JAバンクのカードローンの金利はいくら?審査が通らないときの対処法は?

JAバンクのカードローンの金利はいくら?審査が通らないときの対処法は?

パーセンテージのサイコロ

JAバンクのカードローン

CMなどでもよく見かける「JAバンク」。広告宣伝では貯金や年金のPRを積極的に行っているため、ノンバンク(融資を専門に行う金融機関)ではないことは想像がつきますが、「銀行とどう違うのだろう?」と思っている方も多いかもしれません。
そこで今回は、JAバンクとはどんな会社・団体でどんな事業を行っているのか、またJAバンクの取り扱うカードローンについてもご紹介します。
大手銀行や消費者金融などのカードローンの利用を考えている方も、JAバンクのカードローンを比較検討の対象として加えてみてはいかがでしょうか?

JAバンクとは?

JAバンクは、その名称からも想像できる通り「JA(農業協同組合)、信連(信用農業協同組合連合会)、農林中金(農林中央金庫)」の会員によって構成されている団体で、かつ民間の金融機関と同じ業態で運営を行っています。
取り扱うサービスは預金や各種ローン商品の他、個人向け資産運用商品やクレジットカードなどもあり、ほぼ銀行と同様の営業形態となっています。基本的にはJA(農協)組合員を対象としたサービス内容となっていますが、農業を営んでいない一般の方でも出資金を納めて准組合員となることで、JAバンクの利用が可能です。

JAとは?

トラクター

まずは、JAバンクの母体となっている「JA(農業協同組合)」についてご説明します。
JAは、農業を営む方の農業生産活動や生活そのものを守り、地域社会を良くしていくために相互扶助(助け合い)を行う目的で生まれた協同組合です。
JAの主な事業は、各組合員の営農に関するアドバイスや技術指導、農産物の共同販売や資材の共同購入などです。また、組合員の営農や暮らしに必要な施設・設備の設置や、JAバンクとしての信用事業も含まれています。
農業を生業とする方たちが「かなえたい」「良くしたい」と考えていることを、相互扶助(共同出資や労力の提供)によって実現するのがJAの本質的な目的といえるでしょう。

JAバンクと一般的な銀行との違い

田舎の住宅地

JAバンクは全国に店舗網を持つ大規模な金融機関ですが、一般的な銀行とは少し異なる特徴があります。ここでは、JAバンクと銀行の主な違いについてご紹介します。

1.店舗は地方部・郊外が中心

JAバンクは基本的に農家の方のための金融機関ですから、店舗も農業地帯を中心に展開されています。都市部にお住まいの方よりは、地方や郊外の方が便利に利用できるといえますね。

2.銀行とは異なり、非営利企業である

JAは協同組合なので、営利を目的としない団体の1つです。そのJAと関係の深いJAバンクも非営利企業にあたりますから、営利企業である一般的な銀行よりは「信用金庫」や「労働金庫」などに近い性質を持っているといえます。

JAバンクのカードローンとは

カードを持つ女性

さて、ここからはJAバンクが取り扱っているカードローンについてご紹介します。どんな方が利用でき、金利や限度額はどれくらいなのか、またメリット・デメリットなどを見てみましょう。

農家以外の方でも申し込みできる

JAバンクは農協系の金融機関ですから、カードローンも「農家の方しか利用できない」と思っている方が多いかもしれません。しかし実は、農家ではない一般の方もJAバンクのカードローンに申し込めます
農家ではない方はJAの正組合員にはなれませんが、規定の出資金を納めることでJAの「准組合員」となり、JAバンクの利用が可能になるのです。

使い道が自由

JAバンクのカードローンは、使い道が限られている「目的別ローン」ではなく、「使途自由」のローンです。もちろん、限度額の範囲内であれば繰り返し何度でも利用することができます。

