年収いくらからブラックカードが持てる?取得条件や特典の例をご紹介

年収いくらからブラックカードが持てる?取得条件や特典の例をご紹介

ブラックカードが持てる年収はいくら?取得条件や特典の例をご紹介

ブラックカードが持てる年収はいくら?取得条件や特典の例をご紹介

クレジットカードには、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなど、さまざまな種類があります。比較的なじみのあるゴールドカードクラスになると、空港でのラウンジが無料で使えるなど、上級クラスのステータスを得られます。

一方、プラチナカードやブラックカードとなると、なかなか目にする機会は少ないのではないでしょうか?私自身、プラチナカードの所有者を目にしたことはありますが、ブラックカードの持ち主とお会いしたことはいまだかつてありません。

また、そもそもブラックカードは年収いくらから持てるのか、特別な条件などがあるのか、意外と知らない方が多いと思います。

そこで今回は、ブラックカードを持つことができる条件や、ブラックカードで受けられる特典についてご紹介します。

そもそもブラックカードってなに?

ブラックカードと聞くと、利用限度額がないハイステータスなカード、というイメージを抱く方が多いでしょう。確かに、ブラックカードがハイステータスのクレジットカードであることは事実です。しかし、ブラックカードを利用している方全員が、利用限度額を無限に設定されているわけではありません。ブラックカードの限度額は、カード会社や利用者の保有財産などによって異なります。

ブラックカードの年会費は?

ブラックカードの年会費は?

ブラックカードの年会費は、カード会社によって異なります。一番安い年会費は、楽天ブラックカードの3万円(税抜き)です。高い年会費だと、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの35万円(税抜き)となっています。しかし、これはあくまでも2年目からの金額であり、初年度に支払う金額は年会費・入会費合わせて100万円近くになります。

年会費・入会費無料のクレジットカードが存在していることを考えると、想像しにくい金額でしょう。しかしその分、他のカードにはないさまざまな特典や、ブラックカードを所持しているという最高のステータスが得られます。

現在発行されている主なブラックカードは?

  • JCB「ザ・クラスカード」
  • アメリカン・エキスプレス「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」
  • 楽天グループ「楽天ブラックカード」
  • スルガ銀行「VISA Infiniteカード」
  • ダイナースクラブ「プレミアムカード」

ちなみに、カード会社とは別に存在するブラックカードがあります。

中でも有名なのは、「ポルシェカード」といわれる、ポルシェのオーナーだけが所有できるブラックカードがあります。ポルシェカードは、ポルシェの所有者であることに加えて、「20歳以上であること(学生は不可)」が取得条件となります。年会費は2万円(税抜き)と比較的安価に設定されています。

ポルシェの購入が必須ではありますが、多くの優待プログラムが存在するので、年会費の安い「ポルシェカード」をブラックカードとして所持するのも良いでしょう。

ブラックカードの取得条件とは?

ブラックカードの取得条件とは?

ブラックカードは、基本的には招待された方しか入会することができません。カード会社が招待制を採用しているということは、招待を受けた時点でカード審査に通過していることになります。

どのような人物が選ばれるかというと、「ブラックカードを持つにふさわしい利用者」です。

万が一、ブラックカードを所有した方がカード事故を起こすと、カード会社の信用問題にかかわるため、カード会社は信頼できる方かどうかを見極めます。中でも、「カード会社の大口利用者」「お金を正しく使ってくれる方」「経済的な基盤がしっかりしている方」が、カード会社から信頼を得やすいでしょう。

他にも、ブラックカードの取得条件には、以下のようなものが挙げられます。

年収

年収

一般的にブラックカードの取得に必要な年収は、1,000万円~2,000万円といわれています。

ブラックカードの種類によっては、年収500万円でも取得できたという話を聞きますが、高い年会費を払いながらブラックカードを持っていても、宝の持ち腐れになりかねません。そのため、ブラックカードを十分に使いこなせるだけの経済力は必要といえます。

