大学受験にかかる費用の平均は?受験費用を借りるならどこがいい?

大学受験にかかる費用の平均は?受験費用を借りるならどこがいい?

大学受験には受験費用が必要

大学受験には受験費用が必要

親としては「子どもの希望を叶えてあげたい」と誰しもが思うもの。特に進路を大きく左右する大学受験を控えている子どもがいる場合は、毎日、子どもが受験勉強に打ち込んでいる様子を見ていると、何としてもサポートしてあげたくなりますよね。

大学受験に際して親がサポートできることといえば、精神的な面でもそうですがやはり金銭的な面が大きいでしょう。大学に入学するためには、当然入学試験があります。多くの受験生は、第一志望の大学だけでなく、第二志望、第三志望など、平均で5校ほど受験することが一般的です。つまり、それだけ多くの受験料や交通費が必要になります。

では、大学受験には具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。今回は、大学受験にかかる費用の平均と、受験費用を借りるならどこが良いのかなどについてご紹介します。

大学受験にかかる費用の種類

東京私大教連の「私立大学新入生の家計負担調査(2017年度)」によると、自宅外から通学することになる私立大学を受験する(それほど遠方の大学である)場合、受験にかかる費用の平均は24万6,500円です。この金額には、受験に伴う交通費や宿泊費、雑費も含まれています。

実際に受験費用だけを見てみると、例えば、国立大学2校(前期・後期)と私立大学3校を受験する場合、私立大学の入学願書代1,000円×3校=3,000円、入学願書を郵送するための簡易書留料が450円×5校(私立3校+国立2校)=2,250円がまず必要です。

受験料は、センター試験3教科以上の受験で1万8,000円、私立大学の受験料3万5,000円×3校=10万5,000円、国立大学の受験料1万7,000円×2校(前期・後期)=3万4,000円かかります。
以上の合計が、14万4,250円です。ただし、第一志望の合否判定が併願校の入学金支払期日より遅い場合、合格を取り消されないよう入学金を支払う必要がありますので、さらに25万円程の支払いが生じます。

受験費用を抑える工夫

受験費用を抑える工夫

同一私立大学内で複数の学部・学科を併願する場合、併願割引を利用できる大学もあります。例えば、A大学の法学部だけを受験する場合は単願となり、平均受験料3万5,000円ですが、A大学の法学部と経済学部を受験するようなケースでは、2つ目の学部の受験料は割引される場合があるのです。

学内併願の中でも、受験方法によってはさらなる割引も期待できます。例えば、1回の受験で複数の学部に出願できるような、私立大学独自の統一試験や共通試験がある場合、併願する学部の受験料は割引されます。同時に複数の学部の合否が分かるため、受験料だけでなく時間も節約できることがメリットです。

また、大学センター試験を利用し受験することでも、受験料を抑えることができます。センター利用では、大学の独自試験を受けずに、センター試験の結果が合否の判断材料になるため受験料が安くなるのです。センター利用で、同じ大学内の複数学部を受験する場合にはさらに受験料が割引されます。

また、すべての大学ではありませんが、大学によってはWeb出願割引があるケースもあります。Web出願であれば受験料だけでなく入学願書の簡易書留代もかからなくなるので、Web出願ができる場合は利用した方が良いでしょう。

これらの割引制度の有無や割引金額は各私立大学により異なるため、出願前に大学のホームページで確認することをおすすめします。

遠征受験で負担になる交通費・宿泊費

大学は東京や大阪、京都など主要都市にあることが多いため、場合によっては受験をする大学が遠方となり、交通費や宿泊費がかかることがあります。
大切な子どもの遠征や宿泊を心配する親も多いのですが、同伴する場合は交通費・宿泊費が2倍です。決して安くはないお金が必要になるため、実際どのくらいの費用がかかるのか計算してから決めても良いでしょう。

