クレヒスとは?確認する方法や良いクレヒスの作り方

クレヒスとは?確認する方法や良いクレヒスの作り方

クレヒスとは?クレジットカードヒストリーの確認方法と作り方

クレヒスとは?クレジットカードヒストリーの確認方法と作り方

手持ちの現金が少ない場合でも、クレジットカードがあれば買い物ができますし、コンビニやスーパーでも小銭を出さなくても良い手軽さから、クレジットカードを利用する方が増えています。また、クレジットカードを利用するとポイントがつきますので、利用するお店ごとに有利なカードを使い分けている方も多いようです。

このように、私たちの生活にすっかり浸透しているクレジットカードですが、正しい使い方をしなければ、最悪の場合カードを利用できなくなる可能性があります。そこで、意識しておきたいのが「クレヒス」です。

今回は、クレヒスとはどのようなものなのか、また、クレヒスの確認方法や良いクレヒスの作り方についてご紹介します。

クレヒスとは?

クレヒスとは?

クレヒスとは「クレジットヒストリー」の略称で、クレジットカードや割賦販売、各種ローンの契約内容や利用状況の履歴のことです。

利用者がクレジットカードやローンを申し込むと、契約内容やその利用実績などの客観的な情報は、クレジットカードを発行している会社だけでなく、いわゆる「信用情報機関」でも一定期間記録、更新され、必要に応じて参照されます。クレジットカードやローンを契約の際、「個人信用情報機関の利用および登録」に合意しているため、このような信用情報が利用・登録されています。

現在、日本には、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(JBA)の3つの信用情報機関があり、クレジットカード会社や消費者金融などは、いずれかの情報登録機関に登録しています。

クレジットカード会社は、主に株式会社シー・アイ・シー(CIC)に登録している場合が多いようです。日本信用情報機関(JICC)には、クレジットカード会社の他、消費者金融や保証会社なども多く登録していて、全国銀行個人信用情報センター(JBA)には、主に銀行や信用金庫、労働金庫などが登録しています。

クレジットカード会社がクレジットカードやローンの審査を行う場合、カードを発行しても問題ない利用者なのか、利用額はどの程度まで可能か、などの判断基準は、自社内の情報だけでは限界があります。

他社ではどの程度の利用実績があるのか、返済状況はどうかといったことを参照できれば判断もスムーズに進むため、信用情報機関は適正なクレジット契約の実現に大きな役割を果たしています。また、利用者に必要以上の額を貸し出さないことは、多重債務や自己破産の防止にもなります。

クレヒスの種類と登録されている情報

クレジットヒストリーは主に2種類あり、個人信用情報機関に登録されている情報の他に、クレジットカード会社内でも情報を記録、更新して審査に利用しています。

個人信用情報機関のクレヒス

個人信用情報機関のクレヒス

個人信用情報機関に登録されている主な情報は、以下が挙げられます。

  • 本人を特定するための氏名、生年月日などの個人の属性に関するもの
  • クレジットやローンなどを申し込んだ会社名や契約年月日、金額などの契約内容
  • 入金日や入金額、ローンの残債額、完済日などの返済状況に関する情報
  • 債務整理や破産申し立て、クレジットカード会社による契約の強制解除などの取引事実

これらの記録は、契約中および、事実が発生した日または完済日から5年を超えない期間、保有されています(JBAでは破産免責情報は10年保有)。また、クレジットカードやローンの申し込みをした情報も申込日から6カ月残ります。

審査に通らなかったからといって次々に別の会社に申し込みをしても、申込情報はクレヒスに登録されているため、逆に審査が通りにくくなる可能性があります。なお、保有期限を過ぎた情報は自動的に削除されます。

クレジットカード会社のクレヒス

クレジットカード会社においても、会社独自の基準における信用情報が登録され、審査に利用されています。各会社においては情報開示のシステムはありませんので、申込先のクレジットカード会社での情報がどうなっているかはわかりません。

しかし、信用情報機関に登録されている内容と同様のもの、および会社独自の情報が記録されていると考えられます。また、情報の保有期間にも決まりがないため、悪いクレヒスが、個人信用情報機関の保有期限を超えて長い期間保存されていて、審査に影響を与える可能性もあるでしょう。

クレヒスを確認する方法はあるの?

