カードローン利用履歴はクレジットカード審査に影響する?

カードローン利用履歴はクレジットカード審査に影響する?

カードの利用明細書

クレジットカードの審査にカードローンの過去の利用実績は影響する?

「クレジットカードとカードローンって違うの?」「カードローンを利用していると、クレジットカードを作るとき審査が厳しくなるの?」など、カードローンに関する疑問をお持ちではありませんか?そもそも、クレジットカードのキャッシング機能があればカードローンは必要ないと考えている方もいるかもしれません。
そこで今回は、カードローンとは何か、クレジットカードとどう違うのか、またそれらの利用によるローン・クレジット審査への影響についてご紹介します。カードローンの利用を検討中の方や、住宅や自動車などの高額ローンを考えていて、審査を少しでも有利にしたいとお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンといわれても、クレジットカードと何が違うのか分からないという方もいるでしょう。そんな方のために、まずはカードローンとクレジットカードの違いについて簡単にご説明します。

カードローンとは、ローン(キャッシング)のみを利用できるカードを指します。クレジットカードのようにお買い物や公共料金の支払いなどに、ローンカードを使うことはできません。
また、カードローンはクレジットカードと比較して、利用限度額が高くなることが一般的です。クレジットカードは100万円ほどの限度額であっても、カードローンだと500万円程度まで限度額が設けられていることもあります。

申込時の審査基準は、クレジットカードとカードローンでほぼ差はありません。申込者の属性(年齢や勤続年数、家族構成や居住形態など)と信用情報などで判断される点は同じです。ただし、限度額の差やカードローンは「無担保融資」にあたることなどから、審査への通過はカードローンのほうが若干難しいといわれています。

カードローンの利用がクレジットカード審査に与える影響

クレジットカード

クレジットカードを新しく作ろうと考えている方なら、「カードローンはクレジットカードを作るとき、審査に影響するのか」という点は気になるはずです。ここでは、カードローンを利用しているとクレジットカードの審査へ影響はあるのかについて、ご紹介します。

複数の借り入れがあるとクレジットカード審査に悪い影響が出ることも

よくいわれていることとして、「カードローンの利用履歴があると、クレジットカードの審査に悪い影響がある」という説があります。しかし、これは厳密にいうと正しくはありません。カードローンの利用履歴があっても残高がない場合や少ない場合は、クレジットカードの審査にそれほど悪い影響はないでしょう。どんなクレジットやローンの審査においても「現在の借入額」を必ず確認します。それが0円か少ないなら、あまり大きな心配はありません。

ただし、カードローンの借入残高が多い場合や、複数のカードローンを並行して利用しており、現在も複数の借り入れを抱えている状況であれば審査上問題視されます。特に複数のカードローンで借り入れ中の場合、支払い能力に関して疑問を持たれることが多いので、審査では不利になることがあります。

カードローン利用中にクレジットカードの申し込みをすると総量規制に引っかかる可能性がある

カードローンでの借入額は、クレジットカードを作る際の審査に影響すると述べましたが、クレジットカードのショッピング枠ではなくキャッシング枠の審査に「総量規制」の面で影響を与える可能性もあります。
ちなみに総量規制とは、個人の借入残高の総額が「年収の3分の1」まで制限を受けることを指しています。カードローンの残高は現在ある借入金として総量規制に影響しますから、その分クレジットカードの利用限度額が低くなってしまう可能性があります。

したがって、クレジットカードの新規申し込みのタイミングは、カードローンの利用中を避けることが望ましいでしょう。

カードローンの残高がまだある状況でクレジットカードの新規申し込みをすると、審査自体には通過できてもキャッシングの利用限度額が低く抑えられる可能性があります。

クレジットカードの利用がカードローン審査に与える影響

では逆に、「クレジットカードの利用中には、カードローンを申し込まないほうが良いのか?」という点が気になってくる方も多いはずです。ここでは、クレジットカードの利用や借入残高がカードローンの審査に影響を与えるのか見ていきます。