カードローンの内容は地域によって異なる

JAバンクのカードローンで注意したい点は、「内容や利用条件が全国共通ではない」点です。JAバンク北海道、長野県JAバンク、JAしまねなどのように、JAバンクは都道府県単位で運営されています。そのため、利用できる方の条件や、金利や融資限度額などの条件が各JAによって異なるのです。
例えば、静岡県の「JA伊豆の国」組合員向けのプレミアムカードローンは、JAバンクの住宅ローンを利用している方だけが申し込める仕組みとなっています。
このように、カードローンの利用を、他のローン利用者や給与振込利用者のみに限定している場合もあります。
また、地域のJAバンクによっては、カードローンそのものの取り扱いがない場合もあります。JAバンクのカードローンを利用したいと考えている場合は、まず最寄りのJAバンクでカードローンの取り扱いがあるかどうかから確認する必要があるでしょう。

JAバンクのカードローンのメリット

電卓

JAバンクのカードローンは、クレジット会社や消費者金融などのカードローンと比較した場合に、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、JAバンクのカードローンが持つメリットについてご紹介します。

上限金利が低い

信販会社や消費者金融が取り扱うカードローンと比較して、なんといっても低金利で利用できる点が、JAバンクのカードローンが持つ最大のメリットです。
大手消費者金融のカードローンといえば、上限金利は18%ぐらいになってしまうことが当たり前。しかし、JAバンクのカードローンの上限金利は、多くのケースで10%以下となっています。
ある程度高い金額を借りる場合や、長く返済期間を設ける場合などは、金利が変わるだけで実際の返済総額が万単位、十万単位で異なってくることも。カードローンをできるだけ低金利で利用したいなら、JAバンクのカードローンはかなり有利といえるかもしれません。

JAバンクのカードローンのデメリット

時計とカレンダー

任意返済できるものが多い、低金利などJAバンクのカードローンには多くのメリットがあります。しかしその反面、人によってはデメリットと感じられる特徴もいくつか挙げられます。
ここでは、JAバンクのカードローンのデメリットについてご紹介します。

融資スピードが遅い

消費者金融のカードローンには、「最短即日融資」など、申し込みから融資まで1~2日という、スピーディーに借り入れを行える商品も多いもの。しかしJAバンクのカードローンは、基本的に申し込みから融資実行まで1~2週間はかかってしまいます。
仮申込はインターネット経由で行えますが、その後の手続きにはJAバンクの窓口に出向く必要がある点も、ハードルが高く感じる要素でしょう。
「融資まで期間がかかっても良いから、低金利のローンを利用したい」という方は、これらの要素は特に気にならないかもしれません。しかし、忙しい方などで「すぐにローンを利用したい!」と思っている場合には、これらの要素はデメリットといえるでしょう。

最低金利が高い場合がある

上限金利が低いことがJAバンクのカードローンの特徴ですが、最低金利においてはその限りではありません。銀行などのカードローンを良い条件で利用できる方の場合は、JAバンクのカードローンより銀行カードローンの方が低金利で利用できる可能性もあります。

ATM手数料がかかる場合がある

ATMでカードローンの借り入れや返済を行う場合、所定のATM手数料がかかりますが、ろうきんなど一部の他金融機関では、ATM手数料のキャッシュバックサービスが付いている場合も。JAバンクのカードローンではそれらのサービスが付加されていないため、利用のたびにATM手数料がかかってしまう場合もあります。

JAカードローンの審査は厳しい?

考える男性

カードローンを利用したい方の中には、審査に関する情報を知りたい方も多いでしょう。
個人信用情報に関する審査内容はどの金融機関でも変わりませんが、申し込み条件なども審査の1つと考えるなら、金融機関によって基準にばらつきがあります。
ここでは、JAバンクのカードローンの審査についてご紹介します。

申し込み基準や審査基準も地域によって異なる

JAバンクのカードローンの申し込み条件や審査の基準は、地域ごとのJAバンクによって意外に大きく異なります。また、申し込みの際に勤続年数や収入によって契約条件が細かく変わる点も特徴です。

【例:「JAバンク福岡市」のカードローンの場合】

申込者の年齢や勤続年数、収入条件によって利用限度額が変わります

例えば「JA組合員、年収300~500万円、勤続3年以上」の方の場合、カードローンの契約金額(利用限度額)は「100万円」です。
年収が「500~700万円」になると、契約金額は「200万円」に変わります。

