家族カードとは?審査はある?クレジットカードの「家族カード」について

家族カードとは?審査はある?クレジットカードの「家族カード」について

クレジットカードの「家族カード」とは?申込方法と審査について

クレジットカードの「家族カード」とは?申込方法と審査について

クレジットカードは、ネットショッピングや普段の買い物などで利用することが多く、生活に欠かせないものとなっています。ただし、安定した収入のない専業主婦や学生がクレジットカードの申し込みをしようと思っても、審査に通るのか不安になるのも仕方がありません。

そのような場合は、すでに家族が利用しているクレジットカードの「家族カード」を申し込むと良いでしょう。今回は、家族カードの特徴や申込方法、審査についてご紹介します。

クレジットカードの「家族カード」とは?

クレジットカードの「家族カード」とは?

家族カードは、クレジットカードを持つ本会員の家族に発行されるクレジットカードのことです。家族カードであっても、本会員と同様のサービスを受けることができます。家族カードの対象となる人はそれぞれのカード会社で異なりますが、一般的には、本会員と生計を同一にしている配偶者、親、高校生を除く満18歳以上の子どもが対象です。

そもそもクレジットカードを持つには、契約者本人が安定した収入を得ていることが重要になります。しかし、収入の少ない主婦(主夫)や大学生などでも、日常生活を送っていく中でクレジットカードが必要となるケースも少なくありません。そのような場合には家族カードが便利です。家族カードなら本会員と同様にカードを利用でき、優待サービスといった特典もほぼ同じように受けられるので利用を検討すると良いでしょう。

ただし、クレジットカードによっては家族カードの発行を行っていない場合もあります。そこでまずは、安定収入のある家族が持っているクレジットカードに、家族カードのサービスがあるかどうかを調べてみましょう。

家族カードの年会費についてですが、無料で発行可能なもの、1枚目は無料で2枚目から料金がかかるものなどタイプはさまざまです。とはいえ、家族カードの年会費は本会員の費用よりは安くなっていますので、カードを個別で所持するよりも年会費の節約ができます。

特に、年会費が高いゴールドカードでは付帯サービスが充実していますので、無料で家族カードが作れるのならかなりお得だといえるでしょう。ただし、家族カードは1家族あたりの発行枚数に制限があるため注意してください。また、本会員が学生の場合は、通常家族カードを申し込むことはできません。

家族カードの審査は厳しい?

家族カードの申し込みをする場合、まずは、本会員であるカード会社の申込基準を確認しましょう。家族カードは、本会員のカードを追加発行するという扱いですので、追加申し込みの家族に対しての審査は行わない場合がほとんどです。審査が実施されたとしても厳しくないため、収入の少ない方でも家族カードへの申し込みなら、安心して行えるでしょう。特に、本会員として審査に通過するのが難しいと思われるケースにおいて、家族カードに申し込めばクレジットカードを持つことができます。

ただし、本会員の方に支払いの延滞や住所変更の連絡漏れといった問題があると、家族カードが発行されない可能性が考えられます。また、追加申し込みの家族の方が、過去に著しい延滞や破産の記録などがある場合にも、家族カードの発行が難しいこともあります。

これは、カードの利用状況や申し込みをした記録が一定期間、個人信用情報機関に登録されているためです。クレジットカードを利用する際には、普段から口座残高が不足しないように注意するなど、適正な利用を心がけておくことが大切です。

家族カードを申し込むことが多いケースとは

家族カードを利用した後の引き落とし口座は、基本的には本会員名義の口座からになります。また、利用明細も家族まとめて発行されますので、家計管理がしやすくポイントも貯まりやすいでしょう。このような家族カードの特徴から、家族カードをおすすめできるケースについて、具体例とともに挙げてみます。

一人暮らしの大学生の子どもがいる

一人暮らしの大学生の子どもがいる

家族カードを申し込むことができる家族の条件は、「生計を同一にする家族」とされています。生計を同一にするという条件ですが、必ずしも同居している必要はありません。離れて暮らしている大学生の子どもに、生活費や学費を仕送りしている場合は家計が一緒になりますので、家族カードの発行は可能でしょう。

