職場バレしちゃう?カードローンの在籍確認の電話について

職場バレしちゃう?カードローンの在籍確認の電話について

カードローンの在籍確認の電話についてカードローンを利用する場合は、まずは審査に通る必要があります。その審査のときに行われるのが在籍確認の電話です。申し込みで申請した職場に申請者が在籍しているのか、本当に申請者本人による申し込みであるかを確かめるため、金融機関は職場や自宅に電話を掛けます。

そのため、「カードローンを使ってみたいけど、電話が掛かってきて職場に知られたくない」という理由で、カードローンの申し込みをためらっている方もいるかもしれません。それでは、カードローンを申し込むと、本当に職場にバレてしまうのでしょうか。

そこで今回は、カードローンの在籍確認の電話について詳しくご紹介します。

カードローンを利用する際の在籍確認とは?

在籍確認とは?

在籍確認はカードローン審査の入り口です。つまり、審査の1過程ですが、その他の記載に問題がなければ、すぐに申込書記載の内容を確認するための連絡が入ります。通常、家族や友人、そして会社には知られたくないものです。

会社(申込書に記入した勤務先)には、「申請者は本当にこの会社に勤めているのか?」という、原則として電話での確認があります。〇〇クレジットですとか名乗られることはなくとも、たとえ個人名であっても不安なものです。また、在籍確認と言っても職場だけではありません。自宅にも連絡が入ります。自宅に電話するのは、在宅する本人が本当に申し込みをしたかどうかの「意思確認」をするためです。

カードローンで在籍確認は必ずあるの?

在籍確認に不安を感じる方もいるとは思いますが、電話による在籍確認をしないクレジットカード会社もあります。ただし、「そもそも電話による在籍確認が不要の会社」と「今回は利用額も大きくないのでしないという会社」では少し違います。つまり、後者の場合は、利用限度額が大きくなれば、電話による在籍確認があります。

ただし、電話による在籍確認を行わない場合でも、別の方法で在籍確認を行うことはあるため、注意が必要です。

ノンバンク系カードローンの場合

ノンバンク系カードローンの場合

在籍確認が嫌だという方は、ノンバンク系のカードローンに申し込むという手があります。ノンバンク系とは、信販系も含めたクレジット会社や消費者金融のことです。

人にもよりますが、「平日は会社に出勤して、土日祝日は休み」という方が多いと思います。したがって、通常は平日でなければ職場への電話による在籍確認はできません。

つまり、「すべてWeb(スマホやPC)で手続き可能、土日祝日に30分で審査完了」というキャッチコピーなどを見ても分かるように、手続きの際は電話による在籍確認はなく、Webで完結(ただし、通帳・本人確認書類などをWeb上でアップロード)します。

銀行系カードローンの場合

銀行系であれば在籍確認は必須ですが、〇〇銀行ですと名乗られたとしても、それがすぐにカードローンの利用に直結するとは誰も思いません。昨今では個人のプライバシーが配慮され、銀行系カードローンでも個人名での電話確認が主流です。これは、カードローンの保証会社(信販系や消費者金融系)が電話を掛けるためです。

また、銀行系カードローンでのネット申し込みで銀行本体よりの電話が掛かってくるのは、ローンが承認された場合です。否決の場合は通常書面での郵送となります。

ただし、借り換えやおまとめローンの場合は、ノンバンク・銀行系問わず、在宅確認と在籍確認の両方が必須です。

カードローンの在籍確認の電話内容

貸金業法でも個人のプライバシーには規制(保護)をかけています。ノンバンクなどからの電話連絡が個人名で来るのは、こうした規制への配慮があるからです。さて、実際どのような内容で電話が来るのでしょうか。

カードローンの在籍確認の具体例(本人が電話に出た場合)

在籍確認の会話
在籍確認の具体例(本人が電話に出た場合)

審査担当者:○○様でいらっしゃいますね。

申込者:はい、私です。(「はい、○○です」がベター)

審査担当者:〇〇クレジットの〇〇です。このたびは当社カードローンにお申し込みいただきありがとうございます」

申込者:はい、どうも。(「はい、ご連絡ありがとうございます」がベター)

審査担当者:この電話にて(在宅/在籍)確認が取れましたので、このまま審査を進めさせていただきます。お時間をお取りいただきありがとうございました。

申込者:はい、よろしく。(「はい、よろしくお願いします」がベター)

