三井住友銀行グループカードローン モビット

三大メガバンク三井住友銀行グループが提供するカードローン、モビット。

申し込みから利用開始までがとてもスピーディーで、幅広い層に利用できるよう工夫されたカードローンです。ノンバンクのカードローンの中でも顧客満足度が高いと評判のモビット。サービス内容を詳しくご紹介します。

三井住友銀行グループのモビットについて詳しくご紹介

モビットという名前は、CMなどで目にしたことがある方も少なくないはずですが、実際にどういったサービスを提供しているのかは、知らない方も多いのではないでしょうか。モビットの会社やサービスについて、ご紹介していきます。

三井住友銀行グループのモビットはこんな会社

三井住友銀行グループのモビットとは…
会社名:株式会社モビット
本店所在地:東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10階
資本金:200億円(2017年5月現在)
株主:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(100%)

三井住友銀行グループのモビットは、株式会社モビットが提供している銀行系個人ローン会社です。

銀行とも消費者金融とも違った、新しい金融サービスを提供したいという思いのもと、2000年に当時の三和銀行が、系列会社であった消費者金融専業のプロミスと信販会社のアプラスとの共同出資で設立しました。三和銀行はUFJ銀行を経て現在は三菱UFJ銀行になっています。

アプラスがUFJグループ撤退を機に資本撤退後、2004年にプロミスの株式が三井住友銀行によって取得されました。モビット自体は三菱東京UFJフィナンシャルグループに所属しつつも、三井住友フィナンシャルグループがプロミスを通じて間接的に半分ずつ出資するという状況になっていました。

2013年に合弁が解消され、モビットは三井住友フィナンシャルグループの傘下になります。それに伴い、これまで行っていた保証業務はエム・ユー信用保証に引き継がれました。

2017年5月時点で、三井住友フィナンシャルグループの100%子会社である、SMBCコンシューマーファイナンスの100%子会社となっています。

2017年時点では、株式会社モビットでは個人ローンを専門に業務を行っています。

三井住友フィナンシャルグループについて

前述のとおり、株式会社モビットはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の100%子会社であり、そのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、三井住友フィナンシャルグループの100%子会社となっています。そこで、三井住友フィナンシャルグループについて少しご紹介します。

会社名:株式会社三井住友フィナンシャルグループ
本店所在地:東京都千代田区丸の内1丁目1-2 三井住友銀行本店ビルディング
資本金:2兆3378億円(2017年5月現在)
東京証券取引所、名古屋証券取引所、ニューヨーク証券取引所に上場

三井住友フィナンシャルグループは、三菱UFJフィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループと並ぶ三大メガバンクのうちの一つです。2001年に住友銀行とさくら銀行が合併してできた、三井住友銀行が中心のグループです。

直接的な子会社として、10社があります。三井住友銀行、SMBC信託銀行、三井住友ファイナンス&リース、SMBC日興証券、SMBCフレンド証券、三井住友カード、Cedyna(クレジットカード)、SMBCコンシューマーファイナンス、日本総研(コンサルティング会社)、三井住友アセットマネジメント(投資会社)の10社です。

以下、経営理念を公式サイトより抜粋します。

・お客さまに、より一層価値あるサービスを提供し、お客さまと共に発展する。
・事業の発展を通じて、株主価値の永続的な増大を図る。
・勤勉で意欲的な社員が、思う存分にその能力を発揮できる職場を作る。

いずれもグループ全体の普遍的な考え方とされています。モビットのサービスはお客様本位で考えられており、2016年には雑誌のアンケートによるノンバンクカードローン部門で顧客満足度1位になっています。

親会社のSMBCコンシューマーファイナンスについて

株式会社モビットの直接的な100%の親会社であるSMBCコンシューマーファイナンスについてご紹介します。

会社名:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
本店所在地:東京都中央区銀座四丁目12番15号 歌舞伎座タワー22階~29階
資本金:1407億3700万円(2016年3月現在)
株主:三井住友フィナンシャルグループ(100%)

事業内容は、貸金業、保証業務、債権管理、海外事業です。

  • 貸金業
  • 傘下に消費者金融のプロミス、個人ローンのモビットがあります。プロミスでは相談窓口の充実に力を入れています。モビットではスピードに特に力を入れています。