学費やサークル活動などに使うお金を家族カードの支払いにすれば、送金の手間も省けます。また、明細を見れば子どもが何にお金を使っているかの把握ができ、現金を仕送りするよりも管理がしやすいというメリットも。ただし、「同居していること」が家族カード発行の条件になっている場合は発行できませんので注意しましょう。

高校生では通常のクレジットカードはもちろん、家族カードの発行もできません。しかし、海外留学などでクレジットカードが必要になることもあるでしょう。そのような場合は、所定の同意書を提出することで家族カードの発行が認められるケースがあります。高校生の子どもにクレジットカードを持たせたいとお考えのときは、一度カード会社に問い合わせてはいかがでしょうか。

家族カードで家計管理を楽にしたい

家族カードで家計管理を楽にしたい

家族が家族カードで利用した分は、まとめて本会員の口座から引き落としされ、明細もまとめて届くため家計管理がしやすくなります。また、年会費も割安であることから、家族が別々にカードを持つよりもお得です。そして、家族の目が入ることで「使いすぎ」を防げるというメリットもあります。

家族カードでポイントを効率的に貯めて利用したい

家族カードでポイントを効率的に貯めて利用したい

クレジットカードのポイントは、利用額に応じて1,000円で1ポイント、あるいは100円で1ポイントというように、貯まる割合が決まっています。ポイントが貯まると景品に交換したり、航空会社系のカードだとマイルに交換して旅行に利用したりできるので、ポイントを目的にクレジットカードを利用する方も多いでしょう。

ただし、ポイントには有効期限があることが多く、あまり利用しないカードだとポイント交換の最低単位に届かないまま、期限切れでポイントが失効してしまうケースもあります。家族カードでしたらポイントをまとめられますし、貯めたポイントが無駄になりません。

ゴールドカードをお得に利用したい

ゴールドカードをお得に利用したい

ステータスや付帯サービスが魅力的なゴールドカードは、その分年会費も高くなりますし、収入の安定性や属性などの入会審査も厳しくなります。しかし、家族カードなら本会員の付属カードとして発行されるので、家族の収入は少なくても問題ありません。

さらに、家族カードの年会費は無料または割安ですし、クレジットカード会員用の空港ラウンジが無料で利用できたり、充実した海外旅行保険がついていたりと、本会員と変わらないサービスを受けられます。

家族カードの申込方法について

家族カードは、本会員がクレジットカードを申し込む際に同時に作るか、発行済のカードに追加で申し込むか、いずれかの方法です。クレジットカード会社に問い合わせれば、家族カード専用の申込書を自宅に郵送してくれます。

また、クレジットカード会社のホームページから申込書をダウンロード印刷して、記入したものを郵送するケースや、ネット申し込みが可能なケースもあります。同時に複数枚の家族カードを申し込むことも可能です。

家族カードで貯めたポイントは、自動的に本会員のポイントに合算されます。ただし、航空系のクレジットカード会社でマイルを家族で合算したい場合には、別途、家族プログラムなどへの加入申し込みが必要な場合もあります。

家族カードのメリット

本会員の家族に追加で発行される、家族カードのメリットをまとめてみます。

請求が1つにまとまるので管理がしやすい

請求が1つにまとまるので管理がしやすい

例えば、夫婦で別々の名義のカードを持っていると、夫の給与が振り込まれる口座と、普段の買い物を担当している妻の引落し口座が別々になっているため、毎月のように、カードで利用した金額を引き落とし口座に入金しなければならないという手間がかかってしまいます。

その点、夫が本会員になっている家族カードだと、利用金額は夫に一括で請求され、夫の給与振り込み口座から引き落とされますので、お金を移動する必要もなく、家計管理もしやすくなるというメリットがあります。また、離れて暮らす子どもに家族カードを持たせている場合などでは、何にお金を使ったか把握しやすく便利です。

