カードローンで即日融資を受けるには?審査・在籍確認なしのローンはある?

カードローンで即日融資を受けるには?審査・在籍確認なしのローンはある?

カードローンで即日融資

カードローンで即日融資を受けるための条件とは

即日融資でカードローンを利用したいという場合は、どういったケースが考えられるでしょうか。給料日前にどうしてもお金が必要になり手持ちの資金では足りないとか、急病や緊急事態でまとまったお金が必要になってしまった、というように時間的に余裕がないだけでなく、心理的にも焦りがあることでしょう。

このような場合、比較的簡単な手続きで融資を受けられるカードローン、中でも即日融資が可能なカードローンはありがたい存在です。ただし、即日融資を受けるためにはいくつか条件があり、それらをクリアしなければなりません。

今回は、カードローンでの即日融資とはどのようなものか、現状で即日融資が可能な金融機関や即日融資を受けるためのポイントについてご紹介します。

カードローンの即日融資とは?

カードローンの即日融資とは?

カードローンの即日融資とは、申し込んだその日のうちにお金を融資してもらえるというものです。インターネット広告や電車で見かけるポスターなどでは、「最短〇〇分!スピード審査」とか、「即日融資も可能!」といったカードローンの宣伝もよく見かけますが、実際に即日融資を受けるには、さまざまな制約があります。

どのような制約があるのか、カードローン契約の流れと一緒に確認してみましょう。

カードローン契約の流れ

カードローン契約の流れ

まず、カードローンの申し込みをします。申し込みには、本人確認書類のほか、融資希望金額によっては収入を確認できる書類が必要です。

申し込みを受けると、金融機関では書類の不備がないかを確認し、書類をもとに審査をします。本人確認(在籍確認も含む)、返済能力の有無などを金融機関ごとの基準で審査するほか、信用情報機関に問い合わせて、他社での借り入れ状況なども確認します。

審査を終えると、金融機関から申込者へ結果が伝えられ、カードローンで契約可能な金額(限度額)、適用金利が提示されます。その内容で融資を受けたい場合は契約手続きに進み、融資が実行されるという流れになります。

カードローンの即日融資では、このような「申し込みから融資実行まで」が、1日で完了するということになります。

カードローンの即日融資の現状について解説

即日融資でお金を受け取る方法は?

カードローンは、銀行や消費者金融など、さまざまな金融機関が取り扱っていますが、金融機関によって規制を受ける法律や必要な手続きが異なることから、申し込みから融資が受けられるまでの日数には違いが見られます。そのため、カードローンの即日融資が可能である金融機関と、そうでない金融機関があることを知っておくことが、即日融資を受けるための前提条件になります。

ここでは、金融機関ごとの即日融資の現状について見ておきましょう。

銀行カードローンの即日融資停止について

現在、都市銀行をはじめ、地方銀行でもカードローンを取り扱っているところがほとんどです。銀行カードローンは比較的審査は厳しいと言われていますが、年収の3分の1以上の貸し付けをしないという総量規制の対象外ということもあり、貸付残高が増える傾向にありました。

また、暴力団などの反社会的勢力へ資金流入が懸念されていることを受け、2018年1月から、カードローン、フリーローン、自動車ローン、住宅ローンなどのローンを個人が申し込み、銀行が融資を行う際には、警察庁のデータベース照会で反社会勢力ではないことの確認が義務付けられることになりました。

このため、それまでは即日融資が可能であった銀行でのカードローンが、即日融資不可となり、借り入れ可能となるのは最短でも翌日以降、ということになったのです。

2018年1月以降、銀行カードローンは融資スピードより、低金利融資や利便性といったメリットを重視する方が利用することになりそうです。

消費者金融のカードローン即日融資は可能?