以上のような具合で、在籍確認は1~2分で確認は終了します。

ここで大事なポイントは、「利用申込者本人が申込書記載の電話口に出て、その本人が申し込みをしたのか?」の確認です。最低「はい」というあいづちは必須です。「今の誰」などの同僚などの問いに対応できるよう、ご自分に合った対処方法を準備しておきましょう。

カードローンの在籍確認で職場バレしないために

職場バレしないための対処法

80歳の方や専業主婦、学生など、幅広い世代で利用されているカードローンですが、自動車ローンなど目的別ローンで断られてカードローンを申し込まれた方もいます。ご家族に対する思いやりやご自身のプライドなどもあり、できればカードローンの利用を知られたくないという方も多いのではないでしょうか。

例えば、無人機にて申し込む場合でも在籍確認はあります。やはり、カードローンの申し込みをした直後には、早めに「在宅・在籍」確認があるものと覚悟して、「留守・不在」は避けたいところです。不在で何度も連絡を受けることはNGです。申込時に申し送りが可能であれば、時間指定や個人名での在籍確認などを意思表示しておきましょう。

【1】電話番号を自分が電話に出やすい番号に設定

正社員・準社員もしくは直接雇用のアルバイト・パートさんの場合

カードローンの申込書には、「世間体を気にして会社の代表番号を記載する」などは不要です。自分が申告した電話に出られること、もしくは最低この会社に在籍しているのかを確認できさえすれば良いのです。

内線まで入れても、まずその電話に出られない場所に常にいるのであれば、代表電話(もしくは総務課など)を記載しておきましょう。

カードローン会社の担当者が電話した場合に「今、〇〇におります。折り返すように伝えましょうか」と社内の人間が答えるだけでも、カードローンの利用申込者がその会社に在籍していることが分かります。したがって、これでも在籍確認には十分です。電話(この場合内線はなお良い)に出られるのであれば、その時間帯を告げておきましょう。

派遣会社にお勤めの方の場合

派遣の場合は、派遣会社の所定の部署が窓口のところもあり、そちらを利用するしか方法がない場合もあるでしょう。派遣先への直接の電話はNGでもあるからです。最低、在籍していることが分かれば良いわけです。

この場合、実際にお仕事をされている派遣先の会社にはバレません。派遣会社にも個人名での確認となります。派遣会社は、在籍確認の電話であることに気付くかもしれません。しかし、電話が掛かってくる部署は派遣社員の方と常に関わりがある部署ではないため、このことが広く知られる可能性は低いでしょう。

他社に常駐の方の場合

また、派遣会社にお勤めでなくても、他の会社に常駐している場合も、似たようなケースが起こります。在籍を確認できる本社などの電話番号が良い場合もあるでしょう。ご自分が電話口に出やすい場合は常駐先の電話番号を伝えておきます。そうでない場合は本社の電話番号(代表・総務課なども)も検討しましょう。

【2】在籍確認のないカードローンを利用する

信販系や消費者金融系の中には、電話での在籍確認の代わりに、Web上で所定の書類のアップロードなど別の方法があったり、場合によっては確認方法の相談に乗ってくれたりするところもあります。銀行系の場合は、さすがに在籍確認がないところはありません。在籍確認の電話があると考えて、次のような言い訳を考えておきましょう。

カードローンの在籍確認時の言い訳

会社の人などへの言い訳対策

銀行系のカードローンの場合、銀行からの電話と言えば大丈夫です。ただし、今は銀行系の場合でも、まず保証会社からの個人名での電話となります。銀行から個人名で電話が来ていることが知られても、銀行系の「クレジットカードやデビットカード申し込みの確認」などの言い訳で切り抜けることができます。

スマホなどWebで申し込み、審査の段階で在籍確認ができれば、後は郵便物も送ってこないようにできるカードローンもあります。ただし、その在籍確認については念押しが必要です。職場でなくて家庭にも時間指定と個人名で掛けてもらえるように伝えておきましょう。

それでも、たまたま同僚や家族が近くにいたり、尋ねられたりすることがないとも限りません。得てしてこういうときに限って遭遇するものです。こうしたときにバレることを防ぐには、少しは言い訳の準備が必要かもしれません。