家族カードでポイントが効率的に貯められる

家族カードの年会費は無料だったり、本会員より安かったりするのですが、ポイントの貯まり方は本会員と同じというクレジットカードがほとんどです。家族カードのポイントは本会員に一括して貯まりますので、貯まる前に有効期限が切れてポイントが無駄になるということも少なくなります。

家族でも本会員と同様のサービスを受けられる

家族カードは、学生や専業主婦(主夫)などの収入が少ない家族でも、本会員の収入が安定していれば発行されます。安定した収入がなくても持つことができるクレジットカードもありますが、家族カードなら年会費無料で発行可能なクレジットカードも少なくありません。あえて別にカードを作る必要がないのなら、管理しやすい家族カードを選んでも良いでしょう。

家族カードのデメリット

メリットばかりに思える家族カードですが、デメリットといえる部分もあります。

家族カード利用は本会員の限度額の範囲に限られる

家族カードの限度額は、本会員の利用限度額の範囲内に限られます。そのため、何か特別大きな買い物をしたり、出費がかさんだりすると限度額に達してしまい、それ以上利用できなくなってしまうことも考えられます。自分がカードをあまり利用していなくても、家族の誰かが使い過ぎていると、カードを使いたいときに使えないケースも出てくるかもしれません。そのようなときは限度額を引き上げてもらうか、家族ごとに利用して良い金額を事前に決めておくと良いでしょう。

クレジットカードを何に使ったか家族に知られてしまう

家族カードを利用すると、本会員にまとめて一括請求されますので、請求明細を見れば何にお金を使ったのか細かいところまでわかってしまいます。家計管理がしやすいというメリットはありますが、お金の使い道をあまり干渉されたくない場合は、逆にデメリットに感じてしまうかもしれません。クレジットカードによっては、Web明細にして本会員しか内容を確認できないように変更できるタイプもあります。

家族のクレジットヒストリーが育たない

家族のクレジットヒストリーが育たない

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの契約状況や利用実績のことで、新たにクレジットカードや各種ローンを申し込む際の審査にも利用される情報です。家族カードは、本会員に継続的に安定した収入があれば発行されますので、学生で収入が少なかったり、就職して間もなかったりする場合でも、実質的な審査を受けることなくクレジットカードを持てるところがメリットです。

逆にいえば、家族カードを利用しても本会員の利用実績として記録されるため、家族はいつまでたっても自分のクレジットヒストリーを育てることができないということになります。ライフスタイルに応じて自動車ローンや住宅ローンを利用する可能性があるなら、若いうちに自分名義のクレジットカードを持ち、利用実績を積んでクレジットヒストリーを育てておくほうが良い場合もあります。

クレジットカードと家族カードを賢く使い分けよう

今回は、家族カードの特徴や申込方法、審査についてご紹介しました。

年会費が無料、または格安で発行される家族カードは、審査も通りやすいうえに本会員と同様のサービスを受けられます。さらに、利用額は本会員に一括請求されますので家計管理がしやすく、ポイントも効率的に貯められるなどのメリットがあり、その利便性は高いでしょう。

その一方で家族カードは、本会員の限度額の範囲内でしか利用ができません。大きな買い物をするときや出費がかさむ時期には、利用が制限されてしまう可能性もあります。また、本会員に請求明細が届くことから、何にお金を使ったのか家族に知られてしまうかもしれません。

以上のことから、家族が共通して使うものに対しては家族カードで支払い、その他の個人的な買い物には、個人で持っているクレジットカードを使う、という利用方法なら家族カードのメリットを生かせるでしょう。家族カードをうまく使いこなしながら、クレジットカードをよりお得に利用してください。

水野 圭子
水野 圭子

CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランナー技能士
株式会社K’sプランニング 代表取締役社長
一般社団法人あんしんLifeコミュニティ 代表理事

大手損害保険会社で事務企画や本店営業を経験後に2010年にFPとして独立。女性の視点も踏まえたお金のノウハウをセミナーや企業研修にて延べ3,000人以上の方々に伝授。家計相談を中心とした個別相談やマネー情報等の執筆でも活動中。
著書:「小学生にもわかるお金のそもそも事典」

© カードローンQ All Rights Reserved.