クレヒスを確認する方法はあるの?

信用情報機関のみクレヒスを確認することができます。各社で自分のクレジットヒストリーがどうなっているかを確認したい場合は、信用情報の開示手続きを行えば、確認することが可能です。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)でクレヒスを確認する方法

株式会社シー・アイ・シー(CIC)でのクレヒスの確認方法には、ネット申し込み、郵便申し込み、窓口申し込みの3つがあります。

ネット申し込みはパソコンとスマートフォンの両方から可能です。また、開示結果も画面で即時にわかりますので、早く結果が知りたい場合はネット申し込みが良いでしょう。ネットの開示受付時間は毎日8時から21時45分、手数料は1,000円です。

郵便での申し込みは、開示申込書、免許証などの本人確認書類のコピーを2種類、1,000円分の定額小為替証書が必要です。開示結果は、申し込みから10日程度後に簡易書留・親展で届きます。

窓口開示は平日の10時から12時、および13時から16時の間、全国7カ所のCICの窓口で可能です。本人確認書類と現金500円の手数料が必要で、開示結果はその場で手渡されます。

日本信用情報機構(JICC)でクレヒスを確認する方法

日本信用情報機構(JICC)でのクレヒスの確認方法は、CICと同様、ネット申し込み、郵便申し込み、窓口申し込みの3つがあります。ただし、ネット申し込みはスマートフォンからのみとなり、24時間365日受け付けていますが、開示結果は簡易書留・親展で数日後に届きます。郵送や窓口での開示申し込み方法は、CICとほぼ同じです。

全国銀行個人信用情報センター(JBA)でクレヒスを確認する方法

全国銀行個人信用情報センター(JBA)でのクレヒスの確認方法は、郵送での申し込みのみになっています。開示申込書、免許証などの本人確認書類のコピーを2種類、1,000円分の定額小為替証書が必要です。開示結果は、申し込みから10日程度後に原則、本人限定受取郵便で届きますが、簡易書留・親展を希望することもできます。また、料金を支払えば速達で届けてもらうことも可能です。

クレヒスで確認できる情報は?

信用情報の開示報告書では、クレジットカードやローンなどの契約内容、支払い状況に関する「クレジット情報」、クレジットカードやローンなどを申し込んだ際にクレジット会社が審査のために信用情報を確認した「申込情報」、クレジットカードやローンなどの返済状況や利用状況を調査するためにクレジット会社が審査のために信用情報を確認した「利用記録」を確認できます。

中でも「クレジット情報」では、クレジット会社への「入金状況」が2年間分、記号で表示され、一目でわかるようになっています。また、契約期間中に延滞(返済日から61日以上または、3カ月以上の支払いの遅れ)があると、「返済状況」の欄に「異動」と表示され、延滞が解消した後も保有期限まで情報が残ります。

悪いクレヒスとは?

悪いクレヒスとは?

悪いクレヒスとなる代表的な情報は、返済が長期間遅れている遅延情報や、最悪の場合の自己破産や任意整理などの、債務整理に関する情報です。これらの情報は、「返済状況」の欄に「異動」と表示されるため、異動情報とも呼ばれています。

異動情報は、他にもカード会社が強制的に契約を解除した「契約解除」や保証会社が借金を肩代わりした「代位弁済」というものもあります。これらの異動情報があると、利用者の信頼度が低くなり、新たなクレジットカードやローンを申し込んでも、審査が通過するのはかなり難しいでしょう。

その他に、利用者からクレジット会社への毎月の支払い状況は、2年間分がわかるようになっています。この情報で、長期延滞までにはならなくても、支払いがなかったことや、支払いが一部しかなかったこともわかりますので、2年間の内に入金の遅れが何度もあると、審査に悪い影響を与えることでしょう。

また、クレジットカードの審査申し込みの情報も6カ月間保存されるため、短期間に何度もカードを申し込んでいる情報も、悪いクレヒスになります。さらに、入会のプレゼントキャンペーン目的でカードを作り、あまり利用せず、すぐに解約することを何度も繰り返していると、その情報も悪いクレヒスになります。

利用状況には問題がない場合でも、転居をしたのにクレジットカード会社に住所や連絡先の変更を知らせていない場合、カードの更新ができない場合もあります。

つい、忙しさに紛れてカード会社への連絡を忘れていたとしても、クレジットカード会社にとっては連絡先がわからないというのは大きな問題です。住所や電話番号、勤務先が変わった場合は、必ずクレジットカード会社に連絡をするようにしましょう。新たなカードを申し込んだ場合の審査で、申込書の情報と個人信用情報機関の情報が異なると、審査に時間がかかります。また、審査にも悪い影響を与え、クレジットカードが発行されない恐れもありますので注意しましょう。

悪いクレヒスを解消する方法はあるの?

