琉球銀行カードローン しあわせのカードローン

琉球銀行の「しあわせのカードローン」は、全国のカードローンの中でも低金利で融資を受けられる上に、3つのステージによってさらに金利を抑えることができるカードローンです。

他の金融機関では審査が通過しなかった方も、ここなら融資を受けられるかもしれません。しあわせのカードローンについてまとめました。

沖縄県内最大の琉球銀行の概要とサービス

琉球銀行は、沖縄県内トップの地方銀行です。他の金融機関に比べてローン商品が豊富で、フリーローンは全部で8種類。

自分に最適なフリーローンを選んで賢く融資を受けるようにしましょう。

沖縄県の第一銀行!琉球銀行の概要

株式会社琉球銀行とは、沖縄県那覇市に本店を置く地方銀行です。沖縄県内では、総資産、預金残高、取引企業数がいずれもトップであり、沖縄県内の第一銀行です。

創業は1948(昭和23)年5月1日、アメリカ軍の占領下にあった沖縄の、戦後インフレの抑制と経済の発展のために、当時アメリカの統治下にあったフィリピン国立銀行に籍を置くことによって、設立されました。

設立当初は株式をアメリカが51%、沖縄県内の自治体が41%所有し、通貨発行権利を持つ日本でも珍しい中央銀行のような特色を持った銀行でした。

1972年には沖縄が日本に返還されたことに伴い、株式会社へと組織を変更。これによって中央銀行のような運営状態から、普通銀行への運営状態に変更しました。

資本金 541億2,700万円
総資産 2兆2,161億円
預金残高 2兆0,474億円
貸出金残高 1兆5,300億円

株式会社日本格付け研究所によると、琉球銀行の評価は「A-安定的」となっています。

際立って良好な経営状態ではないものの、全国の地方銀行の中でも、堅実かつ安定的な経営ができていると判断できます。

琉球銀行には8種類のフリーローンから選べる!

琉球銀行の最も大きな特徴は、ローン商品の種類の多さです。

中でも借入金を自由に使用できるフリーローンは8種類と、全国の地方銀行の中でもバリエーションはトップクラスです。

それぞれの特徴を把握して、最も自分に最適なローン商品を見つけましょう。

アパートローン 沖縄大好き夢
融資金額 3億円以内(10万円単位)
金利面 変動金利、固定金利選択制(3年・5年・10年)
金利の詳細は琉球銀行の窓口まで
しあわせのフリーローン
融資金額 10万円以上500万円以内(10万円単位)
※融資の上限金額は審査内容によって決定
金利面 変動金利型 年5.0~年13.5%
※審査内容によって金利が変動
沖縄大好き~来店不要カードローン~
融資金額 10万~500万円の範囲
※融資の上限金額は審査内容によって決定
金利面 変動金利型 年4.50%~年13.50%
※審査内容によって金利が変動
学生応援ローン ガクワリ君
融資金額 10万円
※ただし、口座開設日より2年経過後は30万円
金利面 年4.0%
※ただし、口座開設日より2年経過後は年13.5%
軍用地主ローン
融資金額 50万円以上2億円以内(10万円単位)
金利面 詳細は窓口で相談
公務員ローン
融資金額 10万円以上500万円以内(1万円単位)
金利面 変動金利型 年5.1%
固定金利型 年5.50%
カードローン プレミアム
融資金額 30万円、50万~300万円(50万円単位)
金利面 変動金利:住宅ローン基準金利(変動金利)+0.975%(保証料を含む)
※既往適用金利の見直し:毎年6月および12月の約定返済日に見直し、7月または翌年1月の約定返済日より新利率を適用

全国のコンビニATMで振込手数料が無料になる

琉球銀行は、沖縄県内外に59の支店を構えています。沖縄県内ではほぼ全域にわたって利用ができる他、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの全国のコンビニATMでも利用ができます。

特にイーネットのマークがついたファミリーマートをはじめとするコンビニでは7:00~18:00の間は何度でも手数料が無料で預金口座から引き出せます。

また預け入れや振り込みに関しては、手数料無料で全国のコンビニATMが利用できます。このことによって、出張や旅行などで沖縄県外に出ていても不便なく琉球銀行のATMが使えます。

  • 3段階の金利クラスがある
  • 琉球銀行の大きな特徴として、ほとんどのローン商品には金利をステージに分けて審査をする制度があることが挙げられます。

    しあわせのカードローンでは「stage1~stage3」までの3段階の金利クラスがあります。

    このクラスは審査によって決定しますが、審査内容によっても金利が高くなってしまいがちな低額融資でも、十分低金利で借り入れをすることができます。

一見、消費者金融やメガバンクの方が低金利に見えても、審査によっては金利が半額ほどになる可能性もあるので、大幅に節約することが可能です。

琉球銀行のしあわせのカードローンとは?

