ろうきんおまとめローンの審査は厳しい?消費者金融から借り換えするべき?

ろうきんおまとめローンの審査は厳しい?消費者金融から借り換えするべき?

説明をする女性

ろうきんのおまとめローン

複数の消費者金融から借り入れたお金を返済中の方の中には、「なんとか借り換えて返済先を一本化できないだろうか」と考えている方もいるのではないでしょうか。
確かに、いくつもの返済先があれば日常の負担も大きいものになってしまいます。なんとか早く借り換えをして、日ごろの手間をなくし負担を減らしたいところですよね。
そこで今回は、「ろうきんのおまとめローン」を利用して既存の借入金を一本化する方法についてご紹介します。ろうきんのローンの利用方法や対象者、申し込みの手順などもご説明しますので、借り換えをご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

ろうきんとは

ろうきんとは、「一般社団法人全国労働金庫協会」のことで、全国に13の組織を置いて営業している協同組織金融機関です。
協同組織金融機関とは、銀行やノンバンク(信販・クレジット会社や消費者金融)などとは異なり、「非営利(営利を目的としない)企業」である点が大きな特徴。

地域ごとに13のろうきんがある

全国には地域(事業エリア)ごとに計13のろうきんが設けられています。各ろうきんの、地域による区分は以下の通りです。

  • 北海道…北海道ろうきん
  • 青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島の6県…東北ろうきん
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨の1都7県…中央ろうきん
  • 新潟県…新潟ろうきん
  • 石川・富山・福井の3県…北陸ろうきん
  • 長野県…長野ろうきん
  • 静岡県…静岡ろうきん
  • 愛知・岐阜・三重の3県…東海ろうきん
  • 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山の2府4県…近畿ろうきん
  • 岡山・広島・鳥取・島根・山口の5県…中国ろうきん
  • 香川・徳島・愛媛・高知の4県…四国ろうきん
  • 福岡・長崎・佐賀・熊本・大分・鹿児島・宮崎の7県…九州ろうきん
  • 沖縄県…沖縄ろうきん

労働組合員や生協組合員が優遇される

各ろうきんの利用対象者は、基本的に事業エリア(該当するろうきんがある都道府県内)内に在住または在勤しているすべての方です。
ただし、ろうきんは各企業の労働組合(労組)や生活協同組合(生協)の組合員が労働者同士で助け合うために設立されたという経緯があるため、労組の組合員・構成員や生協の組合員は利用に際して優遇を受けられるという特徴があります。

「おまとめローン」「ローンの借り換え」とは

「おまとめローンを利用」「ローンの借り換えをする」とは、クレジットやキャッシングの話題の中で非常によく聞かれる言い回しです。実際に、「おまとめローン」はさまざまな金融機関で発売されています。
ここでは、ろうきんのおまとめローンを例に挙げ、「おまとめローン」や「借り換え用ローン」とはどのような性質のローンであり、借り換えすることでどんなメリットがあるのか、などについてご紹介します。

ろうきんのおまとめローンとは

「おまとめローン」とは、複数の業者から借り入れたお金をそれぞれ返済し続けることで生まれる、手間や金額的な負担を減らすことが目的のローンです。
具体的には、現在残っている借入金の合計額を借りて、それぞれを一括返済するという方法。以後は、おまとめローンの返済だけを行っていくという形で、返済の手間や返済しなければならない利子の負担を減らすことができます。
ろうきんでも「おまとめローン」を取り扱っていますが、事業エリアによってはおまとめローンを取り扱っていない場合もあります。その場合は、ろうきんで発売されている一般のフリーローンやカードローンで代用する形になるでしょう。

審査は厳しい?申し込みはどこでするの?

