クレジットカードのサイン(署名)はどう書く?漢字と英語どっちがいい?

クレジットカードのサイン(署名)はどう書く?漢字と英語どっちがいい?

クレジットカードのキャッシング

漢字と英語はどっちがおすすめ?クレジットカードのサインの書き方

現金の持ち合わせがない場合、クレジットカードはキャッシュレスで便利ですが、高額な買い物となるとサインを求められます

外国へ行った経験がある方からすれば、トラベラーズチェック(旅行小切手)に始まり、サインは当たり前に思うのではないでしょうか。しかし、日本は外国ほどサインをすることが一般的ではないため、初めてクレジットカードを利用される方の中には、どのようにサインをすれ良いのか、戸惑ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、クレジットカードのサイン(署名)の書き方や、クレジットカードにサインが必要な理由についてご紹介します。

クレジットカードのサイン(署名)は漢字でも英語でも良い?

クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードのサインには制約がないため、自由に決めることができます。極端な話、ひらがな名やカタカナ名でも良いのです。

ただし、海外旅行で使用する見込みのカードであれば、パスポートとの確認はされるため、サインはパスポートに合わせておいたほうが無難といえます。

海外旅行で使われているトラベラーズチェック(いわゆるT/C)などを使用した経験がある方はご存じでしょうが、シグネチャーサインの記入がない場合には、使用(支払い)に応じてくれません

この場合は相手の前でカウンターサインをして、パスポートとの確認もされます。国内へ帰還して、国際空港や地元の銀行などで余ったT/Cを日本円に戻すときも同じです。

銀行で本人確認が必要とされるのと同様に、外国の場合は、国際免許証でもない限り、パスポートのサインで確認されます。外国へ行く場合は、不正使用から身を守るだけでなく、国際社会の一員としてもクレジットカードへのサインは重要なものといえます。

サインレスのクレジットカードの場合は、配偶者のどちらか1つのカードでも、ついつい夫婦間で共有して使用してしまいがちです。突然サインを求められると自分の名前を書いてしまうこともあるでしょう。店員さんもカード裏面とサインを正確に確認せずに通してしまうことが頻繁に起こっています。

これは、不正使用とならなければ何ら問題となりません。ただし、事が起こるとサインの重要性を思いしらされるでしょう。

間違えてサインした場合はどうする?

クレジットカードのキャッシングの利用方法

間違えてサインをしてしまった場合、加盟店の店員さんに間違えた旨を申し出ると、やり直してもらえます

利用者の方が間違えたことに気が付かなければ、不正使用でない限りは、加盟店に指摘をしてもらえないことも考えられます。

高額な買い物をして、サインが名字だけの場合などは、レシートは加盟店(保管部署)が一定期間保管しているため、後日追加でサインを求められることがあるかも知れません。

ただしサインは極端な話、絵文字や◯や✕などの記号でも良い訳です。また、大手の食品売り場などではサインレスの時代です。

高額な買い物でない場合は、加盟店の店員さんは間違いを指摘しない可能性もあります。加盟店の店員さんは、レジ操作の際に、他の業務に気をとられてしまい、裏のサインを正確に確認できずに、見落としてしまうケースも考えられます。

例えば、ご主人のクレジットカードで奥さまが買い物をする際は、サインレスのレジでは、サインの確認が行われません。サインが必要なレジであっても、本人以外の方がサインをした場合でも、店員さんは見落としてしまうことが大いに起こり得るのです。

しかし、本人以外の方がクレジットカードを使用することは、厳密には規約違反に該当します。ご家族で1つのクレジットカード(複数のカードでも同じ)を利用している場合、サインが違っていても規約違反となり、損害が補償されません

家庭内でも個々のカード管理は重要です。サインレスで夫婦が相互に使っている場合でも同様です。

クレジットカードでJRなどの切符を購入する場合、サインおよび暗証番号で二重のチェックが行われます。男性がサインをするケースで、男性名であれば疑われません。この場合、たとえ親子や兄弟であっても、暗証番号で二重チェックをしている訳です。

