闇金(ヤミ金融)からお金を借りるとどうなる?取り立ての手口とは

闇金(ヤミ金融)からお金を借りるとどうなる?取り立ての手口とは

お金を眺める男性の模型

闇金(ヤミ金融)業者の取り立ての手口とは

お金を借りたくてもなかなかクレジットやローンの審査に通らないとなると、審査があまり厳しくないとされる知名度の低い金融業者でお金を借りようと思う方は多いはずです。

しかしながら、それらの金融業者の中には「闇金(ヤミ金融)」と呼ばれる、いわゆる悪徳金貸し業者がいる場合もあります。大抵は闇金であることを知らずに借金してしまうため、優良な街の金融業者との見分け方も知っておきましょう。

また、そのような金融業者からお金を借りてしまうと、思わぬリスクを背負うケースもあるため要注意です。

今回は、闇金(ニセサラ金・ニセ街金など)の種類や特徴、取り立ての方法や借りてしまった場合の対処法などについてご紹介します。

闇金(ヤミ金融)とは?

硬貨をつかもうとする手

闇金(ヤミ金融)とは、貸金業者としての登録を行わず違法な金利設定や取り立てをする「悪徳金融業者」ともいわれる業者を指します。

「闇金に一度でもお金を借りてしまうと、その後の人生が破綻してしまう」とはよくいわれるように、利用するメリットはほぼなく、多くの場合にあるのは生活破壊リスクのみです。

唯一利点があるとすれば「ブラックリストに載ってしまった方(自己破産者を含め)や、どこの金融機関からもお金を借りられない状況の方にも、すぐお金を貸してくれるところ」くらいでしょう。

闇金を利用してしまう方は、お金が必要だがどうしても借りることができず、正常な判断が難しくなってしまいついつい手を出してしまうという状況に陥っているケースが大半です。 そういった状況で冷静になることは本当に難しいかもしれません。

しかし、そんな状況であっても闇金からお金を借りることは避けたほうが良いのです。

闇金(ヤミ金融)の種類

白い豚の貯金箱の中に紛れた黒い豚の貯金箱

当然ですが、闇金はそもそも「わたしたちは闇金です」と看板を出して営業しているわけではありません。周囲にその正体を知らせることなく暗躍しているからこそ「闇金」と呼ばれるのです。闇金は多くの場合、一般的な貸金業とは異なる方法でお金を貸そうとします。

以下で、闇金の主な種類についてご紹介します。多くの種類があるため、「違法な手口でお金を儲ける方法がこれだけあるのか」とその実態に驚くかもしれません。

俗にいう「高利貸し(トイチ・トニ等)」

現代に限らず古くから行われてきた、ある意味伝統的ともいえるお金の貸し方です。

「トイチ」は「10日間の利息が1割(10%)」、「トニ」は「10日間の利息が2割(20%)」という意味で、どう考えても一般的な貸金業が設定して良い金利ではありません。

このように、高額のお金を簡単に貸してくれる代わりに、すぐに返済しなければどんどん金利を釣り上げていくという方式で、客から多額のお金をむしり取ろうとします。

詐欺まがいの「闇金とグルの紹介屋」

こちらもかなり以前から問題視されてきた闇金の手口で、融資をいったん断った相手に対して「ここではお貸しできませんが、貸してくれそうな他の業者さんを知っています」などと他社(闇金)を紹介します。その「紹介料や仲介料」という名目で、客から手数料(比較的高額)を取るのです。もちろん、紹介先の業者で確実にお金が借りられるということもありませんから、客はただ損をするだけというケースになってしまうことが多いといえます。

大損?あぶない「車金融」

車(マイカーなど)を担保にしてお金を貸し、返済されれば担保から解除するという一見常識的に見えるお金の貸し方です。これだけなら一般的な金融業者でも取り扱っているまっとうな方法ですが、闇金の車金融はそうはいきません。

車を担保として設定してお金を貸すのではなく、買い取ってお金を支払う形になります。車の所有権は闇金業者のものとなってしまい、必然的に持ち主はリースという形で乗り続けることを強いられてしまうのです。しかも、売却金額は実際の相場よりかなり安くなってしまう場合がほとんど。泣く泣く車を売ったのに、まったく生活が楽にならないという出口のない悪循環に陥ってしまいます。大切なマイカーが火の車にならないように注意しましょう。

ついうっかりの「090金融」

090金融は、闇金の代表格ともいわれる存在。090といわれているのは、「連絡先の電話番号が携帯番号のみ」だからです。貸金業者として登録するには固定電話の番号が絶対に必要ですから、電話番号を見れば闇金業者であることが一目瞭然であることがあります。

しかし、お金に困って冷静になれなくなった方の中には「携帯番号の業者=闇金ならすぐ借りられる」と、つい手を出してしまうケースもあるのも現実。090金融には一定の需要があるといえなくはない点は皮肉なところです。

