ろうきんのカードローンってどうなの?金利や審査について徹底解説!

ろうきんのカードローンってどうなの?金利や審査について徹底解説!

ローンカード

ろうきんのカードローン

お金が必要になったとき、ローンなどを利用して借りる手段を検討する方も多いはず。ローンには銀行が扱うものや、ノンバンク(クレジット会社や消費者金融など)のものの他、しんきん(信用金庫)やろうきん(労働金庫)が扱うものが発売されています。
今回は、その中でも「ろうきん(労働金庫)」が取り扱っているカードローンについて、概要や金利、審査などを詳しくご紹介します。

ろうきんって何?

ろうきんは、一般的には「労働金庫」の略称ですが、実は「労働金庫」も略称で、正式には「一般社団法人全国労働金庫協会」という名称です。
ろうきんは銀行などと同様に、預金や金融商品を取り扱う金融機関の1つですが、銀行やノンバンク(クレジット会社・消費者金融など)とは異なる特徴を持っています。

銀行や消費者金融との違い

ろうきんが銀行やノンバンクと異なっている点は、基本的に「営利を目的としない(非営利)組織」が運営している点です。これはろうきんが、労働組合・生活協同組合(生協)などにより、労働者が相互に助け合うことを目的として設立された金融機関だからです。
働く方々やそのご家族が共に支え合い、豊かな社会を作ることがろうきんの目的です。つまり、銀行やノンバンクと決定的に異なるのは、「非営利団体である」という点にあるといえます。

ろうきんの「事業エリア」って何?

ろうきんは、「事業エリア」ごとに異なる機関で営業しているという特徴があります。各事業エリアが管轄する地域(都道府県)は、以下の通りです。

  • 「中央ろうきん」…東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県
  • 「北海道ろうきん」…北海道
  • 「東北ろうきん」…青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県
  • 「新潟ろうきん」…新潟県
  • 「長野ろうきん」…長野県
  • 「北陸ろうきん」…石川県、富山県、福井県
  • 「静岡ろうきん」…静岡県
  • 「東海ろうきん」…愛知県、岐阜県、三重県
  • 「近畿ろうきん」…大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
  • 「中国ろうきん」…岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県
  • 「四国ろうきん」…香川県、徳島県、愛媛県、高知県
  • 「九州ろうきん」…福岡県、長崎県、佐賀県、大分県、熊本県、鹿児島県、宮崎県
  • 「沖縄ろうきん」…沖縄県

「中央ろうきん」や「近畿ろうきん」のように、複数の都府県によって構成される事業エリアを管轄するろうきんもありますが、「新潟ろうきん」「静岡ろうきん」のように、1県を1事業エリアとするろうきんもあります。
基本的には、いずれかの事業エリア内にご自宅もしくは勤務先があれば利用可能です。お住まいの最寄り、またはお勤め先の最寄りにあるろうきんを利用すると良いでしょう。

ろうきんの団体会員って何?

ろうきんの利用者は、「団体会員」「生協会員」「一般勤労者」の3種類に分かれます。詳細は以下の通りです。

  • 労働組合などの組合員(団体会員)…ろうきんへの出資者である各労働組合の組合員、もしくは間接構成員
  • 生協の組合員(生協会員)…ろうきんへの出資者である生活協同組合の組合員、およびその家族
  • 一般の勤労者…団体会員や生協会員にはあたらないが、事業エリア内に在住・在勤する人

ろうきんのカードローンについて

ろうきんでは、銀行やノンバンクと同様に、カードローン(融資専用のカードを発行することでお金を借りられる種類のローン商品)を展開しています。
銀行のカードローンなら「○○銀行カードローン」などのように、1行単位でどの店舗でも同種のローンを取り扱っていますが、ろうきんのカードローンは少し異なる特徴があります。ここでは、ろうきんのカードローンの特徴や利用対象者についてご紹介します。

エリアによってカードローンの詳細が異なる

まず、ろうきんのカードローンは「各事業エリアによって商品の種類が異なる」という特徴があります。
カードローンの商品名が「マイプラン」である点は全国のろうきんで共通ですが、各エリアによって金利や申し込み方法などがそれぞれ異なっています。つまり、「○○ろうきんは金利が高めだったが、△△ろうきんの方が金利が低い」というケースもあり得るのです。
あるいは「△△ろうきんは自分の利用者区分では利用限度額が大きいが、○○ろうきんは同じ利用者区分でも限度額が小さくなってしまう」という場合もあるかもしれません。

ろうきんのカードローンを利用できるのはどんな人?

