アイフルカードローンの特徴と借入・返済方法

アイフルカードローンはインターネットで24時間365日いつでも簡単に申し込みができます。来店せずに契約から借り入れまで、すべての手続きをすることが可能です。審査は最短30分、お急ぎで資金が必要な方におすすめのカードローン商品です。

アイフルってどんな消費者金融?

テレビCMなどでおなじみのアイフルですが、同社は昭和42年創業、京都市下京区の烏丸五条に本社所在地を置く大手消費者金融です。アイフルは東証一部上場企業で、全国に905店舗を展開しています。

社会貢献活動として、清掃活動や献血活動、救急救命講習などを定期的に行うほか、「アイフルラン」というプロジェクトで市民ランナーへの貢献に力を入れており、全国の市民マラソン大会にスポンサーとして資金提供するだけでなく、社員が給水所などのボランティアとして大会に参加しています。

また、女性の職場生活における活躍を推進するために、「女性採用の拡大」、「女性の育成、登用」、「職場環境の改善」の3点を重視し、女性社員の採用拡大や役職登用など積極的に女性の活躍推進に取り組んでいくとともに、男女を問わず従業員が働きやすい環境整備に取り組んでいます。

アイフルカードローンとは

アイフルカードローンは、審査が最短30分というスピーディーな対応が特徴です。即日融資にも対応していますので、とにかく早くお金が必要な方に向いています。インターネット申し込みで原則来店不要、誰にも知られずに借り入れすることができます。

初回利用は最大30日間利息0円!

アイフルを初めてご利用いただく方、かつ無担保キャッシングローンをご利用いただく方を対象として、キャッシングローンを最大30日間無利息でご利用いただけるサービスがあります。

無利息の期間はご契約日の翌日から起算しますので、ご契約日に同時に借り入れをすれば30日間まるまる無利息、ご契約日から10日後に借り入れをすれば残り20日間は無利息となります。アイフルカードローンを初めて利用する場合は、ぜひこのサービス期間をフル活用してください。

はやくて便利!審査はスピーディー

アイフルの特徴は審査のスピードです。最短30分で審査結果がわかります。インターネットでWeb申し込みが完了した後、フリーダイヤルへ電話していただくと、優先的に審査をしてもらえるサービスもあります。

また、自動契約機での申し込みなら、アイフルカードの受け取りまで、その場ですぐに手続きすることができます。申し込みから、審査、契約完了まで、最短で1時間程度あれば完了します。

来店不要で即日融資も可能!

アイフルカードローンは申し込みから審査、契約、さらには借り入れまで、すべてWeb上で手続きすることができます。契約後はご自身の口座へ振り込みで融資を受けることもできますので、お急ぎの方にもおすすめのカードローン商品です(時間帯によっては翌営業日の振り込みとなることもあります)。なお、アイフルカードは後日、本人限定郵便で送られてきますので、家族にバレる心配もありません。

アイフルカードローンがおすすめの理由

以下では、アイフルカードローンがおすすめの理由についてご紹介します。

来店不要で申し込みができる!

申し込みから審査手続き、契約、そしてお借り入れまで、アイフルではすべての手続きを24時間インターネット上ですることができます。

必要書類は書類提出サービスの画面から、スマートフォンや携帯電話で撮影した写真データをアップロードすることで提出可能です。アイフルカードの受け取りは時間指定の本人限定郵便ですので、家族バレの心配もありません。

女性向けローン商品「SuLaLi」

女性向けローン商品「SuLaLi」は、女性(Lady)の生活(Life)をサポート(Support)する商品です。借入限度額は10万円、月々の返済は最大4,000円ですので、借りすぎてしまったらどうしようという心配は不要です。

急な出費や給料日前のピンチのときなど、あると便利な少額カードローン商品。無理のないプランでご利用いただくことができます。

申し込みから契約まですべてWeb上で手続きでき、さらに専用ダイヤルのオペレーターはすべて女性ですので、ご相談しやすい環境も準備されています。

「ファーストプレミアムカードローン」で魅力的な金利!

満23歳~59歳で一定の年収がありアイフルの利用が初めての方の場合、「ファーストプレミアムカードローン」のご利用が可能です。通常のカードローンと比べて金利面での条件がよく、貸出金利は年率3.0%~9.5%、融資限度額は100万円~800万円です。

もちろん、ご契約日より30日間金利0円の特典もあります。条件を満たす方は、ぜひ本カードローン商品の利用を検討してみてください。

「おまとめMAX」で借り入れを一本化!