クレジットカードのキャッシング枠があるとカードローン審査に影響が出る

小さな秤とたくさんの硬貨

カードローンの残高は「総量規制」の対象となるため、クレジットカードを申し込むときの審査において、キャッシング利用限度額に影響するかもしれないと先に述べました。それと同様に、やはりクレジットカードのキャッシング枠があるとカードローンの審査に影響する可能性があります。

もし、クレジットカードを持っていてキャッシング機能が付いているのにまったく利用していない場合は、カードローンの申し込みに備えてキャッシング枠を「0円」にしておく方法もあります。キャッシング枠があるだけで審査に通らなくなることは避けたいところですから、カード会社へ連絡したりカード会社のWebサイトから手続きしたりするなどの方法で、クレジットカードのキャッシング機能をなくしておくという手もあるでしょう。

リボ払いの残高がある場合もカードローン審査に悪影響!

リボ払いのイメージ

クレジットカードのショッピング枠の利用分については、カードローンの審査に影響することはまずありません。ただし、それは1回払いや通常の分割払いの場合で、リボ払いに高額の残高があると、カードローンの審査に影響する可能性があります。
これは、カードローンの利用分を返済する際の方式に、主に「リボ払い」が採用されているためです。リボ払いでの返済を、同時進行で複数抱えることはリスクが大きいと判断するカード会社も少なくありません。そのため、カードローンの利用を検討しているなら、クレジットカードでのリボ払いは極力避けておいた方が無難といえるでしょう。

クレジットカードの支払いに滞納・延滞履歴があると審査に影響する

カレンダーと2枚のクレジットカード

先にご説明した通り、クレジットカードもカードローンも審査の方式や手順に特に変わりはありません。そのため、クレジットカードをこれまで利用してきた中で、滞納や支払い遅れなどのトラブルを経験してきた場合には、カードローンの審査も当然不利になることが考えられます。

インターネットなどで調べると「請求日から61日を経過していなければ延滞扱いにはならない」と書かれている情報をよく見ます。しかし実際のところ、クレジット会社によっては通常の支払日に引き落としができなかった時点で、利用者にネガティブな評価を下すケースもあるといわれています。

いずれにせよ、カードローンの申し込みに限らず社会的信用を損なわないためにも、クレジットカードの支払いは先延ばししないに越したことはありません。

カードローンやクレジットカードの利用が他のローン審査に与える影響

カードローンとクレジットカードは双方の申込時において、既存カードの利用状況次第では審査に影響する可能性があることをご説明しました。ところで、クレジットカード・カードローン以外の各種ローンについても、やはり審査に影響を与えることがあるのでしょうか。ここでは、カードローンおよびクレジットカードの利用状況が他の各種ローンで審査に影響する可能性について見ていきましょう。

キャッシングしていると住宅ローンの審査に通らない?!

住宅模型を見ながら電卓を操作する男性

「キャッシング(このケースではクレジットカードのキャッシング枠の利用とカードローンの利用の両方を指します)を利用していると、住宅ローン審査に不利になる」という噂を耳にしたことはありませんか?
「キャッシング利用歴は住宅ローンに悪影響」という風説は、基本的には当てはまらないといえます。キャッシングを利用していても、期日内にきちんと返済ができていれば逆に信用できる顧客であるとみなされる可能性もあるからです。

ただし、複数のクレジット・ローン会社でキャッシングの残高を抱えているような状況の場合は、あまり審査に関して良い影響はないと考えられます。キャッシング履歴において住宅ローン審査でネガティブ評価をされる可能性があるケースは、以下の通りです。

  • 申し込み時点での残高が多い
  • 複数のクレジット・ローン会社に残高がある
  • 近い過去に返済を延滞したことがある

これら以外のケース、例えば、「残高が少なく、これまでも滞りなく返済できている」「すでに延滞なく完済できている」などの場合、それほど悪影響はないといえるでしょう。

ただし、カードローンの契約を現在実行中の場合は、例外的に住宅ローンの審査へ影響する可能性があります。先に述べた通りカードローンは「無担保融資」に該当するため、借入残高が0円であっても「利用限度額いっぱいの与信枠を抱えている」と判断される場合があるからです。
したがって、住宅ローンの申し込みを控えているなら、現在使っていないカードローンなどは解約しておくことが望ましいといえます。

クレジットカードの延滞履歴は住宅ローン審査に影響する?

