絡が電話にて届きます。

  1. 正式申込・契約
  2. 審査に通過したあと窓口か郵送にて正式に申し込みを行うことになります。郵送の場合、関西アーバン銀行から契約書が郵送されるので、本人確認書類などを一緒に添えて返送します。関西アーバン銀行の口座を持っていない場合は口座開設キットも同梱されています。

    ※審査結果によっては所得証明書の提出も求められるので事前に用意しておきましょう。(源泉徴収票・給与証明書・納税証明書・確定申告書など)

  1. ローンカード発行
  2. 正式申込書や本人確認書類を返送後、書類に不備がなく問題なければアーバンカードローンのローンカードが郵送されます。手元に届くまで約1週間程度とみた方が良いでしょう。カードが届き次第借り入れをスタートすることができます。

    ※アーバンカードローンは銀行窓口でカードを受け取ることはできません。

在籍確認や家族バレはするのか?

アーバンカードローンを申し込むと、場合によって会社に在籍確認がなされます。大手カードローンのように在籍確認を書類で行えません。

仮審査の結果内容は申し込み時に記入した連絡先に届くので、連絡先を携帯にしておけば家族にバレてしまう心配はありません。しかし、下記のポイントで家族にバレてしまう可能性が高くなります。

  • 郵送契約では契約書類が自宅に届く
  • アーバンカードローンのローンカードが自宅に郵送で届く
  • 口座の通帳やキャッシュカードが別途自宅に届く

郵送契約書や借り入れのためのローンカードは自宅に届きますので、家族が勝手に開封してしまうとカードローンを申し込んだことがバレてしまう可能性が高くなります。

また、口座開設をすると関西アーバン銀行の通帳やキャッシュカードが別々で発送されるので、何度も銀行から郵送物が届くことで不審に思われる可能性もあります。

契約まで来店不要で全国各地で使えるカードローン

関西アーバン銀行のアーバンカードローンの特徴やメリット・デメリットをまとめてみました。再度ポイントをまとめます。

アーバンカードローンの特徴やメリット
  • 24時間申し込みOK!来店不要で手続きできるカードローン
  • 利用者受け入れの年齢幅が広く、パートやアルバイトも申し込みできる
  • 借り入れや返済は全国各地の提携ATMから可能
  • 金利は年4.0%~14.4%で消費者系カードローンより低金利

アーバンカードローンはインターネットやFAXなら24時間申し込み可能で、郵送契約にも対応しているので全国各地の人が来店不要で手続きできます。

継続した安定収入があればパートやアルバイトなど正社員でなくても申し込みでき、借り入れした資金の使い道は事業性を除き自由なので、自分のライフスタイルを充実させることができるのでおすすめです。

しかし、即日審査に対応しておらず、申し込みからローンカードが届くまで2週間程度必要になる見込みです。「いますぐ借り入れしたい!」という人に向いておらず郵送物が定期的に届くので家族バレの心配も出てきます。

金利は銀行系カードローンとして高くはなく、審査結果によっては他社よりお得に融資を受けることができます。借り入れを急いでおらず家族バレも大丈夫だという人は、申し込んでも損はしないカードローンです。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.