「ろうきんのローンは審査が厳しい」と聞いたことがある方もいるでしょう。実際に、ろうきんのローンだからといって、どんな方でも審査に通過しにくくなるようなことがあるのでしょうか。
一般的に「ろうきんのローン審査が厳しい」といわれるのは、以下の理由があるためと考えられます。

  1. 申し込み手続きに際して、必ず一度は窓口で職員と会い、確認を行う必要がある
  2. 申し込みに必要な書類が多く手続きが煩雑で、申込書の記入内容などを申込者の目の前で丹念にチェックを受ける必要がある

銀行やクレジット会社・消費者金融のローンでは、煩雑な手続きを省略し「ネットで申し込めて窓口に行かなくてもお金を借りられる」という商品が増えています。

しかし、一般的にろうきんで扱うローンは職員との面談形式で書面の確認を行います(一部Web完結型ローンを提供するろうきんもある)。つまり、確実に返済できるかどうかを1件1件丁寧に審査がされているため、「手続きに面倒が多い=審査が厳しい」と見られる点もあるでしょう。

また前述の通り、おまとめローンは住宅ローンや自動車ローンのように「物を買う」という明確な目的で利用するローンとは性質が異なります。返済できる金額や現在の返済状況、今後の返済意思の確認など、審査時に見られる要素は多くなるため、借りるまでのハードルが自然と高くなりがちなのです。

手続きに必要な書類は?

ローンの申し込みをするには、基本的に「本人確認書類(身分証明書)」「現在の収入を証明できる書類」の2点が必要です。
ただし、おまとめローンは借り入れる金額が「今借り入れていて、これから返済する予定の金額」になります。そのため、上記2点に加えて「現在の借り入れや返済状況などが確認できる書類」も手続きには必要です。

【ろうきんのおまとめローン申し込みに必要な書類】

  • 本人であることを確認できる書類(身分証明書)
  • 現状の収入を証明できる書類(直近の源泉徴収票など)
  • 現在の借り入れ状況・返済状況が分かる書類

ろうきんのおまとめローンのメリット

おまとめローンでは、消費者金融のローンからの借り換えだけでなく、クレジット会社のキャッシングや銀行カードローンなどからの借り換え・おまとめも可能です。これまで、ろうきんのおまとめローンは手続きが難しく審査も厳正に行われる点を主にご紹介しました。
しかし、ろうきんのおまとめローンには申し込み時の手間や面倒を考えても「利用したい」と思えるメリットがあります。

金利が低い

ろうきんのローンは、おまとめローンに限らず基本的に金利が低く抑えられています。東北ろうきんの「おまとめローン」を例に挙げると、保証料込みの金利は「6.425%または8.375%」と、他の銀行や信販会社などのフリーローンなどと比較しても金利が抑えられていることが分かります。

消費者金融から借り入れがある場合、基本的に高い金利で借りていたケースが多いでしょうから、おまとめローンを利用することで金利の負担も減らせるという点は大きなメリットですね。

総量規制の対象外

ローンの利用を検討中の方であれば、「総量規制」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借りることはできないとする、借り入れに関する規制です。
しかし、ろうきんのおまとめローンは総量規制の対象外となりますので、総量規制による借り入れ上限の影響を受けることがありません。

ろうきんのおまとめローンのデメリット

ろうきんのおまとめローンには、借り入れをするにあたって大きなメリットがあります。しかし、人によってはデメリットとなり得る特徴もあるため、それらもあらかじめ押さえておきましょう。
ここでは、ろうきんのおまとめローンのデメリットについてご紹介します。

即日融資はできない

カレンダーとペン

ローンによっては「最短即日融資」など、融資実行までのスピードの速さを売りにした商品も多く用意されています。しかし、基本的にろうきんのローンは「申し込み開始から融資実行までの期間は1カ月程度」と考えておきましょう。一般的な銀行やクレジット会社、消費者金融などのローンと比較すると、融資までにはかなり時間が必要なのです。

金利の低さなどのメリットは大きいのですが、「借りるまでに時間がかかる」という点は、今すぐお金が必要な状況の方にとっては不利に感じられるかもしれません。

労働組合を抜けると一括返済を求められることがある

お金の受け渡し

ろうきんは、元々労働組合(労組)の組合員や生活協同組合(生協)の組合員のために作られた金融機関です。そのため、労組や生協の組合員は利用に際して優遇を受けられるという利点があります。

しかしその反面、退職などで労組から途中で離脱すると、その時点で残金の一括返済を要求される場合も。「転職や退職の予定が当分ない」という方以外にとっては、その点がデメリットとなり得ます。