悪いクレヒスは、一度記録されると、情報が間違っていない限り、訂正・削除ができないので、情報の保有期限が過ぎるまで待つしかありません。ただし、個人信用情報機関に開示請求をし、登録されているクレヒスの情報が間違っている場合は、訂正や削除依頼をすることが可能です。

開示された情報の内容に心当たりがない場合は、情報開示受付日から2カ月以内であれば、個人信用情報機関を通して、登録元のクレジットカード会社に調査依頼をすることができます。調査依頼の受付方法は、個人信用情報機関によって異なるため、問い合わせてみましょう。調査料はかかりません。

クレヒスが事実と異なることがわかれば、登録元の会社が、情報の訂正・削除を行います。調査依頼の結果は、簡易書留・親展や本人限定受取郵便で数週間後に受け取ることが可能です。

良いクレヒスとは?

良いクレヒスとは?

良いクレジットヒストリーとは何かを一言でいえば、継続的にクレジットカードを利用して、きちんと滞りなく返済されていることでしょう。2年間の利用状況に一度も返済が滞ることがなく、また、返済状況の欄にも悪い状況が表示されていないことが一番望ましい状態です。

その他に、短期間に何枚もカードを申し込んでいる形跡もなく、少数の手持ちのクレジットカードを、状況に応じて使い分けているような使い方が理想的だといえます。

良いクレヒスの作り方

良いクレヒスの作り方

必要に応じてクレジットカードを利用し、きちんと返済して利用実績を作っていくことが、良いクレヒスの作り方です。しかし、ただ利用すれば良いというわけではありません。

公共料金など必ず支払うものをクレジットカード払いにしたり、大きな買い物をする際に利用したりすることが理想です。このようにすればメインカードとして利用していることになるため、カードのアップグレードが可能になることもあります。

ただし、気をつけたいのは、2年間の利用状況にカード請求もなく利用された形跡がない場合のクレヒスです。返済が滞るのはもちろん悪いクレヒスになりますが、カードを申し込んでいるのに全く利用していないというのも、良いクレヒスとはいえません。利用する予定もないのに、短期間にむやみにクレジットカードを申し込んでいると、審査の際に良い印象を与えませんので注意しましょう。

クレヒスを意識してクレジットカードを使おう

クレヒスを意識してクレジットカードを使おう

今回は、クレヒスの確認方法や良いクレヒスの作り方についてご紹介しました。

普段何気なく利用しているクレジットカード。クレヒスに悪い影響を与えることを意識していないために、うっかりミスで銀行口座の残高不足でクレジットカードが未払いになっていたり、住所変更などを伝えていなかったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

普段の買い物だけではなく、ネットショッピングや海外旅行など、クレジットカードがなくては困る場面も増えています。クレジットカードにも、旅行保険がついているものや、ポイント優遇や割引サービスがついているものなど、上手に利用すれば、生活が便利で豊かになるものがたくさんあります。

今後、自分が使いたいカードの審査に通るためには、良いクレヒスがあるかどうかが重要になってきます。カードを利用する際は、良い利用実績を作っていくことを意識するようにしましょう。

水野 圭子
水野 圭子

CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランナー技能士
株式会社K’sプランニング 代表取締役社長
一般社団法人あんしんLifeコミュニティ 代表理事

大手損害保険会社で事務企画や本店営業を経験後に2010年にFPとして独立。女性の視点も踏まえたお金のノウハウをセミナーや企業研修にて延べ3,000人以上の方々に伝授。家計相談を中心とした個別相談やマネー情報等の執筆でも活動中。
著書:「小学生にもわかるお金のそもそも事典」

© カードローンQ All Rights Reserved.