住宅ローン審査のイメージ

クレジットカードの支払いに延滞履歴があれば、確実に住宅ローン審査に悪影響を与えます。ただし、もしクレジットカードの支払いをきちんと済ませているなら、むしろ審査に良い影響を与える可能性のほうが大きいでしょう。

支払いの延滞について気をつけたいのは、「何日延滞すれば信用情報に影響するのか」が分かりにくいという点です。一般的に個人信用情報に延滞歴が付けられるのは、支払日から61日経過後という定説があります。
しかし、カード会社によっては1日でも支払いが遅れることを何度か繰り返すと、「途上与信」と呼ばれる利用者の再評価を行う場合があります。それ次第で、そのカード会社にとっての「不良顧客」とみなされ、支払いが61日以上遅れることがなくても評価が下がる可能性もあるのです。

住宅ローンに限らず、この先新たなローンやクレジットの契約をする可能性が少しでもあるなら、それに備えてクレジットカードなどの支払い遅延は可能な限り避けるようにしましょう。

住宅ローン申込時に、過去の借り入れについて指摘があったら?

こちらに向かって指を指す、スーツ姿の男性

住宅ローンは、高額の借入金を長期間かけて返済していくものです。利用者の方はもちろん、お金を貸し出す側にとっても金融事故や貸し倒れなどの事態は避けなければならないことでしょう。そのため、審査においてもかなり時間をかけて慎重に行います。

現在のクレジット・ローンの利用状況に問題がなかったとしても、過去に借り入れを行った履歴について指摘を受ける可能性も考えられます。そのような場合には、きちんと借り入れを行った経緯や理由について正直に回答するのがベストです。
その上で、現在はそのような借り入れを行う予定や可能性がほぼないこと、現状クレジットやローンの返済は問題なく続けられていて、今後もそれに変わりはないことなどをきちんと説明しましょう。

参考までに、住宅ローンの審査時に信用情報や属性以外で確認されやすいポイントについて以下にご紹介します。

  • 現在の借入件数
  • 借り入れがある場合の借入先がどこか
  • 借り入れを行った主な理由
  • 借入先の利用限度額および借り入れた時点での金額、現在の残高と月々の支払額

カードローンとクレジットカードは賢く計画的に利用しよう

今回は、カードローンやクレジットカードの違いをはじめ、各カードの利用が他のクレジットやローンの審査に及ぼす影響などについてご紹介しました。

カードローンやクレジットカードを利用すれば必ずしも審査に悪影響があるとは限りません。むしろ、計画的な利用と返済を継続的に続けられる利用者は、「カードローンやクレジットカードの利用歴がまったくない」という利用者よりも高く評価されることもあります。

カードローンやクレジットカードは、賢く計画的に利用することでとても便利で頼もしい存在になります。「このローンを申し込むには、これらのことに気をつけよう」「クレジットカードを作るなら、やっておくことと避けるべきことを知っておこう」など、ポイントを押さえた上で、カードローンやクレジットカードと仲良く付き合っていきましょう。

新井 智美
新井 智美

トータルマネーコンサルタント/CFP(R)認定者/第一級ファイナンシャルプラン二ング技能士
(資産設計提案業務)/DC(確定拠出年金)プランナー/住宅ローンアドバイザー/証券外務員

30歳を機に苦手だった経済分野を克服したいという思いから、ファイナンシャル・プランナーの勉強を始める。2006年11月 卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格、CFP資格を取得すると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。
主に個人を相手にお金に関する相談、及び提案設計業務を提供するとともに、資産運用講師なども手掛ける。

© カードローンQ All Rights Reserved.