琉球銀行のしあわせカードローンの特徴をご紹介します。しあわせのカードローンは知らないと損をしてしまう情報が満載のカードローンです。申込を検討している方は見逃さないようにしましょう。

琉球銀行しあわせのカードローンの特徴

琉球銀行が提供するフリーローン商品一覧の中でも触れましたが、ここでは琉球銀行しあわせのカードローンについてさらに詳しくご紹介します。

利用できる方

満20歳から満65歳までの安定して継続した収入がある琉球銀行の口座を持っている方であればどなたでも申し込むことができます。

もちろん安定した収入があればアルバイトやパート、配偶者に収入があれば専業主婦の方でも利用ができます。また年金受給者でも申し込みができます。

申込方法

パソコンかスマホがあればWEBで申し込みから仮審査まで行えます。本契約を完了させるには琉球銀行の窓口まで行く必要があります。

口座開設

しあわせのカードローンの申し込みには、事前に琉球銀行の口座を持っていることが必須条件になります。

必要書類

300万円未満の融資を希望の場合、写真付きの本人確認証と琉球銀行の預金通帳、預金通帳の届け出印鑑が必要です。

収入証明書や担保、保証人を用意する必要もなく、申し込みの際に余計な手間をかける必要はありません。

全国で利用ができる

しあわせのカードローンは、借入金の出金や返済琉球銀行のATMはもちろん、全国のコンビニATMでも利用ができます。

特にイーバンクの印があるファミリーマートなどのコンビニATMでは、7:00~18:00の間の利用手数料が無料です。

自動引き落とし機能で返済忘れを防げる

しあわせのカードローンには、毎月10日に自動返済してくれる機能があります。

申し込みの際に登録した琉球銀行の普通口座から、利用金額に応じた返済額が自動で引き落としになります。

これによって返済忘れを防ぐことができるので、払い忘れを防ぐことができます。

金利

しあわせのカードローンは、申込の際に行われる審査内容によって金利が変動するサービスがあります。

通常、低額融資を希望する場合、地方銀行のローン商品は大手の金融機関に比べて金利が高くなってしまう傾向があります。

しかし琉球銀行であれば、ステージ別の金利変動によって、低額融資でも低金利で利用することができます。ステージごとの金利は以下のようになっています。

利用限度額 1st 2nd 3th
300万円以下 年7.0% 年9.8% 年13.5%
300万円超500万円以下 年5.0% 年7.0%

※金利は審査内容によって変動します。

4段階の審査で審査が通りやすくなる

多くの銀行系のカードローンの場合、審査は銀行ではなく保証会社を通じて行われます。もちろん融資をするのは銀行ですので、審査基準は銀行がチェックをしていますが、審査そのものは保証会社が行います。

このことからローン商品の審査通過の難易度は、審査を行う保証会社によって変わります。琉球銀行のしあわせのカードローンの場合、審査会社が4つの段階で担当します。

審査を行う保証会社
  • (株)りゅうぎんディーシー
  • (株)OCS
  • (株)オリエントコーポレーション
  • SMBCコンシューマーファイナンス(株)
  • 難易度が高い
  • (株)りゅうぎんディーシーとは、琉球銀行グループの保証会社です。審査基準は琉球銀行とほぼ一緒と考えてもいいでしょう。4つの保証会社の中で最も審査通過の難易度が高いです。

  • 難易度は普通
  • (株)OCSは沖縄県に本社を置く信販系の保証会社です。同じく(株)オリエントコーポレーションもオリコカードなどを発行する信販系の会社です。この2つの信販系の会社の審査通過難易度は普通です。

  • 難易度は低め
  • SMBCコンシュマーファイナンスは、消費者金融系カードローンプロミスを発行する保証会社です。4つの保証会社の中で、最も審査通過の難易度が低く、審査基準は全国でもトップクラスで通過しやすいと言われています。

このようにしあわせのカードローンは、申込者の属性に合わせて4段階の審査基準と審査会社を設けています。

このことから例えば(株)りゅうぎんディーシーでは審査に落ちてしまっても、SMBCコンシュマーファイナンス(株)の審査では通過して、カードローンを契約できるといったケースも多いのです。

借りる方に合わせて柔軟に審査基準を変動してくれるのも大きなサービスの一つと言えそうです。

しあわせのカードローンはクレジットカード利用者に特におすすめ!