審査が厳しい

丸とバツを持つ女性

ろうきんのおまとめローンは、先に述べた通り審査の条件が厳しくなる場合があります。他の金融機関であれば審査を通過する方でも、ろうきんの審査には通らない可能性が十分あるのです。
ローンの性質上、審査条件が厳しくなるのは仕方がありませんが、状況によっては一般のカードローンやフリーローンを借り換え用に活用した方が、かえって条件を良くできるケースがあるかもしれません。

申し込み条件が厳しい

落胆する女性

ろうきんのおまとめローンは、基本的に申し込みが可能となる条件が厳しめであることが多くなります。例えば、先にご紹介した東北ろうきんの「おまとめローン」のケースだと、借り入れできる方は「団体会員(労組の組合員・構成員および生協の組合員とその家族)のみ」となっています。つまり、「一般の勤労者」は利用できないのです。

申し込みのために店舗へ行く必要がある

道にたたずむ女性

また、申し込みから融資まで来店不要というローン商品も他の金融機関では増えている中、ろうきんのローンは基本的に「店舗で申し込み、店舗で審査についての面談をする」という過程を経なければ利用できません。
「おまとめローン」に関しても、店舗に行かなければ申し込み自体を行えないため、忙しい方や、ろうきんがご自宅やお勤め先の近くにない方などにとっては少々ハードルが高いでしょう。

住んでいる地域のろうきんの商品しか利用できない

地図上の目的地

ろうきんは「事業エリア」ごとに運営されているという特徴がありますが、利用者の方も基本的に「在住または在勤の地域にあるろうきん」しか利用できません。他地域のろうきんの方が金利面などで好条件だとしても、在住・在勤エリア外のろうきんの利用はできないのです。

地域によってはおまとめローンがない場合もある

日本地図上のフィギュア

お住まい・お勤めの地域のろうきんに「おまとめローン」という商品が必ずあるとは限らない点も、ろうきんを利用する場合のデメリットになるかもしれません。現在のところ、「おまとめ」という名前の付いたローンを提供しているろうきんは、東北ろうきんと北陸ろうきんの2つのみ。
ただし、上記以外に

  • 静岡ろうきんの「ライフローン」
  • 長野ろうきんの「カードローンマイプラン」
  • 近畿ろうきんの「生活応援トゥモローのチェンジプラン」
  • 九州ろうきんの「ツカえ~る」

などもおまとめローンとして利用可能です。その他のろうきんでは、使途自由のフリーローンやカードローンを取り扱っています。
しかし、それらをわざわざ利用するなら申し込みの手間が少ないクレジット会社や消費者金融のおまとめローンを利用した方が良い、と考える方も少なくないかもしれませんね。

ろうきんのおまとめローンを利用できない場合は他社のカードローンなどを検討しよう

今回は、現在返済中の借入金を借り換えて一本化できる「ろうきんのおまとめローン」についてご紹介しました。
ろうきんのおまとめローンは、さまざまな金融機関からの借入金に対応している点や、金利が低く返済額を抑えられるなどが大きなメリットですが、その反面、申込条件や審査が厳しく申し込みの手間が煩雑である、利用できるろうきんでおまとめローンを取り扱っていない場合があるなどのデメリットも覚えておきましょう。
これらのことから、ろうきんのおまとめローンを利用できる方はある程度限られてしまうともいえます。しかし、利用できない方であっても他の金融機関のカードローンなどを利用できることもあります。それらの選択肢も検討してみると良いでしょう。

大山 敏和
大山 敏和

CFP(R)認定者/社会保険労務士/年金アドバイザー
アクシス社会保険労務士事務所代表

2014年8月CFP(R)認定、ファイナンシャルプランナーとしてお客様個人の資産状況分析、および資産形成・運用ノウハウのアドバイスならびにご提案を長期ライフプランとして提示。将来、老齢年金受給世代になったときに豊かに暮らせるライフプランの構築をターゲットに現役世代から見据えるライフストラテジーの確立を応援している。

© カードローンQ All Rights Reserved.