つまり、勤続年数3年以上でJA組合員、年収400万円の方が「契約金額200万円でカードローンを利用したい」場合、申し込みを受理してもらえません。
契約金額を100万円まで落とさなければ、申し込み自体ができないということになってしまうのです。

消費者金融や銀行カードローンと比べると厳しい

消費者金融や銀行のカードローンは、基本的に「安定した収入の有無」「属性」、そして「個人信用情報」「現在の取引状況」などを加味して審査を行います。
しかし、JAバンクのカードローンは勤続年数や年収(収入)、雇用形態、業種・職種、会社規模(社員数)などを細かくチェックして、融資の可否や条件を決めています。また、JAの組合員であるか否かによって保証料の金額や融資条件が異なる場合も。

JAバンクのカードローンは、審査そのものに加え、申し込み条件の段階から融資に関する判断に細かな確認事項があるため、審査は全般的に厳しめと考えて良いでしょう。

審査にかかる時間が長い

消費者金融のカードローンの中には、ネットで申し込みをすれば時間単位ですぐに審査の回答が返ってくるものもあります。しかし、先にも述べましたが、JAバンクのカードローンは申し込みから融資までの期間が「1~2週間」と長めです。

JAカードローンの審査が通らないときの対処法

ノートパソコンの前で考える女性

申し込み条件や審査に関して「厳しい」とされているJAバンクのカードローンですから、場合によっては審査に通らない、あるいは申し込みができなかったというケースもあり得ます。
ここでは、もしJAバンクのカードローンの審査に通過できなかった場合、どのように対処すれば良いかについてご紹介します。

申し込み内容を確認する

JAバンクのカードローンは、インターネット経由で仮審査を行うことができます。その際、審査に落ちる要素がないはずなのに通過しなかった場合は、虚偽申請を疑われて審査落ちしている可能性もあります。仮審査ならやり直しができますから、入力内容を確認し直してもう一度仮審査を申し込んでみましょう。

利用限度額を少なく設定する

JAバンクのカードローンは、勤続年数や年収によって利用限度額が変わってくるものも多くなります。そのため設定した利用限度額が多いと、融資そのものに関する判断に問題はなくても仮審査に通らない可能性があります。
年収相応の借入額の方が審査に通りやすくなるため、利用限度額は低めに設定するのがポイントです。審査では他の金融機関を含めた借入総額を審査されるため、他の金融機関から借り入れを行っている場合は借入総額を検討するようにしましょう。

消費者金融カードローンの利用を検討する

審査の通過うんぬん以前に「仮審査をネットで申し込み、その後窓口で相談してから申し込み……」というステップを、煩わしいと感じる方は多いかもしれません。そのような場合には、初めから消費者金融のカードローンを検討することをおすすめします。
消費者金融のカードローンなら審査スピードが速いので、「すぐにお金を借りたい」という場合には特におすすめです。

すぐにお金を借りたいならJAバンクのカードローンより消費者金融のカードローンがおすすめ

今回は、JAバンクのカードローンの金利やメリット・デメリット、審査について、そして審査が通らないときの対処法などをご紹介しました。
JAバンクのカードローンは、基本的に「日頃からJAと付き合いの深い方」におすすめのカードローンであることが分かります。
低金利である点や、繰り上げ返済などの融通を利かせやすい点は大きなメリットですから、「家が農家で、子どもの頃からJAと関わりが深い」という方は大いに利用を検討する余地があるといえそうです。
一方、「融資をすぐに行ってほしい」「JAバンクの店舗が近くになく、申し込みに出向くことが難しい」という方の場合は、消費者金融のカードローンなど別の手段を検討することをおすすめします。

大山 敏和
大山 敏和

CFP(R)認定者/社会保険労務士/年金アドバイザー
アクシス社会保険労務士事務所代表

2014年8月CFP(R)認定、ファイナンシャルプランナーとしてお客様個人の資産状況分析、および資産形成・運用ノウハウのアドバイスならびにご提案を長期ライフプランとして提示。将来、老齢年金受給世代になったときに豊かに暮らせるライフプランの構築をターゲットに現役世代から見据えるライフストラテジーの確立を応援している。

© カードローンQ All Rights Reserved.