信用情報

信用情報

ブラックカードはステータスの高いカードであるため、利用者の信用情報はかなり厳しくチェックされます。例えば、過去に犯罪歴がないか、カード情報に事故歴はないか、社会的に問題を起こしていないかなど、総合的に判断されます。

また、多くのカード会社が重視していることは、「毎月延滞することなく、期日を守って支払いできている」という点です。ブラックカードを所有するために大切なポイントは、「確実な返済能力があること」「十分な信用情報があること」といえます。

利用実績

カード会社に申告する年収は、あくまで自己申告制です。そのため、カード会社が審査の目安の1つにしているものは、「クレジットカードの利用実績」になります。利用実績の視点から見ると、ほとんどのカード会社が「年間利用実績300万円以上」をうたっています。そればかりか、年齢制限(○○歳以上)や「自家所有」などを条件に挙げているケースもあるでしょう。

また、年収500万円前後の方が、ブラックカードを所有できた事例があるのは、ゴールドカードでの利用実績が評価されたためと考えられます。

もちろん、ゴールドカードにも審査はありますが、比較的通過しやすいため、所持している方が多いようです。ゴールドカードを長期間利用しており、延滞や未払いなどのカード事故がない方や、利用実績が信用されている方は、年収が低くてもブラックカードの招待をカード会社から受けられる可能性があります。

ブラックカードにはどんな特典があるの?

ブラックカードの特典は、各カード会社によってさまざまです。例えば、先ほどお伝えした、年会費がもっとも高いアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードでは、以下の特典があります。

  • 専用のコンシェルジュデスクがある
  • カードによっては利用限度額が無制限
  • 飛行機に乗る際のアップグレード
  • ホテルに宿泊する際のアップグレード
  • 海外旅行時の手厚い保険
  • 国際線の手荷物の配送無料
  • レストランやショップでのサービス

ブラックカードには、以上のような特典やサービスがあります。より具体的に見ていきましょう。

専用コンシェルジュ

専用コンシェルジュ

専用コンシェルジュは、多くのブラックカードで付与されている特典です。

ブラックカードの利用者専任のコンシェルジュが、ホテルやレストランの予約、家族や恋人へのプレゼント手配、その他細かな相談など、24時間365日体制で対応しています。

各カード会社によって年会費は異なりますが、その会費で秘書もしくは執事を雇う感覚と思えば納得のサービスといえます。

利用限度額が無制限

ブラックカードを発行しているカード会社によりますが、利用限度額に制限がないタイプがあります。それと同時に、ブラックカードを利用した分のポイントが、無制限に付与されることも魅力の1つです。

例えば、マイルも無制限にためることができるため、旅行時にためたマイルを使ってビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードすることが可能です。

なお、楽天ブラックカードは、限度額が最大1,000万円までとなります。ブラックカードの利用限度額は、カード会社によって異なるため、利用規約を確認するようにしましょう。

空港利用など旅行時のサービス

空港利用など旅行時のサービス

旅行時のサービスは、ブラックカードを発行している、ほぼすべてのカード会社で受けることができる特典です。

空港ラウンジのVIPルームが使えたり、飛行機の座席をアップグレードできたりします。ラウンジサービスについては、契約者本人だけでなく、契約者の家族も同様に利用することが可能です。

また、電話1本でプライベートジェット機をチャーターしてくれたり、プライベートジェット機の利用料が割引になったりするなどの手厚いサービスも受けられます。さらに、ヘリコプターやクルーズ、リムジンといった高級レンタカーサービスも実施していることから、ブラックカードの待遇の良さが伺えます。

海外旅行時の傷害保険

ゴールドカードやプラチナカードよりも、ランクが上のブラックカードは、さまざまな保険に無料で入ることができます。特に、ブラックカードに付帯されている海外旅行時の傷害保険は、万が一のために加入していると安心です。