  • 保証業
  • グループ会社である三井住友銀行はじめ、提携金融機関の個人向け無担保ローンの保証業務を行っています。顧客が返済が難しくなった場合の代位弁済も行っています。

  • 債権管理
  • 管理センターと子会社のアビリオ債権回収が連携して行っています。お客様サービスセンターを設置して、案内や返済への相談、カウンセリング業務を行っています。

  • 海外事業
  • 香港、台湾、タイ、中国7都市において消費者金融事業を行っています。

このように、モビットをはじめ、様々な金融関連事業に携わっています。

三井住友銀行グループのモビットの特徴

竹中直人さんのCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。

書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

まずは、「申込要件」「金利」「返済額」などの特徴について詳しくご紹介します。

モビットは幅広い層が申し込みできるカードローン

三井住友銀行グループのモビットは、申込可能な方の規定が幅広く設定されています。

  • 年齢:満20歳以上69歳以下
  • 収入:安定した定期収入のある人(無職、専業主婦、年金以外の収入がない人は不可。総量規制の対象)
  • 職業:アルバイト、派遣社員、パート、自営業も基準を満たせば利用できます
  • また、webでの10秒簡易審査の記入項目より、下記の点が審査に関連すると考えられます。
  • 住居の種類:持ち家、社宅、賃貸等
  • 固定電話・携帯電話の有無
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 保険証の種類
  • 前年度年収
  • 契約時点での他社借入件数:住宅ローンなどの有担保ローンは除く
  • 契約希望額

対象年齢の範囲内で、収入があり、返済能力もしっかりある方が審査に強い傾向があります。

三井住友銀行グループのモビットの金利や手数料は?

カードローンの申し込みを検討する材料の一つとして、金利がどの程度かかるか、というのはとても重要な点です。金利や手数料について見ていきましょう。

  • 金利
  • モビットの金利は実質年率3.0~18.0%です。金利は100万円までの借り入れだと18%ですが、100万円を超えると15%になることが公式サイトに記載されています。しかし、それ以上は契約前に詳しくは公表されていません。

    金利は、借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数
    で算出されます。うるう年は366日での計算となります。銀行のカードローンが金利上限15%程度の物が多いことを考えると、銀行のカードローンよりは金利が高めに設定されていると言えます。

  • 遅延損害金
  • 年率20.0%とかなり高額です。

  • 入会金・年会費
  • 無料で利用できます。カードを持っていても借り入れしなければ費用は発生しません。

  • ATMの利用手数料
  • 基本的には三井住友銀行は無料です。提携ATM利用時は、取引金額が1万円以下の場合は入金・出金ともに108円、1万円超の時は216円発生します。出金の際のATM利用手数料は次回の支払い時の精算となります。

  • 振込手数料
  • 銀行振り込みで返済する場合の振込手数料はユーザー負担となります。

モビットの限度額は1万円~800万円

三井住友銀行グループのモビットは、利用限度額は一人一人異なります。1万円から800万円と非常に幅広く設定されており、利用限度額は審査により決まります。モビットは総量規制の対象内なので、利用限度額は一番高くても年収の3分の1です。

総量規制の対象となる借り入れは、モビットなどの消費者金融、信販会社、クレジットカードの利用や借入限度額の合計です。無担保のもののみが対象となっています。

そのため、クレジットカードの利用限度額が高額な方や、他の消費者金融での利用限度額が多い方は限度額が低く設定されてしまう可能性がかなり高くなります。

他の借り入れを一本化するおまとめローンにも対応していますが、他の借り入れがあるとどうしても限度額が低くなってしまいがちです。そのため、おまとめ希望の人はその旨を伝えることをお勧めします。

モビットの月々の返済額は4,000円から

三井住友銀行グループのモビットの月々の返済額は、最終借入後残高によって決まります。詳しくは、下記の一覧表の通りになります。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超~20万円以下 8,000円
20万円超~30万円以下 11,000円
30万円超~40万円以下 11,000円
40万円超~50万円以下 13,000円
50万円超~60万円以下 16,000円
60万円超~70万円以下 18,000円
70万円超~80万円以下 21,000円
80万円超~90万円以下 14,000円
90万円超~100万円以下 26,000円
※100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。

月々の最低返済金額が上記の表のとおりになります。これ以上の金額をATMや振り込みを利用して返済することもできます。このように、借入額に応じて細かく返済額が定められています。