それでは、もっと良い言い訳はないでしょうか?以下では、もっと掘り下げてみましょう。

【1】仕事で知り合った、もしくは友人に紹介された人からの電話

会社で「今の誰?」と尋ねられた場合

「友人の知り合いが銀行員で、ノルマがあるみたいなんです。マイカーローンや住宅ローンをすすめられて・・・枠取りだけでもと言うので、カードローンに申し込みました」

注意すべきポイントは、誰から電話が掛かって来たのかを詳しく言わないことです。名前を尋ねられたら、「名前はよく覚えていない」と答えましょう。

自宅で「今の誰?」と尋ねられた場合
自宅で「今の誰?」と尋ねられた場合

「仕事先で紹介してもらった方で、名前は忘れてしまった」

「仕事先で知り合った銀行員から、どうしてもカードを作ってほしいと言われて、断り切れなくて作ってしまった」

ポイントは、自然体で繕わないことです。「そうそう、後で電話するって言っていた」と伝えておくと、電話が掛かって来ても不信感を抱かれずに済みます。

 

【2】買い物用のクレジットカードの電話

昔と違い、クレジットカードの利用は当たり前で、今やキャッシュレスの時代になりつつあります。スーパーやコンビニでもサインレスで利用可能です。また、携帯電話料金の支払いにもデビットカードが使えます。これらは言い訳に使えます。

会社で「今の誰?」と尋ねられた場合
自宅で尋ねられた場合

「ネット銀行のクレカを作ったんです」

「ネットで買い物をしたら、電話が掛かってきました」

 

自宅で「今の誰?」と尋ねられた場合

「ネットオークションのことでの電話よ。」

「会社の同僚に頼まれてカードを作っただけ。」

「デビットカードを作っただけなの。預金がなければ使えないから安心して。」

友人や会社からの電話は携帯電話に掛かってくるでしょう。申し込みの際に自宅の固定電話の番号を伝えていて、自宅に電話が掛かってきた場合は不審に思われる可能性があります。そういった場合、上記のように答えるのがおすすめです。

【3】知らない方からの電話

会社で「今の誰?」と尋ねられた場合

会社にセールスの電話が掛かってくることもあります。利殖商品の勧誘(もうすぐ値上がりしそうな商品)や資格講座の勧誘(今、申し込むと無試験で資格がもらえる学習教材など)、あるいは「○○学校の後輩です」など、業者が何らかの名簿を手に入れて電話を掛けて来るわけですから、言い訳の1つに使えます。

ただし、「化粧品会社の人」など、同僚が興味を引きそうな言い訳はNGです。「どこの会社のどんな化粧品?」など、説明を求められやすいからです。

自宅で「今の誰?」と尋ねられた場合

「業者が携帯料金(もしくは電気料金)を値引き(安く)するから、サービスに加入してほしいんだって」

万が一カードローンを申し込んだことがバレた場合、「干渉してほしくない」と答えるのはNGです。「余計な心配をかけたくなかった」という気持ちが伝わるように答えます。

小さなお子さまには分からない話ですので、お子さまに電話のことを聞かれたときはお菓子をあげると良いしょう。お子さんが学校にいる時間帯を指定することも1つの方法です。

在籍確認ありの場合はしっかりと事前対策を

今回は、カードローンの在籍確認の電話についてご紹介しました。

「自分はカードローンを使っていることを周囲に知られるのは嫌だ!」という方もいらっしゃるかとは思います。その場合は、在籍確認のないカードローンを探しましょう。ただし、利用限度額を大きくしたいなどの場合は、より低利のものを手に入れたくなるはずです。

信販系でも在籍確認が不要のものもありますが、銀行系と同様、金利などで有利な商品は在籍確認があるものと覚悟しましょう。カードローンは今や10兆円の市場規模です。身近な方もお互いが知らないだけで、保有している方は意外と多いかもしれません。しかし、職場バレはしたくないものです。カードローンの申し込みの際には事前に対処法を考えておきましょう。

木村 正人

ファイナンシャル・プランナ-、CFP®、GLGカウンシルメンバ-
FP1-オフイス21 代表(http://fp1-office21.com/)

ライフプラン&マネ-に関するコンサルティングから金融・財務など法人まで、コンサルティングを行う。全国信用組合月刊誌、みずほリサーチ&コンサルティング専門書、そのほか「一般・経営者」向けコラムなど原稿執筆実績あり。

© カードローンQ All Rights Reserved.