「クレジットカードを現金化」業者

広告などで、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」とうたっている業者を見かけたことがあるかもしれません。カードのキャッシング枠を使い果たして現金を借りられない多重債務者には、このうたい文句が助け舟のように感じられるのも仕方のないことかもしれません。

手口としては、闇金業者が指定した商品をカードで購入させ、それを買い取って代金を支払うことでお金を貸す方法です。最近では、購入するものは物品に限らず、ほぼ実態がわからないろくでもない商材などとなっているケースもあります。

大抵は手数料の名目で買取金額の何割かがぼったくり業者に差し引かれて搾り取られ、客に支払われる金額は微々たるものになる場合がほとんどです。

闇金(ヤミ金融)からお金を借りるとどうなる?

豚の貯金箱の奪い合い

闇金とはいっても、いきなり高圧的な対応をされたり、訪ねて来てすぐに怖そうな方が現れたりすることはありません。それは一昔前までのイメージで、今ではマニュアル化されてお金を貸すところまでは極めて親切・親身にふるまってくれるケースがほとんどです。

しかし、闇金だけにいつまでも親切ということはありません。いったんお金を借りると、さまざまな手口で客からさらにお金を奪い取ろうとします。

完済させないように妨害を受ける場合がある

お金の返済を断るイメージ

闇金業者は、返済期日が来てもあらゆる理由を付けてお金を受け取らなかったり、返済したはずなのに他の理由をでっち上げてはさらに金銭を要求してきたりすることがあります。

よくあるケースでは、以下のような悪質な方法をとられる場合があります。

  • 「返済するなら返済日前の○時~△時までに電話連絡をすること」と言っておきながらその電話には一切出ず、返済できない状態にする
  • 口座の入金に上限があるため、今は返済を受け付けていないと突っぱねる
  • 指定した振込人名義と異なる名義のため、お金を振り込んでも返済したことにならないと言われる(この場合、事前に名義の指定すらされていないことがほとんど)

闇金業者のこれらの行為は全て違法ですので、けして後ろめたさは持たないようにしましょう。

嫌がらせをされる場合がある

座り込んで悩む男性

借りたお金を返済できない状態になると、さまざまな方法で嫌がらせをしてくる闇金業者も少なくありません。こちらもマニュアル化されているのか無言電話や職場への迷惑電話、自宅に勝手に出前を注文されるなど、執拗に迷惑行為に及んでくる場合があります。

一方的に「押し貸し」、「カラ貸し」をされる場合がある

宙を舞う紙幣

闇金業者が返済に応じてくれたとしても、それだけでは済まない場合があります。「きちんと返済してくれる優良顧客なので、さらに融資枠を拡大します」などと上手に言って、勝手に口座へお金を振り込んでくるなどの「押し貸し」をしてくる場合もあるのです。

また、借りてもいないお金を勝手に借りたことにされて返済を迫ってくる「カラ貸し」という騙し行為をされるケースもあります。カラ貸しに遭ってうっかりお金を支払ってしまうと、その先何度も支払いを要求されてしまうため、支払わないよう注意しましょう。

闇金(ヤミ金融)の取り立ての手口とは?

電話をしながら怪しく笑う男性

「闇金にお金を借りると取り立てが怖い」とはよく耳にしますよね。たしかに闇金自体が違法業者ですから、取り立て方でも違法行為に及んでくる可能性があります。こうしたケースでは弁護士料の支払いが困難でも対応が可能な弁護士に相談しましょう。また、違法行為に遭遇した場合は警察にも相談してください。

それでは次に、闇金業者が行う代表的な取り立ての手口についてご紹介します。

とにかくしつこく電話してくる

1日に何度も電話をかけてくるだけでなく、かかってきた電話に応対してからでも、さらに何度も電話をかけてきてはさまざまな言いがかりを付けてきます。お金を借りた方だけでなく、保証人を立てた場合などはその保証人に対しても督促の電話が頻繁にかかってくることも……。

本来そのような電話には一切出ないことが最善策なのですが、いつまでも電話が鳴り続けることで近所迷惑にもなるなど精神的な苦痛を招くため、ついには出てしまう、ということも考えられます。

この場合は、電話番号を変更するなどが1つの対策になるでしょう。

夜討ち・朝駆けをしてくる

本来、21時~8時の時間帯には借金の督促を行ってはいけないことになっています。しかし、闇金業者はそれを無視して深夜や早朝に電話をしてくることがあります。

また、電話にとどまらず、深夜や早朝に不審な人が家を訪ねてくるケースもあります。ただし、家の中にまで押しかけてくることはあまりありません。実際に訪問するというよりは、家の周りを徘徊したり見張ったりする様子を見せながらプレッシャーをかけてくる行動が主体になっているようです。

しかし、ご近所にも迷惑をかけることにつながりますし、債務者への心理的重圧(怖さなど)は実際に押しかけられる行為よりもかえって強くなります。こちらも違法行為に変わりはありません。