他社複数社に借り入れがある方は、複数の借り入れをまとめることで返済額、利息の負担を軽減することができます。返済期日の管理もラクになり、計画的な返済プランを立てやすくなることもメリットです。

最大借入額は800万円、最長期間は10年、利率は実質年率で3.0%~17.5%、担保や連帯保証人は必要ありません。複数ローンの返済に悩まされている方におすすめです。

返済金額が一定で計画的な利用が可能!

アイフルカードローンは「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」を採用しており、借入額に応じて毎月の返済額は一定です。

例えば10万円を借りた場合、月々の返済額はたったの4,000円、返済日が35日ごとにくる「サイクル制」で返済する場合は、35日ごとに5,000円の返済です。返済額があらかじめ固定されているので、家計の管理や返済の計画がしやすくて便利ですね。

「1秒診断」で事前にご融資可能か判定!

アイフルホームページでは、借り入れ可能かどうかを事前に診断できる「1秒診断」を利用できます。回答項目は年齢、雇用形態、年収、他社借入金額(クレジットカードでのショッピング、自動車ローン、住宅ローンを除くキャッシングローンの残高)の4つだけです。

あくまでも簡易的なものですが、自分が審査の基準に達しているかどうかの判断材料にはなりますので、ご心配な方は一度お試しください。

アイフルカードローンのデメリット

以下では、アイフルカードローンのデメリットについてご紹介します。

アイフルのATM以外では利用手数料が掛かる

アイフルATM以外の提携先CDやATMで借り入れ、返済をする場合は、お取引の都度ATM手数料が別途発生してしまいます。

1万円以下の取引の場合は108円、1万円超の取引の場合は216円と、1回当たりの手数料は決して高くありませんが、チリも積もれば山となってしまうのが痛いところです。

専業主婦・無職・年金生活者の方は利用不可

申込条件は満20歳以上69歳以下の定期的な収入と返済能力を有する方です。したがって、専業主婦や無職の方のご利用はできません。

また、年金収入のみの方のご利用もいただけません。年金受給者でもその他に定期的な収入がある方、主婦でも専業主婦ではなく、パートやアルバイトなどの定期的な収入がある方は審査対象となります。

銀行系カードローンと比べると金利が高い

アイフルカードローンの金利は最小3.0%~最大18.0%と、消費者金融系カードローンとしては一般的ですが、銀行系カードローンと比べると少し割高になります。

カードローンを選択する際に金利を重視するという方にはこの点はデメリットになるでしょう。

アイフルカードローンの申込方法

Webで申し込みする場合

以下では、Web申し込みの方法をご紹介します。

申し込みをする

アイフルのホームページから、キャッシングローンのお申し込みページに移動し、以下の項目をすべて入力します。

申込金額 当日融資希望有無、希望限度額、ご利用目的
個人情報(必須) 氏名、生年月日、性別、国籍、PEPs(外国の政府等において重要な地位を占める者とその地位にあった者、それらの家族および実質的支配者がこれらの者である法人)の該当の有無、扶養家族、メールアドレス、運転免許証の有無と番号
住居情報(必須) 住所、電話番号(携帯か固定電話かどちらか一方は必須)、住居名義人、
住居(家賃)負担額、入居年月、同居内容
勤務先情報(必須) 勤務先名称、所在地、固定電話番号、雇用形態、保険証種別、業種、
職種、会社規模、給料日、入社年月、税込年収
他社の借入状況(必須) 他社利用件数、借入残高
アイフルからの審査連絡について 携帯電話、自宅、勤務先のうちから選択
希望の契約方法について Webで契約、来店で契約
パスワードの登録 パスワードの登録
審査結果が判明する

インターネットからの申し込みの場合、審査結果は電話またはメールでお知らせが来ます。お急ぎの場合は、申し込みの手続きが完了した後にフリーダイヤルに連絡することで、優先的に審査してもらうことができます。

契約をする

契約はそのままWeb上ですることも可能ですし、来店して契約することも可能です。

Webで契約する場合

必要書類(本人確認書類と内容によっては収入証明書)をご提出いただきます。書類アップロードサービスやメールを利用すれば、スマートフォンや携帯電話で撮影した画像データを送信するだけで済みますので、お手軽ですね。

アイフルカードの受け取りは後日郵送となります。「配達時間えらべ~る」を選択すると、時間指定の本人限定郵便で届きますので、家族に知られるリスクを抑えることもできます。

なお、アイフルカードの受け取り前でも、インターネットまたはお電話にて振込依頼をすることで、借り入れすることは可能です。即日融資を希望する場合は、契約と同時に振込依頼もしましょう(受付時間によっては振り込みが翌営業日になることがあります)。