4つの審査基準によって、非常に審査が通過しやすくなっている琉球銀行のしあわせのカードローンですが、もう1つ審査を有利にし、低金利の優遇を受けやすくなる方がいます。

普段からクレジットカードを利用している方が有利

低金利を優遇してもらうためには、普段からクレジットカードを利用している方が有利です。特に保証会社にオリコカードを発行している株式会社オリココーポレーションがあります。

特にオリコカードを普段から利用している方は、審査が通過しやすくなる上に、信用情報も高く、しあわせのカードローンが定めている金利ステージでも高い評価を受けられる傾向にあります。

同様にオークスVISAカードを利用している方も、優遇措置を受けられる可能性が高いと言えます。

逆に言えばクレジットカードや、他の金融機関のローン商品で過去に返済の遅延や金融事故の履歴がある場合には、審査で不利になります。

現在、クレジットカードを利用している人でも、過去にこういった経験がある方には審査が通過しにくくなっている可能性もあるので、事前に調べておくといいでしょう。

しあわせのカードローンをおすすめする3つの理由

カードローンには大きく分けると、メガバンク系カードローンと、地方銀行系カードローン、消費者金融系カードローンの3つに分類することができます。

それぞれと比較して、しあわせのカードローンの特徴をつかみましょう。

審査によってメガバンク系カードローンよりも低金利になる!

琉球銀行のしあわせのカードローンは、審査内容によっては金利が安いと言われるメガバンク系のカードローンよりもさらに低金利で利用することができます。

まずはメガバンク系カードローンの中でも、特に人気が高い三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローンと比較してみましょう。

利用限度額 1st 2nd 3th
300万円以下 年7.0% 年9.8% 年13.5%
300万円超500万円以下 年5.0% 年7.0%
三井住友銀行カードローン
金利 年4.0~14.5%
利用限度額 10万~800万円
利用条件 満20歳から満69歳未満までの安定した収入がある方
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
三菱東京UFJバンクイック
金利 年1.8~14.6%
利用限度額 10万~500万円
利用条件 満20歳から満65歳までの安定した収入がある方
保証会社 アコム株式会社

メガバンク系カードローンとの大きな違いは、少額融資でも低金利で借り入れができるという点です。

しあわせのカードローンの金利は5.0~13.5%

金利の上限はそのままでもメガバンク系カードローンよりも低く借り入れができますが、しあわせのカードローンでは審査の段階でさらに低金利で借り入れができるstageに優遇してもらえるサービスがあります。

仮に最も低金利な1stで審査を通過すれば、300万円以下でも年7.0%の金利で融資を受けられます。つまりしあわせのカードローンは、メガバンクよりも最大で半額も金利を抑えることができるのです。

もちろんstage1で低金利で融資を受けるには最も難易度の高い審査を受ける必要があります。

仮にstage1の審査に通過しなくても、stage2、stage3と段階を踏んで審査基準が甘くなっていくので、安心してください。

300万円以下の低額融資を希望している方は、メガバンク系カードローンよりもしあわせのカードローンの方が返済額を節約できるかもしれません。

消費者金融系よりも最大金利62%OFF!

次に全国どこからでも気軽に申込ができる消費者金融系カードローンと比較してみましょう。しあわせのカードローンは消費者金融よりも、最大で62%も金利を抑えられるようです。

消費者金融系カードローンの中でも特に人気のあるレイクとアコムと比較していきましょう。

新生銀行カードローン レイク
金利 年4.5~18.0%
利用限度額 1万~500万円
利用条件 満20歳から満70歳までの安定した収入がある方
保証会社 新生フィナンシャル株式会社
アコム
金利 年3.0~18.0%
利用限度額 1万~800万円
利用条件 満20歳以上の安定した収入がある方
保証会社 アコム株式会社

しあわせのカードローンと消費者金融系カードローンとの大きな違いは金利です。

レイクもアコムも審査が通過しやすく、利用もしやすいメリットがありますが、どちらも少額融資の際には18.0%の金利がかかります。

しあわせのカードローンの金利は最高でも13.5%ですので、この時点で4.5%も金利に差があります。

さらにしあわせのカードローンの場合、審査によっては少額融資でもstage1の年7.0%で融資が受けられます。

これは消費者金融系カードローンよりも最大で62%も金利を節約できることになります。

返済額を左右する金利も重要

ローン商品を利用する際には、審査の通りやすさとともに、返済額を左右する金利も重要なポイントです。

トータルの返済額を節約するためにも、返済額を節約できる琉球銀行のしあわせのカードローンがおすすめです。

沖縄県内の銀行系カードローンとの比較

最後に沖縄県内の銀行系カードローンとの比較をしてみましょう。沖縄県内の銀行系カードローンである沖縄海邦銀行の「カードローン ナイン」と比較してみます。

カードローン ナイン
金利 年14.60%
利用限度額 1万~300万円
利用条件 満20歳から満60歳未満の方
保証会社 九州カード株式会社

まず金利面で比較してみましょう。沖縄海邦銀行のカードローンナインは固定金利型で年14.60%なのに対して、琉球銀行のしあわせのカードローンは変動金利型で年5.0~13.5% となっています。