消費者金融のカードローンでは、警察庁のデータベース照会は義務とされていませんので、スムーズに手続きが進めば即日融資も可能です。それだけでなく、申し込みから審査の完了まで最短で〇〇分、といったスピードの速さを宣伝文句にしている消費者金融も見られます。

ただし、実際に即日融資を受けるには、申し込みの受付時間が即日対応可能な時間帯か、申し込みの書類に不足や不備がないか、在籍確認がスムーズに行われるかなど、さまざまな条件をクリアする必要があります。これらの条件をクリアして初めて、カードローンの即日融資が可能になるのです。

少しでも早くカードローン融資を受けたい!気になるポイントを解説

在籍確認なしのカードローンはある?

少しでも早く融資を受けたい場合には、即日融資にも対応していて、スピーディーに融資を行ってくれる金融機関を選ぶ必要があります。そのためには、利用する側でも審査を早く通過できるような準備をしたり、申込方法を工夫したりすることが必要になります。

ここでは、なるべく早く融資を受けるために気を付けるべきポイントについて解説します。

審査なしのカードローンはある?

審査なしで借りることができるカードローンはあるのでしょうか。

通常のカードローンは、全く審査を受けずにお金を借りることはできません。銀行や信用金庫、消費者金融やクレジットカード会社などでは、申込者の属性の確認や、本人確認、返済能力の有無などの審査を行っていると考えられます。また、信用情報機関に問い合わせて、他社での借り入れ状況なども確認していることでしょう。

逆に言えば、このような審査を全く受けることなくお金を借りることができる金融機関は、ヤミ金などの怪しい金融機関であることが疑われます。カードローンを利用する場合は、きちんと審査を受けることが必要だという認識で、必要な書類を添えて申し込みましょう。これまでクレジットカードやカードローンを利用した際にきちんと返済していれば審査もスムーズに済みますので、それほど審査を怖がる必要はありません。

カードローンの審査スピードを早めるコツを教えて!

カードローンを利用する場合は、必ず本人確認書類が必要となります。申し込みの利用限度額が少ない場合は、運転免許証やパスポートなどの、写真が付いた本人を確認できるものを指定されることがほとんどです。

しかし、一定金額以上の利用限度額を申し込む場合は、収入に見合った借り入れかどうかを判断するため、源泉徴収票や収入証明書などの書類が必要となる場合もあります。まとまったお金が必要になりそうな場合は、このような書類を事前にそろえておくことも重要となりますが、利用限度額が大きくなると、それだけ審査にも時間がかかることになります。

カードローンは、利用限度額内でしたら何度でも借り入れができますので、審査スピードを重視する即日融資の場合は、本人確認の書類だけで済むよう、急ぎで必要な最低限の金額だけを借り入れるようにすると良いでしょう。

電話連絡で優先してカードローン審査してもらえる?

カードローンは、申し込みの時間帯によっては翌日の融資になる可能性もあります。即日融資をしてもらうためには、なるべく午前中に申し込むなど、可能な限り早い時間帯に申し込むようにしましょう。

また、融資を急いでいる場合には、コールセンターへ連絡することによって審査を優先して行ってくれる金融機関もあります。インターネットなら24時間受付している場合でも、コールセンターの受付時間は通常午前9時から午後9時くらいと、受付時間に制限がある場合もあります。

なお、即日融資の対応は金融機関によって異なります。遅い時間だと翌日の融資になる可能性もありますので、まずはなるべく早い時間帯にコールセンターに問い合わせて、即日融資が可能かどうかを聞いてみるようにしましょう。

カードローン審査の在籍確認はどうやって行われる?

在籍確認とは、本人確認のため、申込者の勤務先などに電話で「本当に在籍しているかどうか」を確認することです。名前や生年月日、住所など、本人確認に必要な情報を聞かれるだけですので、特に心配することはありません。

申込者が会議中や外出中などで席を外している場合、何度も電話がかかってくるのではないかと心配されるかもしれませんが、在籍確認は申込者が在籍していることがわかれば終了することも多いと言われています。

ただ、このような在籍確認をされると、自分が消費者金融や金融機関からお金を借りていることが勤務先にバレそうで嫌だという方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、通常の在籍確認では、消費者金融や金融機関などの名前を直接出さずに担当者の個人名で電話をかけてくるなど、周りにわからないような形で行われますので、それほど気にすることもないでしょう。

在籍確認なしのカードローンはある?