少額の借り入れであれば月々の負担も少なく済みますが、ずっと少額の返済を続けているといつまでたっても返済額が減らないことも考えられます。

ボーナス等の臨時収入があった場合は、ATM等で大目に返済することをお勧めします。

審査も融資もとても早い!モビットのメリット

モビットの一番のメリットは、スピード感です。審査や融資がとても早いため、急いでいる方にとっては大きなメリットです。

その他にも返済日を選べる点や利用できるATMが多い点など、三井住友銀行グループのモビットのメリットを見ていきましょう。

スピード審査と即日融資!モビットはすぐに利用できる

三井住友銀行グループのモビットは、申し込みから利用できるまでがとても早いのが大きな特徴です。まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。

本審査では異なる結果になることがありますが、申し込みの大きな目安になってくれます。「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

「web完結申込」を利用すれば、カードを発行せずにPC、スマートフォン、携帯電話から振込キャッシングを利用することですぐに融資を受けることができます。

「web完結申込」をする条件は、三井住友銀行または三菱UFJ銀行に口座を持っていて、社会保険証か組合保険証を持っていることです。そのため、会社員、会社経営者、公務員の人が「web完結申込」の主な対象と言えます。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

その後、電話で審査結果の連絡があり、その場で会員登録もしてくれます。それから指定の金融機関にその場で振り込むか、カードの受け取りをローン申込機とすることで、近くのローン申込機でローンカードを発行してくれます。

受け取りをしたら直後より提携ATMで借り入れすることができます。提携ATMについては、後ほど詳しくご紹介します。また、ローン申込機で申し込むと、カード自体は5分程度で発行され、その後、電話で審査結果の連絡があります。

生活圏内にローン申込機がある方であればそれでもいいのですが、もし、審査に落ちてしまった場合はただ行っただけ、となってしまい無駄足となってしまいます。

「web完結申込」であれば、審査結果がわかってから動けばいいので、効率よく手続きをすることができ、おすすめです。

web会員サービスやアプリからの操作で振込可能!

三井住友銀行グループのモビットは、web会員サービスも充実しています。会員専用サービス「Myモビ」では、下記のような借り入れ・返済に関するメニューを提供しています。

  • 振込キャッシング
  • 平日9:00~14:50に手続きすれば最短3分で口座へ直接振り込んでくれます。例えば、月々のクレジットカードや家賃の引き落とし時の残高不足を防ぎたい時など、大変便利です。

    消費者金融の専用機へ出入りすることなく手続きができるので、他の人に見られたくない人にとっては、プライバシー面でも安心です。
  • 返済シミュレーション
  • 利用残高や契約内容に基づいて、追加で借り入れしたい時や繰り上げ返済のシミュレーション、一括返済のシミュレーションなどを試すことができます。
  • 取引履歴照会
  • 領収書や利用明細を「Myモビ」を通じてダウンロードできます。

また、iPhoneやアンドロイド対応のアプリを使って、「Myモビ」のメニューを使うことができるので大変便利です。

モビットの返済日は都合に合わせて選べます

モビットの返済は、ATMでの返済か、口座振替から選ぶことができます。ATM返済型を選んだら、約定返済日までにATMを通じての返済になります。

口座振替型を選ぶと、毎月の指定日(約定返済日)に指定口座から引き落としされます。約定返済日は5日、15日、25日、末日から選ぶことができます。給料日の直後に合わせて設定しておくことをおすすめします。

また、約定返済日と借入日、返済期日の一覧表です。

約定返済日 利用残高 返済額
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の約定返済日
20日~末日 借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の約定返済日
10日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の約定返済日
15日~末日 借入日の翌月の約定返済日

使ってから請求まで数日開いていることがわかります。借りて翌日すぐに請求される、という訳ではないため、返済日まで少し余裕があるのはメリットと言える点です。

利用できるATMが全国に約13万台

三井住友銀行グループのモビットは、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。下記が利用できる銀行の一覧です。

  • 借り入れ・返済ともにATM利用手数料無料
  • 三井住友銀行

  • 借り入れ・返済ともにATM利用手数料有料で可能
  • 全国展開の銀行:三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行

  • コンビニ
  • Enet、ローソンATM、セブン銀行、イオン銀行

  • 信販系
  • プロミス、セゾンカード、PatSat

  • その他提携金融機関
  • 北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、第三銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、中京銀行、百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、トマト銀行、西京銀行、百十四銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、西日本シティ銀行