また、カード会社によって異なりますが、損害賠償も付帯されているブラックカードもあります。海外旅行時の宿泊先で物を壊してしまったときなどに、保険が適応されるので、加入しているとさらに安心感が増すでしょう。

なお、ブラックカードの傷害保険には、補償額が数億円にのぼるものがあります。そのため、ブラックカードは年会費が高額になりがちですが、それだけ手厚い保険が用意されているので、利用価値は非常に高いといえます。

国際線の手荷物配送無料

カード会社によって異なりますが、ブラックカードの所持者は、国際線の出発時および帰国時に、手荷物配送の無料サービスを受けられるといわれています。

2~3個の手荷物を、自宅もしくは勤務先から空港まで、無料で配達してもらえます。同様に、海外への手荷物配達サービスもあります。ゴルフバッグなど、重い荷物を事前に海外の宿泊先まで届けてくれるので、とても助かるサービスといえるでしょう。

レストランでのサービス

レストランでのサービス

提携先のレストランを利用する際に、本人分の料金が無料になるといった特典を受けることができます。特に、「一見さんお断り」といわれるような、敷居の高いレストランでも、ブラックカードを持っていることで自由に利用可能です。さらに料金の割引サービスなどがあれば、かなりお得に感じられるでしょう。

ショップでのサービス

お買い物をする際にも特典を受けられることが、ブラックカード所持者の強みです。

例えば、ルイヴィトンやティファニーなどの高級ブランドショップにおいて、お店の閉店後に、自分のためだけに開店してくれるサービスがあります。営業時間外に貸し切り状態でゆっくり買い物ができるのは、なかなか体験できない待遇ではないでしょうか。

ポイント交換プログラム

ブラックカードには、さまざまなポイント交換プログラムが用意されています。

例えば、高級車がポイント交換の対象となっているようです。高級車と交換できるだけのポイントをためるためには、ブラックカードの利用額は億を超えることになりますが、ブラックカード所持者にしてみれば手の届く範囲かもしれません。

JCB「ザ・クラス」と人気テーマパーク

JCBのブラックカード「ザ・クラス」を保有していると、東京ディズニーリゾートにある一部のラウンジを、無料で利用することができます。これは、JCBが東京ディズニーリゾートのアトラクションのスポンサーであるが故の特典です。

他にも、JCB「ザ・クラス」はユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスポンサーでもあります。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、人気のアトラクションの優先搭乗やラウンジ利用、ソフトドリンクのサービスなどが受けられます。

ブラックカードをうまく活用して人生を豊かに

今回は、ブラックカードを所有できる年収に着目しながら、ブラックカードの特徴や取得条件、特典などについてご紹介しました。

ブラックカードは基本的に、カード会社から招待された方しか申し込むことができません。招待される利用者の特徴としては、収入が1,000万円~2,000万円で、今までの利用実績やカード会社への信用が高い方といえます。

なお、ブラックカードには、専用のコンシェルジュがついたり、利用限度額が無制限だったりする多数の特典があります。ブラックカードの所持を検討する際は、ブラックカードに付与されたさまざまな特典をどのように活用するか、またそれらの特典をどれだけ利用できるかについて考えるようにしましょう。

ブラックカードをうまく活用すると人生が豊かになります。誰もが持てるわけではないブラックカードですし、その特徴や使い道を十分に理解して、有効活用してください。

新井 智美
新井 智美

トータルマネーコンサルタント/CFP(R)認定者/第一級ファイナンシャルプラン二ング技能士
(資産設計提案業務)/DC(確定拠出年金)プランナー/住宅ローンアドバイザー/証券外務員

30歳を機に苦手だった経済分野を克服したいという思いから、ファイナンシャル・プランナーの勉強を始める。2006年11月 卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格、CFP資格を取得すると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。
主に個人を相手にお金に関する相談、及び提案設計業務を提供するとともに、資産運用講師なども手掛ける。

© カードローンQ All Rights Reserved.