どうしても勤務先などに在籍確認を行われるのが嫌だという場合は、電話での在籍確認がない金融機関を選ぶ方法があります。全ての申し込み手続きがインターネットで完結する金融機関なら、電話での在籍確認は行われません。また、審査結果はメールでの連絡を希望すれば、電話が鳴ることもありません。借り入れもインターネットバンキングから行えば、カードローンでありながら、手元にカードがなくてもお金を借りることができます。

さらに、インターネットで完結する申し込みでは、自宅にカードや明細書などの郵便物が送られることはありませんので、家族にバレることはほとんどないと言って良いでしょう。即日融資を希望する人はもちろん、勤務先や家族にカードローンを利用していることを知られたくないという人にも、インターネットで手続きが完了する申込方法はおすすめです。

あまり数は多くありませんが、インターネットで完結させる申込方法なら在籍確認をしない、と明示している金融機関もありますので、金融機関のホームページをよく確認して、そのような金融機関を選ぶと良いでしょう。

土日にカードローンの即日融資を受けるのは無理?

土日に即日融資を受けるには、まずは土日でも営業していて、即日融資も可能としている金融機関を選ばなければいけません。即日融資の受付の締め切り時間が設定されている金融機関もありますので、何時までに申し込めば即日融資できるかを確認した上で申し込みましょう。

また、基本的に職場への在籍確認を必要としている金融機関へ融資を申し込む場合、土日が休日の職場なら、その時点で土日の即日融資がかなり難しくなります。このような事態を避けるためには、インターネット手続きなら在籍確認をしない、としている金融機関を選ぶのも一つの方法です。

職場が休業日の場合は、在籍確認の代わりに健康保険証や給与明細などの書類を提出すれば在籍確認の代わりに審査を通過できる金融機関もあります。土日の在籍確認への対処方法は金融機関によって異なりますので、まずは、コールセンターに土日の即日融資が可能かどうかを問い合わせてみると良いでしょう。

カードローンの即日融資でお金を受け取る方法は?

カードローンの即日融資でお金を引き出す方法は、大きく二つあります。一つは、消費者金融や提携のコンビニATMなどからお金を引き出す方法です。この方法の場合、カードローン用のカードが発行されていなければなりません。消費者金融の無人契約機などでカードを即日発行してもらうことが必要になります。

また、カードがなくてもインターネットや電話などから振り込みによる即日融資が可能な消費者金融もあります。この方法を選ぶ場合、消費者金融が指定している銀行に口座を持っていないと即日振込ができません。

カードローンの即日融資を利用したいと考えている場合は、自分のケースでは、どちらの方法が早く融資金を受け取ることができるかを考えて受け取り方法を選ぶようにしましょう。

カードローンの即日融資を受けたいなら手続きのポイントを押さえよう

今回は、カードローンでの即日融資についてご紹介しました。

急な出費に備えて、ある程度の予備資金は預貯金で備えるべきではありますが、事情により難しい場合もあるでしょう。必要に迫られ、どうしてもその日のうちにお金を融資してもらいたいという場合、即日融資が可能な金融機関を選んでスムーズに手続きを終えることが必要になります。銀行カードローンでは即日融資ができないことは必ず押さえておきましょう。

インターネットが普及している現状では、ネットで全ての申込手続を終えることもできますので、カードローンの即日融資もそれほど難しいことではありません。しかし、確実に即日融資を受けるためにはどのような手続きが必要かといったポイントを押さえておいたほうが、スムーズに融資の実行まで進むことができるでしょう。

水野 圭子
水野 圭子

CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランナー技能士
株式会社K’sプランニング 代表取締役社長
一般社団法人あんしんLifeコミュニティ 代表理事

大手損害保険会社で事務企画や本店営業を経験後に2010年にFPとして独立。女性の視点も踏まえたお金のノウハウをセミナーや企業研修にて延べ3,000人以上の方々に伝授。家計相談を中心とした個別相談やマネー情報等の執筆でも活動中。
著書:「小学生にもわかるお金のそもそも事典」

© カードローンQ All Rights Reserved.