ただし、この暗証番号でも生年月日など推測されやすい場合は注意が必要です。これはご家族間でなくても損害補償は否となるケースもあります。

例えば、親子などご家族間でもこれが悪意のある不正使用となれば、事は一変するでしょう。ご家族間のトラブルについては、カードの不正使用分であっても、損害補償の適用はありません。

なお、クレジットカード会社から加盟店に対してチェック漏れを厳しく指摘されるケースもあります。大手ではない限り、加盟店獲得も結構大変なので多くは起こらない事案ですが、カードの不正使用が度重なると、加盟店での取り扱いができなくなる場合も当然あります。

筆跡鑑定については、各会社の事情で相当高額の場合でない限り実施されないようです。

また、悪質な場合や裁判などの状況次第で、利用者側にもクレジットカードの利用停止が相当と判断されるなどの措置がとられることもあります。

利用者の使用履歴は調べられるため、日頃からサインが正しくできていない場合は、筆跡鑑定で不利になるため避けたいところです。サインの上手下手ではなく、きちんとしたサインをしているかどうかが重要となります。

悪用されやすいのは漢字?英語?

クレジットカードのキャッシングの返済方法

外国人の場合はアルファベットを日常的に使用しているため、英語で崩してサインしますが、これは外国人の特有のケースです。使用するサインに独特のアクセントが施されているのは、他人がマネをすることを防ぐ効果があるからです。

また、外国人が日本人のように漢字でサインをすることは至難の業でしょう。

日本人の場合は、漢字とひらがなが混合した、唯一の国であるところから、安全面を踏まえて、クレジットカードには外国人がマネをしやすいローマ字などを避けることをおすすめします。

ただし、現代はグローバル社会でもあり、海外で利用するクレジットカードの場合、字を書くのが達筆な方は、英語で挑戦するのも良いでしょう。なお、このケースでは、パスポートのサインも変えることがポイントとなります。通常、海外での利用時には、本人のサインをパスポートのサインで確認をしているからです。

不正防止を考えると、日本人の場合は漢字でサインすると、外国人がマネをすることが難しいため、不正使用防止という観点では漢字を選ぶことが無難といえます。これは、海外での利用にとどまらず、日本国内でもいえることです。

相当達筆なサインを何度でもできる方を除いては、紛失や盗難で不正に使用されたケースでは、不正使用による損害補償を受ける場合に、「このサインは明らかに自分のサインではない」との判定に際して有利といえます。

この他にも、外国人の窃盗団などに、海外で使用されてしまうなど不正使用される金額が高額になる可能性もあるため、日本人であれば漢字の方がサインとしては有効といえます。

なお、日本人でなくても、中国人の方でも漢字を書くことができるため、姓は漢字、名前はひらがななど、ご自身が書きやすく、他人がマネしにくいサインにすると良いでしょう。

ただし、ご自身が書きづらいサインはやはりNGです。国内の利用でもマニュアルに忠実な加盟店の店員さんもいます。

また、海外での利用時は特に、「このサインではカードが使用できません」という場合もあるのです。慌ててサインした場合でも、何を書いているのか判定できないようなサインも同様にNGです。時間も無駄ですが、加盟店のお店にも疑いの目で見られてしまいます。これほどサインは大切といえるのです。

字は下手でも構わないのですが、クレジットカードのサインは、丁寧なサインを書くように心がけましょう

クレジットカードにサイン(署名)が必要な理由

クレジットカードでキャッシングする際の注意点

クレジットカードへのサインは、「あなたが購入した商品の代金をあなたのクレジットカードにて決済してもよろしいですか?」の問いに、カード支払い(債務)を認めるためにするものです。

また、現金の場合にはサインは求められませんが、クレジットカードの場合は本人確認のためにサインを求められます。サインの上手下手に関係なく、そのサインが本人のものであるかどうかが重要です。

海外旅行などで使用されるカードについては、パスポートのサインに合わせるようにしましょう。それが嫌な方はパスポートのサインを改めましょう。それほど国際的にもサインは重要なものなのです。