さらに前述の通り、審査によってさらに金利を抑えることができるので、より低金利で融資を受けたい場合には、しあわせのカードローンの方がお得に利用できます。

次に審査面で比べてみましょう。カードローンナインの保証会社はクレジットカードなどを発行する信販系の九州カード株式会社です。

一般的に信販系の審査は、銀行系よりも甘く、消費者金融系よりも厳しいと言われています。基本的に過去にクレジットカードで遅延や金融事故が発生した方は、審査で弾かれてしまう可能性が高いと言えます。

金利も低く抑えられ、審査も通過しやすい構造

一方でしあわせのカードローンは銀行系の保証会社、信販系の保証会社、消費者金融系の保証会社で合計4つの基準で審査を行います。

ですので仮に銀行系や信販系で審査に落ちてしまっても、消費者金融系の審査で通過し、カードローンの契約ができるケースがあります。

金利を低く抑えられる上に、審査も通過しやすい構造になっているのが琉球銀行のしあわせのカードローンです。

もし沖縄県内の地方銀行でカードローンを申し込もうと思っている方には、断然琉球銀行のしあわせのカードローンがおすすめです。

しあわせのカードローンにもデメリットがある?

しあわせのカードローンは、審査が通過しやすく、低金利で利用できる反面、デメリットもあります。申し込みの際には、しっかりとデメリットを把握することで、上手に使いこなすことができます。

カードローンの利用がバレる可能性がある?

カードローンを利用する際に、気をつけておきたいのがカードローンの利用が周囲にバレてしまうことです。

しあわせのカードローンを利用する際には、気を付けておきたい点が3つあります。

在籍確認がある

審査内容の1つに職場への在籍確認があります。返済能力を証明するためにも、この在籍確認は避けては通れません。在籍証明書などの代用も不可能です。

在籍確認は、保証会社から個人名義で、申込の際に記入した勤務先に電話で連絡が行くようになっています。

保証会社は審査のための在籍確認であることが分からないように電話をしますが、過去に同じような審査を受けた経験がある方が電話に出た際には、在籍確認の連絡だとバレてしまう危険があります。

返済額引き落としの際に通帳に明記される

琉球銀行のしあわせのカードローンの返済方法は、口座引き落とし1択です。

つまり利用する以上は、返済の際に必ず毎月10日には返済額が自動で引き落とされるようになっているので、通帳にはこの旨が記載されてしまいます。

仮に通帳の中身を見られてしまったら、カードローンの利用がバレてしまいます。

ローン専用のキャッシュカードが自宅に届く

しあわせのカードローンを利用するためには、ローン専用のキャッシュカードが必要です。キャッシュカードは本契約が済んだ1週間前後で自宅に郵送されます。

郵送される封筒には琉球銀行と記載されているだけですが、キャッシュカードにはしっかりとローン専用と書かれています。

届いたキャッシュカードは借入金の出金以外には利用しないので、頻繁に持ち歩くことはせずに、人目のつかないところで保管するようにしましょう。

借入金が利用できるまで時間がかかる

非常に低金利で利用できる琉球銀行のしあわせのカードローンですが、最大のデメリットが借入金が利用できるようになるまでに時間がかかるという点です。

  • 最低でも融資までに10日前後は時間がかかる
  • 基本的にWEBで申し込みをしてから、契約が完了するまで最低でも2日程度は必要になります。

    本契約が済んでからも、ローン専用のキャッシュカードが自宅に届くまで約1週間程度かかります。

    ですので、申し込みから最低でも10日前後は時間に余裕を持っておく必要があります。

通常、他の金融機関ではキャッシュカードが届く前に事前に指定の銀行口座に借入金を入れてくれるサービスがあるローン商品がありますが、残念ながらしあわせのカードローンではそのようなサービスを行っていません。