  • 返済のみ可(マルチメディア端末で手続き後レジにて返済)
  • ファミリーマート店頭、ローソン・ミニストップ店頭

  • 借り入れのみ可
  • 群馬銀行、武蔵野銀行、第四銀行、スルガ銀行、南都銀行、紀陽銀行、もみじ銀行、宮崎銀行、一部信用金庫、VIEW ALTTE

このように、借り入れ・返済ともに全国的に利用できます。ただし、ATM利用手数料が無料なのは三井住友銀行だけなので、生活圏内に三井住友銀行のATMがある人にとってよりメリットのあるカードローンです。

モビット利用の上でのデメリットは何?

スピード感ある手続きが魅力で申し込みへのハードルも比較的低いモビットですが、デメリットもいくつかあります。

・手数料負担が大きい
・収入証明書が必要不可欠なので面倒
・限度額が1万円のこともある

の3点です。それぞれの特徴を詳しく見ていきます。

三井住友銀行以外でのATM利用手数料が高額!

前述のとおり、三井住友銀行グループのモビットはたくさんの金融機関で利用することができますが、ATM利用手数料は意外と高額です。

入金・出金ともに取引金額が1万円以下の場合は108円、1万円超の時は216円が毎回発生してしまいます。銀行系のカードローンだと、提携金融機関なら返済時の手数料は無料であることも少なくないため、この点はデメリットと言わざるを得ません。

こまめに小さい額を借りるよりは、大きい金額を借りて、三井住友銀行を利用して返済するのが賢い利用方法と言えます。

また、口座引き落としの場合は三井住友銀行か三菱UFJ銀行でしかできないため、メインバンクがその2行以外の方にとってはこの点もデメリットです。

収入証明書が必要不可欠なので面倒

身分証明書のコピーが必要なのはほかのローンと同じなのですが、三井住友銀行グループのモビットを申し込む際は、収入証明書も必要です。

銀行系のローンであれば総量規制の対象外となる場合が多く、必要ないことも珍しくないのですが、モビットは総量規制の対象のため、必ず必要です。

収入を証明する書類として、以下の何れかの書類の写しが必要です。

  • 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与証明書

給与明細の写しを給与証明書として提出する場合は、直近2ヶ月分が必要です。また、賞与の支給がある人は年間の賞与額が確認できる賞与明細書も必要になります。審査のスピードが早いと言っても、証明してくれる書類が揃っていることが前提となります。

また、会社員の方は問題ないのですが、特に個人事業主の方は経費や減価償却等で見かけの年収が低く抑えられていることが多く、会社員の方より限度額が低く抑えられがちです。

このように準備する書類は少し煩雑ではありますが、その分会社への在籍確認なしで発行してくれるため、悪い面ばかりという訳でもありません。

限度額が1万円になってしまうことも

三井住友銀行グループのモビットの限度額は審査で決まります。限度額は1~800万円。他の大手消費者金融の限度額上限は、プロミスとアイフルが500万円、アコムは同じ800万円と、モビットは高水準にあると言っていいでしょう。ただし、上限が800万円だからと言って全員が800万円借りられる訳ではありません。

その理由は、総量規制です。年収の3分の1までしか借りられないように法律で決まっています。年収が低いパートやアルバイトの方は、もちろん不利になります。

また、持っているクレジットカードの枚数が多かったり、他のクレジットカードの限度額が年収に対して高く設定されていたりする方は、モビットの限度額が低く設定されてしまう場合が少なくありません。

総量規制の基準を元にすると、限度額800万円になる人は他のクレジットカードを全くもっていない人でも年収2,400万円。

日本人で年収2,000万円を超える人の割合は1%未満であることを考えても、なかなか高いハードルと言わざるを得ません。

モビットの申込方法を徹底解説

ここまで、三井住友銀行グループのモビットの特徴に始まり、メリットとデメリットを説明してきました。それでは、気になる申し込みの手順と申し込みから利用までの流れを説明していきます。