以下では、各地域から東京の大学を受験する場合の例をご紹介します。

大阪から東京の大学を受験しに行く場合

大阪から東京の大学を受験しに行く場合

大阪から東京まで指定席新幹線を利用した場合の交通費は、往復で2万8,900円です。
前日宿泊する場合、宿泊費は8,000円のため合計すると3万6,900円です。親が同伴する場合には単純に交通費が倍に、宿泊は同室の場合2,000円程度追加になります。

さらに、宿泊地での食事代などを考慮すると、子ども1人で受験をしに行く場合は総額で39,000円程度、親が同伴する場合は総額で7万2,000円程度は必要といえるでしょう。
私立大学の併願など、何度も遠方で受験をしに行く場合、受験の回数分だけ交通費、宿泊費等がかかります。例えば、大阪から東京の大学3校を受験する場合で、それぞれの日程が異なる場合、子ども1人の場合で11万7,000円程度、親が全日同伴する場合で21万6,000円程度です。

沖縄から東京の大学を受験しに行く場合

沖縄から東京の大学を受験しに行く場合

沖縄から東京まで飛行機を利用した場合の交通費は、時期や航空券の予約方法などにより異なりますが、往復でおよそ9万円です。前日に宿泊する場合、宿泊費が8,000円程度かかりますから、合計すると9万8,000円になります。

親が同伴する場合には交通費がさらに9万円程度、宿泊は同室の場合2,000円程度追加となり、合計は19万円程度です。さらに、宿泊地での食事代などを考慮すると、子ども1人で受験をしに行く場合は総額で10万円程度、親が同伴する場合は総額で19万5,000円程度かかります。受験のために複数回東京に行く場合は、交通費・宿泊費が2倍、3倍となりためかなりの出費になるでしょう。

交通費・宿泊費を抑える工夫

交通費・宿泊費を抑える工夫

遠方の併願校は、できるだけ受験日の近い学校を選ぶと良いでしょう。何度も移動するよりも現地に宿泊した方が節約できるためです。試験がない日もホテルを取ることで、ホテル内の静かな環境で直前の勉強ができます。

また、旅行会社が提供している交通費と宿泊費がパックになったプランを利用すると、交通と宿泊を別々に予約するより安くなることがあります。受験シーズンになると各旅行会社が受験生専用の旅行パックを販売しているため、旅行会社のWebサイトで確認してみてください。

親が同伴する場合、すべての受験に同伴すると遠征費用がかさみます。できるだけ費用を節約するには、同伴を1回目の受験だけにする、本命の大学のみにするなど絞った方が良いでしょう。子どもによっては、常に同伴されると勉強に集中できないかもしれませんし、子どもとも相談しながら決めることをおすすめします。

大学の受験費用を借りるならどこがいい?

大学の受験費用を借りるならどこがいい?

大学受験にはかなりの出費が伴います。受験料は1校だけでなく複数校分の支払いが生じますし、交通費や宿泊費もかかります。親としては受験費用が払えないことを理由に子どもの夢をあきらめさせたくありません。受験費用を支払うことができない場合どうしたら良いのでしょうか。

国の教育ローン(教育一般貸付)

国の教育ローン(教育一般貸付)

日本政策金融公庫が運営する国の教育ローンは、受験費用や受験に伴う交通費・宿泊費にも利用することができます。借り入れ可能金額は、子ども1人につき350万円で返済期間は15年以内です。
固定金利で、2017年11月時点での金利は1.76%と低金利で借りることができることが特徴。利用には収入などの条件があり、子どもが1人の場合は原則世帯年収790万円以下、子どもが2人の場合は世帯年収890万円以下、3人の場合は990万円以下となっています。

なお、お勤め先の勤務年数により収入条件が緩和されるため、日本政策金融公庫に問い合わせてみると良いでしょう。ただし、受験費用の借り入れとして申し込む際には「合格を確認できる書類」の提出が求められます。
合格前に手続きをしておくことはできますが、受験料や交通費・宿泊費など、まずは自費で立て替えて、合格してから「合格を確認できる書類」を提出し融資を受けるという流れです。