店舗で契約する場合

アイフル店舗および契約ルーム内の自動契約機を使って契約します。提出書類はスキャナーで読み取りできますので、写真撮影からアップロードまでの作業を省くことができます。

また、その場でアイフルカードを受け取れますので、郵便よりも早くカードを手にすることができます。

電話で申し込みする場合

以下では、電話申し込みの方法をご紹介します。

受付ダイヤルへ電話(0120-201-810)

受付ダイヤルへ電話を掛けてオペレーターを通して口頭での申し込みとなります。携帯電話、PHSからも利用できて、平日および土日祝日も9:00~21:00まで受付をしています。インターネットで申し込みの場合と回答内容は同じなので、20分ほどの時間を要します。

審査結果が判明する

お電話での申し込みの場合、いったん仮審査の結果が出ます。仮審査通過後は、店舗で本審査、契約の手続きが必要です。

契約する

アイフル店舗および契約ルーム内の自動契約機を使って本審査をします。本審査通過後はそのまま契約手続きを進めることができます。提出書類はスキャナーで読み取りできますので、インターネットでの申し込み・契約と違い、写真撮影からアップロードまでの作業は必要ありません。契約完了後、その場でアイフルカードを受け取れます。

店舗窓口で申し込みする場合

以下では、店頭窓口申し込みの方法をご紹介します。

店頭で申し込みをする

全国のアイフル店舗、契約ルーム内の自動契約機を使ってお申し込みできます。契約ルームの営業時間は平日、土日祝日とも8:00~22:00です。本人確認書類と、借り入れ内容によっては収入証明書類(必要書類についての項参照)が必要となりますので、お忘れなく。なお、審査に必要な項目はWeb申し込みの場合と同じです。

審査結果が判明する

審査が終わればその場ですぐ結果のお知らせがあります。審査通過後は契約手続きに移ります。

契約する

引き続き契約ルームで契約をします。提出書類はスキャナーで読み取りできますので、インターネットでの申し込み・契約と違い、写真撮影からアップロードまでの作業は必要ありません。契約完了後はその場でアイフルカードを発行してもらえます。

申し込み方法は上記のように大きく分けて3通りあります。電話申し込みや自動契約機での申し込みの場合は、一度店舗に出向く必要がありますが、その場でアイフルカードを受け取れるのがメリットです。Webで申し込みをして、契約までWeb上で行う場合は、店舗に出向くことなくすべての手続きが完了しますが、アイフルカードの受け取りは後日になります。

アイフルカードを受け取る前でも振込依頼で融資を受けることは可能ですので、一概にデメリットとは言えませんが、アイフルカードが早く欲しい方は店舗での契約がおすすめです。カードの受け取りは急がないという方にはWebでの契約がおすすめです。

必要書類(本人確認書類・収入証明書類)について

以下では、カードローン申し込みの際に必要な本人確認書類や収入証明書の詳細をご紹介します。

本人確認書類

申込者が本人であることを確認するために本人確認書類のコピーが必要です。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード(個人番号のある裏面不要)
  • 住民基本台帳カード

本人確認書類は、氏名、住所、生年月日、顔写真が確認できる公的書類が必要です。

本人確認書類に記載の住所が現在の住所と異なる場合は、「氏名」と「現在の住所」が記載されている公共料金の領収書(NTT、電気、都市ガス、水道、NHK)、もしくは住民票か印鑑証明書のいずれかの書類を原本でご用意ください。

収入証明書類

ご利用限度額が50万円を超える場合、もしくはご利用限度額と他社からのお借り入れの総額が100万円を超える場合は、貸金業法に基づき収入証明書類の提出が必要です。

また前記に該当しない場合でも、就業状況の確認等、審査の過程で提出を求められる場合があります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書(直近2カ月分)
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 年金証書、年金通知書

いずれの書類も最新発行分のコピーが必要で、給与明細書の場合は直近2カ月分が必要となります。給与明細書に地方税(住民税)の記載がある場合、直近1カ月分で可となることもあります。

その他注意点として、「発行年月」「氏名」「勤務先名」「総支給額」が明記されていない場合や手書きの部分がある場合は、勤務先の社印もしくは社判が必要となります。

確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書の場合は、税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるものが必要です。

なお、年金関係書類は、年金以外に定期的な収入がある場合の補足書類です。主な収入が年金のみの方はキャッシングサービスの対象外となります。

アイフルカードローンの借入方法

以下では、アイフルカードローンの借入方法をご紹介します。

アイフルATM・提携CD/ATMでの融資

全国のアイフルATMおよび提携先金融機関ATM、提携コンビニATMで借り入れすることができます。アイフルATMは手数料が掛かりませんが、提携先のATMをご利用の場合は所定の手数料(1万円以下の取引の場合は108円、1万円超の取引の場合は216円)が必要となります。