三井住友銀行グループのモビットの申込手順

モビットには、5種類の申込方法があります。PC・スマートフォン、携帯電話、郵便、電話、ローン申込機から申し込むことができます。それぞれを詳しく解説していきます。

  1. PC・スマートフォン(WEB完結型対応)
1:WEBから申し込み
2:電話またはメールで審査結果の通知が届き、確認と入会手続きを行う
WEB完結型の場合はメールで届きます→WEB完結型でない場合は、カードの受け取り方法を選択します。※郵送かローン申込機から選べます
3:モビットから届く必要書類に記入して返送 ※平日19時までに申し込みをすれば、約30分で審査結果の通知が届きます。

PCやスマートフォンの操作が問題なくできる方であれば、一番スピーディーで便利に利用できる申込方法です。

  1. 携帯電話
1:従来型携帯電話(ガラケー)から、専用サイト(http://035000.com)にアクセスし、申し込み
2:電話またはメールで審査結果の通知が届き、確認と入会手続きを行う
カードの受け取り方法を選択します。郵送かローン申込機から選べます。
3:モビットから届く必要書類に記入して返送 ※平日19時までに申し込みをすれば、約30分で通知が届きます。

スマートフォンを持っていない方でも簡単に手続きができます。個人の携帯電話で手続きを完結したい方におすすめです。

  1. 郵便
1:三井住友銀行などで申込書を入手し、記入の上郵送
2:電話で審査結果の通知が届き、確認と入会手続きを行う
3:カードの受け取り方法を選択 ※郵送かローン申込機から選べます
4:モビットから届く必要書類に記入して返送

PCやスマートフォンの操作が苦手な方や、しっかりと書面を確認してから申込書に記入したい、という方におすすめの申込方法です。

  1. 電話
1:フリーコールで申し込み(0120-03-5000、9:00~21:00)
2:電話で審査結果の通知が届き、確認と入会手続きを行う
3:カードの受け取り方法を選択 ※郵送かローン申込機から選べます
4:モビットから届く必要書類に記入して返送 ※平日19時までに申し込みをすれば、約30分で通知が届きます。

入力や記入が面倒だけど早く手続きしたいという方におすすめの申込方法です。

  1. ローン申込機
1:ローン申込機からタッチパネルで入力
2:その場でカードが発行される
3:電話で審査結果の通知が届き、確認と入会手続きを行う
4:モビットから届く必要書類に記入して返送

生活圏内にローン申込機がある方にはおすすめです。カードが発行された後でも審査に落ちてしまう場合もあるので注意が必要です。

借り入れ・返済はどこで?モビットのローン申込機はどこにある?

三井住友銀行グループのモビットの借り入れ・返済は、前述の提携金融機関ATMまたは振込によって行うことができます。ローン申込機はローンの申し込み・カードの受け取りのみ対応しており、借り入れ・返済はできません。

ローン申込機は全国42都道府県に点在しています。和歌山県、鳥取県、島根県、徳島県、高知県にはありません。

このうち、鳥取県、島根県には三井住友銀行のATMもありませんが、ゆうちょ銀行やコンビニエンスストア等の提携金融機関のATMでなら、利用手数料は発生しますが利用することができます。

スピード感が命!急ぎの資金調達は三井住友銀行グループのモビットで!

三井住友銀行グループのモビットは、特に下記の点がおすすめのポイントです。

  • 審査や融資がスピーディー(最短30分で手続き完了)
  • 加入要件が少なく、自身に収入があれば申込可能
  • 支払日を選べる(5日、15日、25日、末日)
  • 利用できるATMが多く全国に約13万台
  • 月々の返済額の負担が少ない
  • 三井住友銀行のATMなら借り入れ・返済ともに利用手数料無料

ただし、このようなデメリットもあります。

  • ATM利用手数料や振込手数料など手数料の負担が大きい
  • 準備する収入証明書が面倒。個人事業主には不利
  • 総量規制の対象内なので限度額が1万円のこともある
  • 銀行に比べると金利が高い

これらの点より、三井住友銀行グループのモビットは、生活圏内に三井住友銀行があって、安定した収入がある会社員・会社役員または公務員の方が利用するのにおすすめのカードローンと言えます。

申し込んでから借り入れするまでがとてもスピーディーな三井住友銀行グループのモビット。急な出費をしのぐのにとてもおすすめです。

金利は銀行系のカードローンよりも高いですが、借りる期間を短くすれば負担は少なくて済むため、ボーナス前などの一時しのぎに大変おすすめです。

三井住友銀行グループのモビットを、計画的に賢く利用していきましょう。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.