また、申し込みから融資までには3週間ほどかかるため、利用する場合は早めに手続きをした方が良いでしょう。

金融機関の教育ローン

国の教育ローンと比べると、民間の金融機関が行っている教育ローンの方が幅広い範囲で利用できます

金融機関によって条件は異なりますが、借り入れの上限額は300万円程度、借入期間は最長10年、金利は変動金利の場合3.5%程度、固定金利の場合4.5%程度が一般的です。変動金利の方が固定金利より1%程度金利が低く設定されていますが、景気状況により将来金利が上昇し返済金額が増えるリスクもあります。

教育ローンを利用する場合、金融機関の審査が必要になります。収入が多い方が借り入れしやすく金利も低くなる一方、収入が少ないと借り入れできる金額が少なく、金利も上がる傾向にあります。
審査には源泉徴収票や受験料の領収証、交通費・宿泊費の領収証などの提出が必要です。国の教育ローンと同様に、まずは自費で立て替えてから融資を得る流れとなります。

カードローン

金融機関の教育ローン

急なお金が必要になったときに有効な手段が、カードローンです。ローンと聞くと、マイナスのイメージを持つ方も多くいるかもしれませんが、使い方を間違えなければ、非常に有効な借り入れ方法となります。
カードローンの最大の特徴は、「担保なし」「保証人なし」で銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りることが可能な点です。誰にも迷惑をかけず、信頼を失うことなく、お金を用意することができます。

さらに、融資までの期間が短いことも大きなメリットです。カードローン会社にもよりますが、30分程度の簡単な審査でお金を借りられるところもあります。
カードローンの申し込みの方法は会社によって異なりますが、窓口に行かなくてもインターネットや電話で気軽に手続きできるものもあるため、受験料や交通費・宿泊費などの急な支払いにも対応可能です。

カードローンでは、初回利用の場合に限り30日以内に返済すれば、金利がゼロになるケースがあります。例えば、受験料や交通費・宿泊費が給料日前に必要な場合、借りた直後にお給料で返済できるため、うまく利用すれば利息を支払わずに返済が可能です。カード会社によって利息は異なるため、事前にしっかり確認するようにしましょう。

大学受験の費用は工夫次第で抑えられる

今回は、大学受験にかかる費用の平均と、受験費用を借りるにはどこが良いかについてご紹介しました。
私立大学によっては併願割引やセンター利用、Web出願などの制度を利用すると受験料は割引されますし、旅行会社のパック料金を利用すれば、正規の交通費・宿泊費よりかなり安く抑えることも可能です。
しかし、それでも受験が終わるまで大きな出費が続くのは事実。受験に関する費用がどうしても支払えないとき、ローンは強い味方です。特に、カードローンは融資までの時間が短く、誰でも簡単に利用できます。ただし、無計画な借り入れは返済が大きな負担になるため、利用する前にカードローン会社の規約をよく読んで返済計画を立てておきましょう。

富田 浩司
富田 浩司

ファイナンシャルプランナー AFP/富田FP事務所 代表

ゴールドマン・サックスでの勤務経験のある独立系ファイナンシャルプランナー。
防衛省陸上自衛隊、国内大手電気会社、外資系証券会社、独立系コンサルタントの経験を経て、2007年(株)フォーチュンフィールドを設立。富田FP事務所所長として、資産運用や家計の見直しセミナー、コンサルティング業務、マネー情報に関する執筆活動を行っている。設立から12年、「家計と企業財務の健康促進パートナー」をモットーに顧客の資産形成および収支改善に向けアドバイスを行っている。
著書:『子育てママのためのお金の教室 実況中継』、『「稼ぐFP」の作り方:ネット社会を生き抜く新しいFP戦略とは』

© カードローンQ All Rights Reserved.