なお、アイフルATMの利用可能時間は、場所によってばらつきがありますが、平日でも土日祝日でも7:00~23:00(もしくは8:00~23:00)となっています。詳しくは、アイフルホームページからお近くの店舗の検索ページをご覧ください。

インターネットからの振込予約(スマートフォン・パソコン・携帯)

インターネットの会員サービスにて、24時間いつでも口座へ振込予約することができます。

当日振込も可能ですが、受付時間によっては振り込みが翌営業日になる場合もありますのでご注意ください。なお、振込名義は「アイフル㈱」または「AIセンター」のどちらかを選ぶことができます。

お電話からの振込予約

お電話でもインターネットと同じく振込予約の受付が可能です。当日振込も可能ですが、受付時間によっては振り込みが翌営業日になる場合もありますのでご注意ください。なお、振込名義は「アイフル㈱」または「AIセンター」のどちらかを選ぶことができます。

アイフルカードローンの返済方法

以下では、アイフルカードローンの返済方法をご紹介します。

振り込み

全国の金融機関の窓口・ATMからご契約いただいたアイフル店舗の指定口座へ振り込みにて返済できます。別途、振込手数料が発生します。

口座振替(自動引き落とし)

別途お手続きをしていただくことで、指定の金融機関より自動引き落としにすることができます。口座振替の手続きは、店舗、Web会員ページで登録する方法と、口座振替依頼書を郵送でやり取りする方法があります。

アイフル店舗・ATMでの返済

全国のアイフルの店舗・ATMからご返済いただけます。手数料は無料です。営業日、営業時間は店舗により一部異なります。事前にご確認ください。

提携先ATMでの返済

全国の提携先金融機関ATMからご返済いただけます。所定の手数料(1万円以下の取引の場合は108円、1万円超の取引の場合は216円)が必要です。

提携先コンビニでの返済

全国のローソン(Loppi)、ファミリーマート(Famiポート)に設置のマルチメディア端末を利用し、レジにて原則7:00~23:30まで(マルチメディア端末からの申込券発券時間は7:00~23:00まで)土日祝日を問わずご返済いただけます。所定の手数料(1万円以下の取引の場合は108円、1万円超の取引の場合は216円)が必要です。

アイフルカードローンの返済額

アイフルカードローンは借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式によって、毎月の返済額が決まります。借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式は、借入残高によって元利返済額が定額で増減する返済方式です。

アイフルの返済日のサイクルは2パターンあり、それぞれのパターンによって下記のように各回の返済額が変わります。

サイクル制での返済

借入残高 返済額
サイクル制での返済 1円~10万円の場合 5,000円
10万円超~20万円以下の場合 9,000円
20万円超~30万円以下の場合 1万3,000円
30万円超~40万円以下の場合 1万3,000円
40万円超~50万円以下の場合 1万5,000円
50万円超~60万円以下の場合 1万8,000円
60万円超~70万円以下の場合 2万1,000円
70万円超~80万円以下の場合 2万4,000円
80万円超~90万円以下の場合 2万7,000円
90万円超~100万円以下の場合 3万円
100万円超~300万円以下の場合 上記金額に10万円ごとに
1,000円ずつ加算
300万円超~310万円以下の場合 5万1,000円
310万円超~490万円以下の場合 上記金額に10万円ごとに
1,000円ずつ加算
490万円超~500万円以下の場合 7万円
500万円超~800万円以下の場合 上記金額に10万円ごとに
1,000円ずつ加算

約定日制での返済

借入残高 返済額
約定日制での返済 1円~10万円の場合 4,000円
10万円超~20万円以下の場合 8,000円
20万円超~30万円以下の場合 1万1,000円
30万円超~40万円以下の場合 1万1,000円
40万円超~50万円以下の場合 1万3,000円
50万円超~60万円以下の場合 1万6,000円
60万円超~70万円以下の場合 1万8,000円
70万円超~80万円以下の場合 2万1,000円
80万円超~90万円以下の場合 2万3,000円
90万円超~100万円以下の場合 2万6,000円
100万円超~300万円以下の場合 上記金額に10万円ごとに
1,000円ずつ加算
300万円超~310万円以下の場合 4万7,000円
310万円超~490万円以下の場合 上記金額に10万円ごとに
1,000円ずつ加算
490万円超~500万円以下の場合 6万6,000円
500万円超~800万円以下の場合 上記金額に10万円ごとに
1,000円ずつ加算