ろうきんのカードローンは、各ろうきんの事業エリア内に在住・在勤している方ならどなたでも申し込みができます。つまり、労組や生協の組合員ではない方でも利用可能ということです。
ただし、非組合員と組合員ではカードローンの利用限度額や金利などが異なってくるケースが比較的多いため、注意しましょう。カードローンの金利を抑えたい場合や限度額を高くしたい場合には、あらかじめ組合員となって申し込んだ方が良いこともあります。

ろうきんのカードローンの金利について

パーセンテージ

さて、次はろうきんのカードローンの金利について見ていきましょう。
「ろうきんのカードローンは低金利」と聞いたことがある方も多いはず。どのくらい金利がお得で、どんな特徴があるかをご説明します。

金利はろうきんによって異なる

先にご紹介した通り、ろうきんは地域によって区分された「事業エリア」ごとに、異なる営業形態で運営されていることが特徴です。このため、各ろうきんで取り扱うカードローンの金利はそれぞれ異なってくる場合があります。

取引内容に応じた金利優遇制度がある

銀行のカードローンなどと同様、ろうきんのカードローンも取引内容によって金利が優遇されることがあります。給与振込や年金振込の指定などで金利引き下げを受けられる金利優遇制度が設けられているので、金利をさらに抑えたい方は確認してみると良いでしょう。

金利の相場はいくらぐらい?

事業エリアごとにろうきんのカードローンの金利が異なることを先にご説明しましたが、ここでは代表的なろうきんのカードローン商品について例を挙げ、その金利についてさらに詳しくご紹介します。

中央ろうきんの金利

ここでは、首都圏を事業エリアとする「中央ろうきん」のカードローン「マイプラン」を例にとり、金利について詳しくご紹介します。

【中央ろうきんのカードローン「マイプラン」の金利】

  • 団体会員(労働組合の組合員・間接構成員)…3.875~7.075%
  • 生協会員(生活協同組合の組合員とその家族)…4.055~7.255%
  • 事業エリア内に在住・在勤の一般勤労者…5.275~8.475%

銀行カードローンの金利は最低で4%ほどまで抑えられますが、多くの方は10%以上の金利で借りることになり、最高金利は15%ほどです。
ちなみに、中央ろうきんのカードローン「マイプラン」の利用限度額は、団体会員が「最大500万円まで」、一般勤労者が「最大100万円まで」となっています。

銀行カードローンの金利は最低で4%ほどまで抑えられますが、多くの方は10%以上の金利で借りることになり、最高金利は15%ほどです。

ちなみに、中央ろうきんのカードローン「マイプラン」の利用限度額は、団体会員が「最大500万円まで」、一般勤労者が「最大100万円まで」となっています。

近畿ろうきんの金利

次に、近畿圏を事業エリアとする「近畿ろうきん」のカードローン「マイプラン」を例にとり、その金利をご紹介します。

【近畿ろうきんのカードローン「マイプラン」の金利】

  • 会員組合員…6.15~8.55%
  • 生協組合員…6.33~8.73%
  • 事業エリア内に在住・在勤の一般勤労者…6.55~8.95%

近畿ろうきんのカードローン「マイプラン」の利用限度額は、労働組合の組合員・間接構成員が最大500万円、生活協同組合の組合員とその家族が最大300万円、一般勤労者が最大100万円となっています。
中央ろうきんと大きく異なる点は、金利の他に、生協組合員とその家族の利用限度額が低い(中央ろうきんは最大500万円、近畿ろうきんは最大300万円)点です。

ろうきんのカードローンの審査について

虫眼鏡

ろうきんのカードローンの審査は、銀行のカードローンと同様に事前に「仮審査」を申し込み、次に「本審査」を行って融資が決定という流れです。
仮審査の段階で申込時の申告内容と事実について照合・確認が行われ、また信用情報の調査もこの段階で行っています。金融事故などの経歴が信用情報に残っている方は、基本的に仮審査の段階で通過できないでしょう。
本審査では、仮審査で確認済みの申告内容に間違いがないことを申込者本人に会って再度確認するため、本審査の際は申込者が窓口に出向く必要があります。その際に、申告内容と相違のない内容の必要書類(身分証明や収入を証明する書類など)を用意しましょう。また、職場への在籍確認もこのタイミングで行われるのが一般的。
その後、本審査に通過すると融資が決定され、ようやく実行に移されます。