複数人で自宅を訪問してくる

本来、集金行為は1人が訪ねてくれば済むはずです。しかし、闇金業者の場合は明らかに相手を脅すために、時には風体の良くない男性が複数人で債務者を訪問し、その上「完済するまで帰らない」と居座りをされるケースもあります。本来これは違法行為にあたります。

しかし、闇金業者はお金に困った方の弱みにつけこんで、このような禁止行為(違法行為)に平気で及んでくるため注意してください。

張り紙をする

返済を迫る文句を書いた紙を家に勝手に張るなどの嫌がらせも行われます。ひどい場合はお金の貸し借りに関する内容に限らず、単なる誹謗中傷の言葉だけを書き連ねた紙を何枚も張られてしまうことも。エスカレートすると玄関や窓が埋め尽くされるほど、たくさんの張り紙を張られてしまうケースもあります。

これも本来は貸金業法違反にあたりますが、闇金はそもそも違法業者ですからお構いなしといったところなのでしょう。

これらの行為は不法行為であり建造物損壊罪(刑法)や器物損壊罪(軽犯罪法)・名誉毀損罪(刑法)に触れる行為ともなる可能性があります。

家族の職場や学校に電話をかけてくる

(連帯)保証人でなくても配偶者の職場をはじめ、子供の学校にまで嫌がらせの電話をかけてくるケースもあります。実際に訪問することにはコストがかかりますから、まずは電話による取り立てから優先して行うケースが多いようです。

また、これで満足しなければ、まったく関係のないご近所の方などにまで電話をかけて嫌がらせをしてくることもあります。もとよりカモにした客の周辺からでも取り立てる計画があるからでしょう。こちらも違法行為には変わりはありません。

職場へ押しかけてくる

債務者の勤務先へは、本来督促の電話・訪問ともに貸金業法で禁止されています。しかし、闇金業者は職場などに押しかけて嫌がらせをしてくることがあります。こうなると、債務者はその職場にいることさえ難しくなってしまいます。これらの行為が続くことにより債務者が職を失ってしまえば、結果的に返済が難しくなります。このためこのような行為は違法として禁止されているわけです。

しかし、お金さえ巻き上げられればいい闇金業者にとっては返済してくれない方がより都合が良い場合もあってか、構わずに違法行為を繰り返してきます。

無理やり車に乗せて連れ去る

もっともひどいケースでは、闇金業者の車に乗せられて身内や知人・友人の家や職場を連れ回されることもあります。

まず先に闇金業者が自宅を訪問し、保証人でなくても家族や親族・知り合いに電話を次々とかけさせ「お金を貸してくれ」と頼ませます。そして話がまとまった先に車で連れていかれ、訪問先でそのまま借りたお金を回収するというとんでもない手口です。

これも、債務者が自分の借金で周りのさまざまな人に迷惑をかけているという負い目から強く出られないことにつけこんだ手段の1つです。

無理やり車に乗せられて強制的にお金を借りさせられるという行為自体の恐怖感もさることながら、借りた相手への負い目や人間関係がこじれてしまうことへの恐怖感も大きくなります。こちらも犯罪(逮捕・監禁罪)といえるでしょう。

闇金(ヤミ金融)業者かどうかをよく確認することが大切

今回は、闇金(ヤミ金融)業者の特徴や種類、貸付の特徴や取り立ての手口などについてご紹介しました。

闇金といわれている業者であっても、一見一般的な金融業者を装うなど見分けが付かないことがあり、ついお金を借りてしまう方も少なくありません。しかし、お金に困ったからといって一度借りてしまうと、さらに事態を悪化させる、出口の見えない悪循環に陥ってしまう可能性が非常に高いです。

こうした闇金であるかどうかを見分けるには、貸金業として登録されている業者であることを確かめることがもっとも確実です。登録番号が掲載されていても偽物の場合があるため、それだけで信用せずに金融庁ホームページなどできちんと検索し、登録番号に虚偽や間違いがないことを確かめましょう。

正しい貸金業者として営業していない金融業者は闇金業者であると判断し、何があっても絶対に手を出さないことが大原則です。

闇金などの悪徳業者に被害を受けた場合には、警察に被害届を出す他、弁護士会では法律扶助協会など無料の相談も可能となっていますのでためらわずに相談をしましょう。

木村 正人
木村 正人

ファイナンシャル・プランナ-、CFP®、GLGカウンシルメンバ-
FP1-オフイス21 代表(http://fp1-office21.com/)

ライフプラン&マネ-に関するコンサルティングから金融・財務など法人まで、コンサルティングを行う。全国信用組合月刊誌、みずほリサーチ&コンサルティング専門書、そのほか「一般・経営者」向けコラムなど原稿執筆実績あり。

© カードローンQ All Rights Reserved.