サイクル制とは、返済期日が前回ご返済日の翌日から数えて、35日目がご返済期限となるとなる支払いサイクルです。初回はお借り入れの翌日から35日後がご返済期限となります。

約定日制(毎月払い)とは、毎月指定期日(希望する毎月指定日)の支払いサイクルです。例えば、25日を返済日としてご指定された場合、毎月25日が支払期限となります。給料日に合わせて期日を決められますので、返済予定が立てやすいのが特徴です。

任意返済

設定された返済額以上であれば、月ごとの都合で多めに返済することも可能です。超過分は元本の返済に充てられますので、その分完済までの期間が短縮され、利息の負担を抑えることができます。

もちろん、一括で完済することもできますので、お金に余裕ができたときには一括完済を検討してください。

アイフルカードローンの借入金利

アイフルカードローンの実質金利は最小3.0%~最大18.0%と、消費者金融の一般的な金利となっています。

借入金額と審査内容、利用状況によって適用される金利が変わりますが、利息制限法の規制と合わせて考えると、借入金額が100万円未満なら18%、100万円以上なら15%が上限金利となります。

アイフルカードローンの借入金利

他社では借入金額に応じて段階的に金利を公表している場合もありますが、アイフルは審査内容と利用実績に応じて顧客ごとに金利が決まるため、審査通過時点まで具体的な利率はわかりません。実質金利の幅は最小3.0%~最大18.0%です。

金利をあらかじめ知らないと不安だ、という方ももちろんいらっしゃるでしょう。借入金額や利用期間によっては、金利は大変重要な要素であることは間違いありません。しかし、短期間かつ少額の借り入れをする場合にはそれほど大きな問題にはならないことも事実です。

例えば、10万円を2週間借りて一括返済した場合、利率が10%なら利息は383円、利率が18%なら利息は690円となりますので、負担感は少ないでしょう。金利を考えるときは、ご自身の利用方法も合わせてご検討ください。

アイフルカードローンの利用に向いている方

アイフルカードローンの特徴を踏まえたうえで、どのような方に向いている商品なのかをご紹介します。

今すぐ資金が必要な方

アイフルの特徴である審査のはやさ、契約から借り入れまでのはやさを最大限に活用することで、いますぐお金が必要な方のニーズにも対応できます。申し込みの時間帯によっては即日融資も可能ですので、冠婚葬祭、レジャーなどの急な出費にも使えますね。

忙しくて店舗に行く時間がない方

カードローンを申し込みたいけどなかなか店舗に行く時間が取れない、そういう方にもアイフルカードローンはおすすめです。

Web上の手続きで申し込みから借り入れまですべての手続きができますので、店舗へ出向く必要はありません。書類を郵送でやり取りすることもありませんので、煩わしい手続きは避けたいという方にもおすすめです。

カードローンの利用を家族や知人に知られたくない方

在籍確認でカードローンの利用がバレてしまうのではないか、という心配をされている方もいらっしゃるでしょう。その点、アイフルの場合は安心です。在籍確認は担当者が個人名で電話しますので、アイフルからの電話だということは他人にはわかりません。

また、アイフルカードの郵送も、時間指定の本人限定郵便(「配達時間えらべ~る」)を選択することで、家族にバレるリスクも少ないでしょう。

「消費者金融はちょっと怖いのでは?」と思っている女性の方

アイフルの電話窓口には、女性専用のフリーダイヤルがあります。女性オペレーターが対応しますので、男性相手には相談しにくいという方も安心して相談していただくことができます(夜間や混雑時は男性が対応する場合がございます)。また女性専用カードローン商品「SuLaLi」で、10万円以下の少額借入からはじめることもできます。

無利息期間をうまくご利用できる方

アイフルを初めてのご利用で、給料日までのつなぎ資金が必要という方、長期の借り入れではなく1、2週間だけ借りて後は一括返済するという方は、初回30日間無利息のキャンペーンを活用してください。

無利息期間内に一括完済できれば利息の負担はありません。同じく初めてのご利用の方は、「ファーストプレミアムカードローン」のご利用もご検討ください。

田中 裕晃

ファイナンシャルプランナー
日本FP協会主催「くらしとお金のFP相談室」で平成29年度相談員担当

大手賃貸仲介業者に就職、新人賞獲得。店長職を経験後、売買仲介業者として独立。 その後、創業者杉本雅幸の後継として株式会社大峰の代表取締役に就任、現在に至る。住宅の取得やそれに付随するライフプランニングの設計、資産の組み換え、相続対策などに関しての相談業務を行っている。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.