ろうきんのカードローンのメリット

ろうきんは、非営利企業であるという特徴を生かし、あくまで労働者本位な企業運営を行っています。そのため、利用者にあたる私たち労働者にとって、ろうきんを利用するメリットは大きいでしょう。ここでは、その具体的なメリットをご紹介します。

金利が低い

金額の計算

ローン商品の金利は、銀行やノンバンクにおける同様のローンと比較してかなり低く抑えられています。民間金融機関の中でもろうきんのカードローンの金利はかなり低いといわれていますので、極力お得な金利でカードローンを利用したい方にはおすすめです。

ATM手数料が実質ゼロ

ガッツポーズの男性

カードローンは、最寄りのATMでキャッシングを行える点で利便性が高いのですが、キャッシング引き出し時にATM手数料がかかってしまう場合があります。
しかし、ろうきんのカードローンはATM手数料がキャッシュバックされるため、実質手数料無料で利用可能です。

繰り上げ返済手数料が無料

ゼロ円表示

毎月一定額を返済することに加え、返済額の一部もしくは全額を前倒しで返済する「繰り上げ返済」を行うことによって、通常よりも利息を低く抑えることができます。ろうきんの繰り上げ返済手数料は無料なので、資金に余裕があれば積極的に繰り上げ返済を行うと良いでしょう。

マイプランクラブの特典が利用できる

ランニングマシンに乗る女性

ろうきんのカードローン、「マイプラン」の利用者には、「マイプランクラブ」という特典が用意されています。特典内容は、指定の宿泊施設やカルチャー教室、スポーツクラブやレジャー施設などを優待価格で利用できるというもの。労働者の味方といわれているろうきんならではのメリットといえるかもしれません。

ろうきんのカードローンのデメリット

カードを持ち落胆する男性

このように、利用者にとって有利な要素がたくさんあるろうきんのカードローンですが、デメリットがまったくないわけではありません。
ここでは、ろうきんのカードローンを利用する際に想定できるデメリットについてもご紹介します。

融資までのスピードが遅い

ろうきんのカードローンはメリットが多いという魅力がありますが、1つだけ大きなデメリットを挙げるとすれば、申し込みから融資までの期間が他の金融機関と比較してもかなり長くかかる点でしょう。
その理由としては、「金利が低く、申込者が多い」「働く仲間から預かった資金は大切な共有財産であり、融資にあたって厳格な審査を行う」などが挙げられます。
最近は銀行のカードローンなどでも、即日融資とはいかないまでも融資決定・実行までのスピードがかなり重視されてきています。そんな中、ろうきんのカードローンは仮審査申し込みから融資まで長ければ1カ月程度かかってしまうのです。
そのため、ろうきんのカードローンはすぐにお金を借りたい方には向いていません。ただ、カードローンは「急にお金が必要になったときなど、いざというときの備えとして持っておきたい」という方も多いでしょう。そのような動機で申し込むのであれば、カード発行までのスピードにはこだわらなくても良いかもしれません。

急ぎでお金が必要な場合は融資スピードが速い消費者金融系カードローンがおすすめ

今回は、ろうきんのカードローンの概要や金利、審査について、そして利用するメリット・デメリットについてもご紹介しました。
ろうきんのカードローンはなんといっても低金利なので、少しでも金利を抑えたい方には適しているといえますが、「今すぐにお金が必要なので、カードローンを申し込みたい」という方には、あまり適していないかもしれません。
急ぎでお金が必要なら、「最短即日融資」など、融資までのスピードが速い消費者金融などのカードローンを利用することをおすすめします。ご自身がキャッシングしたい理由や動機、いつまでに融資を受けたいかなどの状況と照らし合わせて、もっとも適したカードローンを賢く選択すると良いでしょう。

大山 敏和
大山 敏和

CFP(R)認定者/社会保険労務士/年金アドバイザー
アクシス社会保険労務士事務所代表

2014年8月CFP(R)認定、ファイナンシャルプランナーとしてお客様個人の資産状況分析、および資産形成・運用ノウハウのアドバイスならびにご提案を長期ライフプランとして提示。将来、老齢年金受給世代になったときに豊かに暮らせるライフプランの構築をターゲットに現役世代から見据えるライフストラテジーの確立を応援している。

© カードローンQ All Rights Reserved.