しあわせのカードローンは融資までに時間がかかるローン商品なので、融資までに余裕をもって申し込むようにしましょう。

契約完了には銀行窓口に行く必要がある

しあわせのカードローンは、申込から審査までWEBで完了することができますが、本契約を完了させるには、琉球銀行の窓口に赴いて正式に書類を完成させる必要があります。

本契約は窓口で

琉球銀行の窓口に行く際には、琉球銀行の預金通帳と預金口座の届け印、写真付きの身分証明書、300万円以上の融資を希望する際には所得証明書が必要になります。

通常は銀行の窓口が開いている平日の日中に琉球銀行に行く必要があります。仕事や家事などで忙しい方のために休日でもやっているローンプラザで契約を完了させましょう。

基本的には窓口に行く時点で審査が通過しているので、あとは契約書類に事務手続きをするだけで済みます。窓口で審査に落とされる心配もないので、割とスムーズに契約を済ませることができます。

申込方法と返済額の参考

最後にしあわせのカードローンの申込方法と借入金の返済方法についてご紹介します。

しあわせのカードローンは、毎月10日に琉球銀行の口座から自動で引き落とされるようになっています。

月々の返済金額を忘れて、返済遅延などにならないように、申し込みの際にはしっかりとチェックするようにしましょう。

しあわせのカードローンの申込方法

琉球銀行のしあわせのカードローンの申込方法をご紹介します。

しあわせのカードローンの場合、本契約を完了させるためには銀行の窓口に実際に行く必要があるので要注意です。

それでは申し込みから借入金が利用できるまでの一連の流れを見ていきましょう。

申し込む

しあわせのカードローンの申込方法は、WEB、電話、FAX、店舗窓口の4つから選べます。最も手軽に申し込むことができるWEBがおすすめです。

審査

申込内容に沿って、保証会社が審査を行います。審査内容の詳細は公開されていませんが、担当する保証会社によって審査内容も違うので、審査結果の通知までの期間には若干のバラつきがあるようです。平均で申込から2~3日程度かかるようです。

正式契約

無事、審査に通過すると本契約をする必要があります。本契約は琉球銀行の窓口で行います。来店の際には、琉球銀行の預金口座の通帳、預金口座の届け印、所得証明書(300万円以上の融資を希望する場合)が必要です。

カードローンの到着

正式契約が完了すると1週間前後で自宅にローン専用のキャッシュカードが届きます。キャッシュカードを使って、琉球銀行のATMや全国のコンビニATMで借入金を出すことが可能です。

月々の返済方法と返済額

最後に返済方法と返済額の参考をご紹介します。しあわせのカードローンの返済方法は自動引き落としのみです。

毎月10日に指定された琉球銀行の口座から、借入金に合わせた返済額が自動で引き落とされるようになっています。自分で返済作業をする必要がないため、返済忘れなどのトラブルを防ぐことができます。

一方で、任意のタイミングで臨時返済などできないので、借入期間が長くなってしまう分、返済額が多くなってしまう可能性もあります。もし臨時返済を希望する際には、琉球銀行の窓口で相談しましょう。

借入残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円

※返済額はあくまで参考です。詳しくは琉球銀行の窓口に問い合わせてください。

沖縄県民にはしあわせのカードローンがおすすめ!

琉球銀行のしあわせのカードローンは、沖縄県内のみならず全国のカードローンの中でも低金利で利用ができるカードローンです。

申込ができるのは琉球銀行の支店がある沖縄県内の方々だけですが、コンビニATMで借入金を出せるので、全国各地どこからでも手軽に利用することができます。

申し込んだ人に合わせて4段階に分けて審査をしてくれるので、審査が通らずに諦めかけていた方でもここなら利用ができるかもしれません。

沖縄県内の方は、ぜひしあわせのカードローンを検討してみてください。

  • しあわせのカードローンは満20歳~満65歳の方なら申し込みができる
  • 安定した収入があればアルバイトやパート、専業主婦や年金受給者でもOK!
  • 審査によっては最大50%近く金利を抑えることができる!
  • 4段階の審査基準で申込者に合わせて柔軟に審査内容が変動するので、審査が通過しやすい!

しあわせのカードローンは、本契約を完了させるためには琉球銀行の窓口に行く必要があります。申し込みから借入金が出せるようになるまで時間がかかるデメリットがあります。

その分、全国のカードローンよりも低金利で融資を受けられる非常に優れたサービスのカードローン商品です。

もし今メガバンク系カードローンや消費者金融系カードローンを検討しているのであれば、琉球銀行のしあわせのカードローンと比較してみてください。

即日融資を希望しない場合、しあわせのカードローンなら返済額を大幅に節約できるかもしれません。また他の金融機関ではなかなか審査が通過しなかった方でも、しあわせのカードローンなら通過するかもしれません。

カードローンを諦めてしまう前に、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.