クレジットカードのキャッシング利用期間と支払日

カードがお手元に届いた場合には、ローマ字名やカードの番号、有効期限を確認して裏面にはできるだけ漢字でサインをしておきましょう。

日本人の場合、契約書などを提出する場合は印鑑が多く、芸能人でもない限りは普段サインをすることはないでしょう。

そのため、サインが不慣れで、苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただし、このサインが実は重要なものとなります。サインをする行為自体が、取引を認めたことの証明になるからです。

また、犯罪防止の抑止力として登場したICチップを施したクレジットカードは偽造が難しくなってはいますが、今のところサインや暗証番号の入力といったダブルチェックが重要です。

クレジットカードのサインは、使用者責任をハッキリさせます。従って、カード裏面にサインがない場合は、不正使用をされたとしても盗難保険から除外されてしまうケースもあるのです。また、利用する際にはサインを間違ったり、サイン自体を忘れたりしないように用心しましょう。

ちなみに、クレジットカードの利用が多いネット通販を利用する際にご経験された方も多いと思いますが、決済画面で入力するセキュリテイーコードも、サインと同じ本人確認の一種です。

将来クレジットカードのサイン(署名)はなくなる?

将来クレジットカードのサインはなくなる?

携帯電話の端末の進化により、いわゆる「おサイフケータイ」が登場しました。

通信系などでは、先払いのプリペイド方式もありますが、ついに後払い方式が可能となりました。それは、個人の特定には効果的だと考える大手通信事業会社が提供する、電子マネーを使った2種類の「iD決済」です。

1つはiDを設定した「おサイフケータイ」で、もう1つはiD機能付きの通信系のクレジットカードとなります。コンビニで「アイディ」払いといえば対応してくれます。

従来の磁気ストライプを施したカードの場合、スキミングといって、いとも容易に個人情報が盗み取られることが問題となりました。

世界の観光客に日本の安全性をアピール

そこで登場したのがICチップ付きのクレジットカードです。キャッシュレス化を模索する経済産業省は、東京五輪(2020年)までに全量クレジットカードのIC化を発表しています。

確かにIC化でもスキミング対策には十分ではありませんが、世界中の来客に、安心の日本をアピールできるでしょう。

ICは、導入コスト面で割高となるため、政府主導の動きはクレジットカード各会社にとっても追い風となります。政府主導の全量IC化によって、犯罪が激減するなどセキュリテイー面での効果は大きいといえます。

これに加えて、AIやIOTが目を見張る勢いで日本経済を変えようとしています。経済界に敏感な銀行などが決済システムを大きく変化させていく兆候が見えるでしょう。

クレジットカードを利用する際のサインレス化は当然やってきます。

今や国内のクレジットカードの発行総数は3億枚を超えて増え続けていますが、「銀行系・流通系・信販系」の3つがその大半を占めている訳です。サインレス化はこうした系列の会社の動向によって、一気に加速するかも知れません。

やはりサインはトラブルの原因にもなるため、技術革新により、将来サインがなくなる可能性は十分にありえます。また、コンビニなどでキャッシュレス化が現実になる場合は、ATMも不要となるでしょう。

クレジットカードのサイン(署名)は印鑑と同じくらい大切

クレジットカードを利用すると返済義務の伴うお金、つまりローン同様債務が発生します。

キャッシュレスの場合は即時ですが、高額なものなどは利用時にサインを求められるでしょう。

提示されたレシートなどに記載された商品名・金額などを確認の上でサインをしますと、商品などの購入に際して当該クレジットカードで支払うことを認めたことになります。

銀行のローンなどを申し込む場合、使用するサインについて軽く考えず印鑑と同じように大切に扱いましょう。

木村 正人
木村 正人

ファイナンシャル・プランナ-、CFP®、GLGカウンシルメンバ-
FP1-オフイス21 代表(http://fp1-office21.com/)

ライフプラン&マネ-に関するコンサルティングから金融・財務など法人まで、コンサルティングを行う。全国信用組合月刊誌、みずほリサーチ&コンサルティング専門書、そのほか「一般・経営者」向けコラムなど原稿執筆実績あり。

© カードローンQ All Rights Reserved.